カテゴリー「オランダ語/Nederlands」の10件の記事

「水は命だ」をオランダ語で言うと...

本日四更 (2011/02/04 01:56)、キーフレーズ [水は命だ in het nederlands] で、このサイトを訪問された方がいらしたようだ。

単純に "water is leven" ではいけないのだろうか?

water is leven
(2011-02-15 [火] 10:00: 後ればせながら、日本語ネイチブでない方が、日本語の「水は命だ」のオランダ語訳を求めていらっしゃる可能性があることに気付いたので、この画像を補足しておく。)

どうも質問の趣旨が腑に落ちないのは、生ログのデータを見る限り、訪問者はベルギーのオランダ語圏に在住の方らしく見える。当然 "water is leven" 程度のオランダ語表現は、日常的に接していらっしゃるようにも思えるのだ。(2011年2月4日16時過ぎ訂正。ユーザエージェント、つまり、ブラウザの指定言語はオランダ語なのだが、それでも、オランダ語圏に在住されているとは限らないことに気が付いた。とは言え、ベルギー国内なら、オランダ語に接する機会はそれなりにあるだろうから、一応この部分は残しておく。)

ただ "Water is leven" と云うオランダ人画家 Henk Hofstra による芸術プロジェクトがあるらしく、こんなことをしていて、それと関係があるのかもしれないとも思ったりする。

それから Flickr には、"005 Water is leven - L'eau, c'est la vie" と云う写真があった。アントウェルペン (Antwerpen) (ベルギー第2の都市。日本ではシバシバ「アントワープ」と呼ばれる) 動物園 (ZOO Antwerpen) で何かのイヴェントがあったのだろうけれども、詳細は不明。

なお、"Water is Life" と云うと、世界の水資源問題が語られる時の定番のスローガン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「オランダ」をスペイン語でいうと

昨日夜 (2010/03/14 10:24)、キーフレーズ [オランダをスペイン語でいうと] で、このサイトを訪問された方がいらしたようだ。

こうした場合の簡易なルーチンワークは、このサイトで何度か述べたように、日本語版ウィキペディアの該当項目ページ (この場合は「オランダ」) を開けて (勿論、「あれば」の話だが、この場合は「ある」)、対象言語 (この場合はスペイン語だから"Español") へ飛べば、その項目名が、所望の情報である確率が高い (「スペイン語」をスペイン語では "Español" と云うことぐらいは知っておいてほしい。知らないで、スペイン語の事を調べるのは無謀である)。

当然、情報の裏を取るなどの、ルーチンワークの次段階に進むべきなのだが、それをどこまでするからは、個別事情により左右されるから、私がとやかく言うことではあるまい。

ちなみに、このようにして、「オランダ」をスペイン語でどのように言うか調べてみると、日本語版ウィキペディア (Wikipedia) の [オランダ] の、スペイン語版ウィキペディア (Wikipedia, la enciclopedia libre) における対応ページの項目名が [Países Bajos] だから、これがスペイン語での「オランダ」の言い方だろうと、ある程度の確かさで推定できる。

"Países Bajos" がスペイン語で「オランダ」を意味するかどうかの裏付けは、適宜の手段で各自取ればいいわけだが、初心者には「辞書を引く」と云うのが王道で、それ以外は勧められない。

ただ、スペイン語が僅かなりとも読解できると云うなら、[Países Bajos] の記述の冒頭:

Países Bajos (en neerlandés: Nederland) es un país europeo que forma parte del Reino de los Países Bajos (Koninkrijk der Nederlanden), que se compone de aquellos, de las Antillas Neerlandesas y de Aruba.
Países Bajos (オランダ語では: Nederland) は、オランダ領アンティル及びアルバとともに、オランダ王国 (Koninkrijk der Nederlanden) を形成するヨーロッパの地域。
--Wikipedia: "Países Bajos"

は参考になるだろう。

これを読むと感じるが、私などは普段「オランダ」と「オランダ王国」とを区別して考えていないようだ。と言うか、「オランダ領アンティル」の存在は知識としてはあっても、「オランダ王国」と云う言葉から、海外領土を連想することは、まずない。「アルバ」に至っては、今回初耳だった。不勉強と、感覚の鈍さを恥じるばかりだ。

ちなみに、オランダ語版ウィキペディア (Wikipedia, de vrije encyclopedie) の [Koninkrijk der Nederlanden] の項目冒頭でも:

Het Koninkrijk der Nederlanden is een staat met grondgebied in West-Europa (Nederland) en het Caraïbische gebied (Aruba en de Nederlandse Antillen).
オランダ王国は、西ヨーロッパ内の領土 (Nederland) と、カリブ海領 (Aruba 及び Nederlandse Antillen) とからなる国家である。
--Wikipedia: "Koninkrijk der Nederlanden"

となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オランダ語で「ねこちゃん」

先程 (2009/07/20 07:35:36)、キーフレーズ [オランダ語 ねこちゃん] で、このサイトを訪問された方がいらしたようだ。

([nouse: ウェブ・ガジェット "Maukie" に就いて] からも伺いとることができようが) オランダ語で「ねこちゃん」に相当する言葉と言えば、「ネコ」を意味する "kat" (de名詞女性) に指小辞 "je" を付けた "katje" ("je" が付いているので中性名詞) あたりが穏当なのではなかろうか。

辞書では "katje" の意味として「子猫」が挙げられているが、ネコ好きにとっては「全ての猫は子猫である」(或いは、少なくとも、自分の飼い猫は「子猫」でありつづける) と云ったようなところがあるようで 、実際 "katje" で google画像検索をしてみると、たしかに子猫の画像が数多くヒットするが、冷静な者なら「成体」と呼ぶしかないようなネコも含まれいてる。

いま、ふと思ったのだが、Ogden Nash は、はたしてネコ好きだったのだろうか? (Cf. [nouse: 子猫の欠点] 及び [nouse: 「子猫の欠点」補足])

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

"May the Force be with you" (「フォースのともにあらんことを」) を色色な言語で言うと

このまえ、"May the Force be with you." (「フォースのともにあらんことを」) を、スウェーデン語で何と言うかと云う記事を書いた ([nouse: 「フォースのともにあらんことを 」("May the Force be with you.") をスウェーデン語で言うと] 2008年3月2日[日])。昨年は、ドイツ語で何と言うかに就いても書いてある (nouse: 「フォースのともにあらんことを 」("May the Force be with you.") をドイツ語で言うと 2007年2月23日[金])。

それぞれ、そう云う目的でこのサイトを訪問されたらしい方がいらしたために、余計なお世話を焼いたに過ぎない。

しかし、スウェーデン語とドイツ語 (そして、英語) が分かると、その他の言語では何と言うのか気になってくる。そこで、以下簡単に纏めておく。

ただし、「定訳」が存在していないこともありうるし (このような「決め文句」は、文脈上特段の理由がない限り「定訳」が採用するのが好ましい)、また少なくとも一部の印欧系の言語では第二人称の単複と、それに伴う親称・敬称 (もしあれば) の扱いが問題になるのだが、何れもほぼ考慮せず、ネットで発見してものを収集したにとどまる。

それでも、印欧系言語で第二人称単数親称を使った表現らしいものが見つかった場合は、それが最初に来るようにはした。それは "May the Force be with you" が、基本的には使命を帯びて旅立つ者への「はなむけの言葉」であるからだ ([マタイ]28:20 参照。ただし、そこでのイエスの言葉は1人ではなく11人に言われているけれど)。

引用句の最後はピリオドではなく感嘆符とする例も多多あるのだが (スペイン語では文頭にも付くこともある)、以下では一切付けていないので、適宜補って読んで戴きたい。

イタリア語: Che la Forza sia con te. / Che la Forza sia con voi. / Che la Forza sia con lei. / Che la Forza sia con loro.
スペイン語: Que la Fuerza te acompañe. / Que la Fuerza esté contigo. / Que la Fuerza os acompañe. / Que la Fuerza esté con vosotros. / Que la Fuerza esté con ustedes. / Que la Fuerza lo acompañe. / Que la Fuerza les acompañe.
フランス語: Que la Force soit avec toi. / Que la Force soit avec vous.
ポルトガル語: Que a Força esteja contigo. / Que a força esteja com você. / Que a Força esteja convosco. / Que a força esteja com vocês.

ドイツ語: Möge die Macht mit dir sein. / Möge die Macht mit euch sein. / Möge die Macht mit Ihnen sein.
オランダ語: Moge de kracht met je zijn. / Moge de kracht met jou zijn. / Moge de kracht met u zijn. / Moge de kracht met jullie zijn.

スウェーデン語: Må kraften vara med dig. / Må kraften vara med er.
デンマーク語: Må Kraften være med dig. / Må Kraften være med jer.
フィン語 (フィンランド語): Olkoon Voima kanssasi.
ハンガリー語: Az Erö Legyen Veled.

ギリシャ語: Η Δύναμη μαζί σου. / Η Δύναμη να είναι μαζί σου
ラテン語: Vis tecum sit. / Sit vis vobiscum. (2009-09-24 [木]:"nobiscum" を --vobiscum-- に訂正。)

ロシア語: Да пребудет с тобой Сила. / Да пребудет с Вами Сила.

ポーランド語: Niech Moc będzie z tobą. / Niech Moc będzie z Wami.
クロアチア語: Neka Sila bude s tobom. / Neka je Sila s tobom. / Neka Sila bude s vama. / Neka je Sila s vama.
ブルガリア語: Нека силата бъде с теб. / Нека силата бъде с вас.

中国語: 愿原力与你同在。/ 願原力與你同在。
韓国語: 포스가 함께 하기를。 / 포스가 당신과 함께 하기를 빌겠소。

トルコ語: Güç seninle olsun.

ヘブライ語では何というかに就いては調べがついていないので宿題としておこう。例えば "הכוח" "מלחמת הכוכבים" の組み合わせ (「スター・ウォーズ」と「フォース」) で検索してみたが、はかばかしい結果が得られなかった。

補足 (2008-04-30 [水]):
その後、"יהיה הכוח אתכם" で google 検索してみたところ、1件ヒットした (DEMONS: Under the Sink)。また "יהיה הכוח אתך" では1件もヒットしなかった。

2008-05-19 [月]: "יהי הכוח אתכם" でも1件ヒットする。それは、やはり "Demons: Under the Sink" 中の記事だが、別のページ (Reviews Master)である。更に、"יהי הכוח עמך" と云う言い方もありうる。これは数件ヒットするようだ。おそらく「フォースのともにあらんことを」のヘブライ語訳としては、この二つが最も「それっぽい」のではないか (文脈によっては、対象が二人称複数の形にしてもよいだろう)。

"יְהִי כֵן יְהוָה עִמָּכֶם" ([出エジプト記]10:10) が参考になるかもしれないので、ここに書き留めておく。

参考になるかもしれないサイト:
1. Force (Star Wars) - Wikipedia, the free encyclopedia
2. הכוח (מלחמת הכוכבים)

「"May the Force be with you" を色色な言語で言うと」は、「ネタ」としては平凡なものであるので、同主題で既に幾つもの記事が書かれている。そのうちの一つだけを引用しておく:
[Somewhere in the Middle: Que la Fuerza te acompane!]

このブログ記事は、[nouse: 「フォースのともにあらんことを 」("May the Force be with you.") をスウェーデン語で言うと] と [nouse: 「フォースのともにあらんことを 」("May the Force be with you.") をドイツ語で言うと] の他に次の記事にも関連する:
1. [nouse: "May the Force be with you."に就いて] (2004年8月6日[金])
2. [nouse: NIFTY翻訳フォーラム投稿再録(1997年7月3日?)] (2004年7月16日[金])

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

色色な言語で「宵の明星」

今日午前 (2007/11/30 10:29:20) キーワード[宵の明星 明けの明星 イタリア] でこのサイトを訪問されたかたがいらしたらしい。[nouse: 色色な言語で「明けの明星」] (2007年11月14日[水]) は作ったが、「宵の明星」の方はとサボっていたので、この機会に作っておく。

前回と同様 [LOGOS - Multilingual E-Translation Portal] の[evening star] の項と [Webster's Online Dictionary] の [Evening Star] の項を、内容未チェックのまま纏める。

英語: Evening Star
アフリカーンス語: Venus, Aandster
オランダ語: Venus, Avondster
フランス語: Vénus, l'étoile du soir
ドイツ語: Venus
ハンガリア語: Vénusz
イタリア語: Venere, la stella della sera
日本語: 宵の明星, 一つ星
マン島語: Rollage yn Astyr (Hesperus, the evening star). (various references)
Papiamento: Venus //"Papiamento" はカリブ海の所謂 ABC 諸島 で話されている言語。
偽ラテン語 (Pig Latin): eveningay arstay
ルーマニア語: luceafãrul de searã
ロシア語: вечерняя звезда
セルビア・クロアチア語: večernjača
トルコ語: venüs, akşamyıldızı, çulpan
ベトナム語: sao hôm
ユカテク・マヤ語 (Yucatec): Xnuk Ek'
ラテン語: Cytherea, Venus, vesper, vespere, vesperi, vespero, vesperum
スペイン語: la estrella vespertina
デンマーク語: Venus
フィンランド語:iltatähti
ペルシャ語: ناهيد

[nouse: サッポーの詩] にも呼格の形で出てきたが、古典ギリシャ語で「夕づつ」つまり「宵の明星」は Ἔσπερος である。

また、[nouse: 色色な言語で「明けの明星」] で触れたように、中国語では「宵の明星」は「長庚(长庚)」。これをハングル表記すると 장경 になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オランダ語で「夜」

本日 四更 (2007/11/28 01:38:09) キーフレーズ [夜 オランダ語] でこのサイトを訪問された方がいらしたようだ。おそらくは、オランダ語で「夜」を何というのかお調べだったのだと思う。

オランダ語で「夜」は "nacht" である(男性名詞)。ドイツ語と (Nacht 女性名詞) 同じ綴りだが、頭文字が大文字ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

色色な言語で「明けの明星」

昨夜、20時20分頃、キーフレーズ [イタリア語で明けの明星] で、このサイトを訪問された方がいらしたようだ。 まぁ、"l'astro del mattino" ぐらいでしょうね。

「明星」、「明星」と、イチイチ面倒なので、纏めて書いてあるものを探したら [l'astro del mattino - Logos Dictionary - Logos Translations multilingual dictionary] と Webster's Online Dictionary の [Morning Star] と云うものが見つかった。内容未チェックのまま、それに従うと:

英語: morning star
イタリア語: l'astro del mattino
スペイン語: lucero del alba
フランス語: l'étoile du matin
ブルトン語: gwerelaouen
デンマーク語: morgenstjerne
フィンランド語: aamutähti
ラテン語: sidus matutinum //ゑびすや贅言: Lucifer で良さそうな気がするが、キリスト教文化内では、安易に使えない言葉なのだろう。
マプンズグアン語: wüñejfe
ペルシャ語: ستاره صبح
ポルトガル語: estrela da manha, estrela d'alva
ウェールズ語: seren y bore
アルバニア語: ylli i mëngjesit
ブルガリア語: зорницата
チェコ語: jitřenka
オランダ語: morgenster
エスペラント: matenstelo
ドイツ語: Morgenstern
現代ギリシャ語: αυγερινόσ
ヘブライ語: עמוד השחר 参考: עמוד השחר
אילת השחר, אילת 参考:morning star | Hebrew | Dictionary & Translation by Babylon
שחר 参考: Isaiah 14:12
ברקאי 参考: Naftali Herz Imber
ハンガリア語: hajnalcsillag
インドネシア語: bintang timur
日本語: 暁星, ぎょうせい, ひとつぼし, よあけのみょうじょう, みょうじょう
マン島語: rollage ny madjin, maddinagh
偽ラテン語 (Pig Latin): orningmay arstay
ルーマニア語: luceafãrul de dimineaţã
ロシア語: утренняя звезда
セルビア・クロアチア語: zvezda danica, zornjača
スウェーデン語: morgonstjärna
トルコ語: sabah yıldızı
ベトナム語: sao mai

以上に追加すべきものとしたら、以下のようなところだろうか(こちらも、あまり自信はない):

中国語: 啓明(启明)
参考: 「太白金星_百度百科」で指摘されているように [诗·小雅·大东 (詩経/小雅/大東]) には 「东有启明 西有长庚」(诗经·小雅) と云う句がある。つまり「啓明」が「明けの明星」を「長庚」が「宵の明星」を指す。

韓国語: 샛별
参考: Paran 사전(辞典):「啓」

古典ギリシャ語: Φωσφόρος

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

オランダ語版ウィキペディア "Sagnac-effect" 訳文

以下はオランダ版版ウィキペディア中の [サニャック効果] の項 [Sagnac-effect (laatst bewerkt op 7 jul 2007 om 13:22.)] の訳文であるただし、オランダ語版でのカテゴリ等、編集上のタグは原則として採用していない)。なお、訳文部分の著作権は、原文と同様 [GNU Free Documentation License] に従う。


サニャックが使った干渉計

Het Sagnac-effect is de faseverschuiving die optreedt als een systeem van twee tegengesteld roterende golven in zijn geheel een rotatie ondergaat. Het is genoemd naar de Franse natuurkundige Georges Sagnac die het effect voorspelde en aantoonde in 1913. Dit effect wordt onder andere gebruikt om rotatie te meten voor navigatiedoeleinden.
サニャック効果」は、2つの逆向きに周回している波動の組が全体として回転する場合に、発生する位相シフトである。その名称は、この効果を、最初に予測し実証してみせた (1913 年) フランスの物理学者ジョルジュ・サニャック (Georges Sagnac) によっている。この効果は、とりわけ、ナビゲーション・システムにおいて回転検出のために利用されている。

[[訳註:"navigatiedoeleinden" の意味が確認できていない。一応「ナビゲーション・システム」と訳しておく。]]

Geschiedenis
Huygens-Fresnel
De Nederlandse natuurkundige Christiaan Huygens ontdekte al dat licht uit golven bestaat. Isaac Newton beweerde echter dat licht uit deeltjes bestond. Deze theorie werd algemeen aanvaard, tot experimenten van Thomas Young en Augustin-Jean Fresnel begin 19e eeuw Huygens' golftheorie bevestigde.
歴史
ホイヘンスからフレネルへ
オランダの物理学者クリスティアーン・ホイヘンス (Christiaan Huygens) は、光が波動からなることを発見していたが、アイザック・ニュートン (Isaac Newton) は、光が粒子からなると主張した。この理論は、19 世紀初頭にトマス・ヤング (Thomas Young) とオーギュスタン・ジャン・フレネル (Augustin-Jean Fresnel) とによる実験がホイヘンスの波動論を裏付けるまで、広く受け入れられていた。

Aangezien golven een medium nodig hebben om zich te verplaatsen, zoals lucht voor geluid en water voor deining, dacht men dat voor licht dit medium ether zou zijn. Ook de aarde zou zich volgens deze theorie door de ether bewegen.
音には空気、波には水のように、波動は、伝搬するのに媒質を必要とするから、光にとってエーテルがこうした媒質であるはずだと考えられた。しかも、この理論によれば、地球自身がエーテル内を通過している。

Maxwell
In 1865 formuleerde James Clerk Maxwell zijn vier natuurkundige wetten van het elektromagnetisme, de theorie van elektrische en magnetische velden en elektromagnetische straling; de Wetten van Maxwell. In 1888 werden deze bevestigd door experimenten van Heinrich Hertz. Hieruit bleek dat licht een elektromagnetische golf is. Volgens deze wet planten alle elektromagnetische golven in een vacuüm zich voort met de snelheid c.
マクスウェル
1965 年、ジェームズ・クラーク・マクスウェル (James Clerk Maxwell) は、電場・磁場・電磁波の理論である電磁気学に関する4つの物理法則 (マクスウェルの法則) を定式化した。1888 年、これらの法則は、ハインリヒ・ヘルツ (Heinrich Hertz) の実験により裏付けられた。このことから、が電磁波であることが明らかとなった。この法則によれば、全ての電磁波は、真空中において光速度 c で伝搬する。

Michelson-Morley
De beweging van de aarde door de ether zou het mogelijk moeten maken om een verschil in de snelheid van het licht te meten. Aangezien de aarde zich rond de zon beweegt, moet er in ieder geval een relatieve beweging ten opzichte van de ether zijn, tenzij de aarde het middelpunt van het heelal zou zijn, een theorie die al eeuwen achterhaald was. Metingen van de lichtsnelheid waren echter dusdanig onnauwkeurig dat een verschilmeting onmogelijk was.
マイケルソン-モーリー
地球のエーテル内通過に応じて、光の速度の違いが測定されるべき筈であった。地球は太陽の周りを公転しているから、地球が宇宙の中心であるべきものであると云う全く何世紀も時代遅れの理論が成り立っていない限り、いずれにせよ、エーテル存在に関する相対的運動がなければならない。しかし、光の速度の測定が、まことに不正確なものであったため、違いの測定は不可能であった。

Met het beroemde Michelson-Morley-experiment uit 1887 werd dit probleem opgelost door de lichtgolven met zichzelf te vergelijken. Dit werd gedaan met een interferometer waarbij licht met behulp van spiegels verschillende banen dwars op elkaar te laten volgen. Het licht dat zich in dezelfde richting beweegt als de aarde - die zich met plm. 30 km/sec rond de zon beweegt - zou een snelheidsverschil moeten hebben ten opzichte van het licht dat zich daar dwars van beweegt. Dit snelheidsverschil zou in de interferometer een faseverschuiving opleveren die zich zou uiten in een verandering van het interferentiepatroon. Deze verschuiving werd echter niet waargenomen, tot verrassing van velen, waaronder Albert Michelson en Edward Morley zelf.
1887 年以降の有名なマイケルソン・モーリーの実験 (Michelson-Morley-experiment) により、この問題は、光の波動を自分自身と比較させることで解決された。この実験は、鏡の助けを藉りて、光が交差する別別の軌道をとるようにされた干渉計により行なわれた。太陽の周囲を約 30 km/s で移動している地球と同じ方向に進行する光は、交差する方向に進行する光に対して異なる速度を有する筈である。この速度のズレは、干渉計において、干渉縞の変化として現われる位相シフトを引き起こねばならない。しかし、このズレは確認されず、アルバート・マイケルソン (Albert Michelson) 及びエドワード・モーリー (Edward Morley) 自身を含め、多くの人びとを驚かせた。


[[訳註:"waarbij licht met behulp van spiegels verschillende banen dwars op elkaar te laten volgen"
waarbij: (関係副詞)
met behulp van: 「の助けを藉りて」
op elkaar: 「重なって」
verschillend: 「異なった」、「様ざまな」
banen: baan (「軌道」) の複数形。
dwars: 「横切った」
op elkaar: 「重なって」
]]
[[訳註:"plm" は "plus minus" 又は "plusminus" の略語。概数を表わす「約」。オランダ語特有?]]

Sagnac
Nieuwe theorieën moesten dit fenomeen verklaren. George FitzGerald in 1889 en Hendrik Lorentz in 1892 kwamen onafhankelijk van elkaar tot de Lorentz-FitzGerald contractie hypothese, waarop Albert Einstein later zijn speciale relativiteitstheorie baseerde.
サニャック
新しい理論で、この現象を説明する必要があった。1889 年にはジョージ・フィッツジェラルド (George FitzGerald) が、そして、1982 年には、ヘンドリック・ローレンツ (Hendrik Lorentz) が、互いに独立して、ローレンツ-フィッツジェラルド収縮仮説に到達したが、これは、後にアルベルト・アインシュタイン (Albert Einstein) が、彼の特殊相対論の基礎としたものだった。

Een andere theorie was de emissie theorie van Walter Ritz. Volgens deze theorie is de snelheid van het licht relatief ten opzichte van de snelheid van de lichtbron. In 1913 publiceerde Willem de Sitter de bevindingen van zijn observaties van dubbelsterren. Hij had bij geen van de sterren de optica|optische effecten waargenomen die uit de theorie van Ritz volgden.
この他に、ワルテール・リッツ (Walter Ritz) による「放射理論」と云う物もあった。この理論に従えば、光の速度は、光源の速度に対し相対的である。1913 年、ウィレム・ド・ジッター (Willem de Sitter) は、連星に間する観測結果を発表した。どの星にも、リッツの理論に従った光学的効果と認められるものはなかった。

Al tussen 1893 en 1896 had Oliver Lodge het idee en de vergelijkingen van het Sagnac-effect. Hij liet een zware schijf roteren boven zijn interferometer die op zandsteen was geplaatst, zodat eventuele ether drag gedetecteerd kon worden. Ook bij zijn experiment trad geen faseverschuiving op, wat de ether drag theorie tegensprak.
既に 1893 年から 1896 年の間に、オリバー・ロッジ (Oliver Lodge) は、サニャック効果と類似したものを着想していた。彼は、発生するかもしれない「エーテルの引きずり (エーテルドラッグ)」が検出できるように、砂岩上に設置した干渉計の上方で重い円盤を回転させた。この実験でも、位相シフトは起こらず、エーテルドラッグ理論は否定された。

[[訳註:"het idee en de vergelijkingen van het Sagnac-effect" が、どうもピンとこないのだが、一応訳を当てておく。]]

In 1913 voerde Sagnac zijn experiment uit waarbij hij zijn interferometer zelf liet roteren, met 2 Hz. Volgens de emissietheorie zou er geen faseverschuiving optreden, aangezien de lichtbron met dezelfde snelheid ronddraaide als de detector. Dat er toch een faseverschuiving werd waargenomen betekende samen met de bevindingen van De Sitter het einde van de emissietheorie.
1913 年、サニャックは、干渉計自体を 2 Hz で回転させる実験を実施した。光源は、検出器と同一速度で回転している訣だから、放射理論によれば、位相シフトは発生しない筈だった。しかしながら、位相シフトは観測され、このことは、ド・ジッターによる結果と併せて、放射理論の破綻を意味した。

Sagnac had de faseverschuiving juist wel verwacht, op basis van de klassieke natuurkunde. Hij beschouwde zijn resultaten als een bewijs van het bestaan van ether. Speciale relativiteit en algemene relativiteit impliceren echter evenzeer dat het Sagnac effect zal optreden. Met andere woorden, het Sagnac effect is zo fundamenteel dat het een gemeenschappelijk fenomeen is van klassieke mechanica en relativistische mechanica.
サニャックは、古典物理学を根拠にして、位相シフトを正にその通りに予測していた。彼は、この結果を、エーテルの存在の証拠とみなした。それにも関わらず、特殊相対論と一般相対論とのどちらからでも、サニャック効果が起こるべきことが導かれる。換言すれば、サニャック効果は、極めて基本的であるために、一つの同じ現象が、古典力学的でも、相対論的力学的でもあるのだ。

Achteraf bleek dat Franz Harress het effect al in 1911 had waargenomen tijdens onderzoek naar Fresnel drag, maar hij schreef het effect aan iets anders toe. Uit zijn experimenten bleek wel dat het effect niet beïnvloed werd door refractie.
後に明らかになったことだが、既に 1991 年に フランツ・ハレス (Franz Harres) が、フレネルドラッグの研究中に、この効果を観測していた。しかし、彼は、この効果の原因を見損なってしまった。この実験から、この効果が屈折に影響されないことが判明した。

[[訳註:"toe|schrijven" 「(...に)帰する」]]

Michelson
In 1925 had Michelson samen met Henry Gale een interferometer gebouwd bij Clearing, Illinois in de Verenigde Staten om de aardrotatie te meten. De afmetingen waren 2010 bij 1113 voet waarbij gebruik werd gemaakt van waterleiding pijpen met een diameter van 12 inch die waren geëvacueerd tot een vauüm van 12 mm kwikdruk. Het experiment bevestigde de verwachte verschuiving van het interferentiepatroon overeenkomend met de aardrotatie.
マイケルソン
1925 年、マイケルソンは、ヘンリー・ゲール (Henry Gale) とともに、地球の自転を測定するため、米国イリノイ州クリアリング近郊に干渉計を建造した。その大きさは、2010×1113 フィートで、12 mmHg まで減圧した直径 12 インチの送水管が用いられた。この実験は、地球の自転に応じて存在すると予測されていた干渉縞のシフトを確認した。

Laser
Met de uitvinding van de laser in 1960 kreeg de optische Sagnac-interferometrie een nieuwe impuls. Militaire en commerciële toepassingen - zoals het ring laser gyrokompas en later het fibre optic gyrokompas, onder andere voor gebruik in traagheidsnavigatie - zorgden voor een enorme technische vooruitgang.
レーザー
1960 年のレーザー発明は、光学的サニャック干渉測定にとり、新たな刺激となった。軍事上及び商業上の利用--例えば、リング・レーザー・ジャイロスコープ及び、その後の光ファイバジャイロコンパス (特に慣性誘導装置 で利用されるもの)--は、巨大な技術的進展を引き起こした。

Opvallend hierbij is dat Sagnac zelf al toepassingen zag voor het naar hem vernoemde effect voor navigatiedoeleinden. Met behulp van drie interferometers - met een oppervlakte van tientallen vierkante meters - zouden de drie rotatie-assen gemeten kunnen worden, het slingeren, stampen en gieren.
ここで注目すべきなのは、サニャック自身が、彼に因んで名付けられたこの効果をナビゲーション・システムに利用することを、既に予想していたことである。数十平方メートルの面積を有する干渉計3つの助けを藉りれば、横揺れ (ローリング)、縦揺れ (ピッチング)、左右揺れ (ヨーイング) の3つの回転軸での測定が可能となる筈だと云うものだった。

Werking
Het Sagnac-effect treedt op in een roterende Sagnac-interferometer. Voor rekenkundig gemak wordt er in dit voorbeeld vanuit gegaan dat het licht volgens een cirkel loopt. Vanuit een lichtbron komt een lichtstraal met golflengte λ in de ring bij punt P waar het gesplitst wordt in beide richtingen. Als de spoel stationair is, is de af te leggen afstand gelijk voor beide lichtstralen, zodat ze beide tegelijk bij P arriveren en de ring weer verlaten zonder faseverschuiving.
動作
サニャック効果は、回転するサニャック干渉計において発生する。計算を簡単にするために、この例では、光が円に沿って進むものとする。光源から来た波長 λ の光線は、点 P でリングの中に入り、そこで2つの方向に分割される。回動台が静止している場合、双方の光線が進むべき道のりは等しいから、両光線は P に同時に到達して、位相シフト無しにリングから出ていく。

[[訳註:"Er wordt vanuit gegaan dat ..." は、「dat 節の内容を仮定する」の意。"Online Dutch Grammar Tutorial:'Er' as a subject" 参照]]
[[訳註:"spoel" は「回動台」と訳しておく。]]


Een observator die niet meedraait met de interferometer neemt geen frequentieverandering waar, alleen het faseverschil. De lichtstraal die in dezelfde richting draait als de interferometer, rood in dit voorbeeld, moet een langere weg afleggen dan de tegengesteld draaiende lichtstraal, blauw in dit voorbeeld. Voor de duidelijkheid is hier een hoekverandering van 30º gekozen, wat een extreem grote waarde is, aangezien de lichtsnelheid zo groot is.
干渉計とともに回転していない観測者は、周波数の変化を認識せず、ただ位相シフトのみを認識する。干渉計と同一回転方向に進行している光線 (例図では赤で表示) は、逆向きの回転方向に進行している光線 (例図では青で表示) よりも長い道のりを進まねばならない。光の速度は非常に大きいので、解かりやすくするために、ここでは角度変化は、極端に大きな値である 30º に選択された。
[[訳註:"meedraait" (meedraaien) は、当然「ともに回転する」と云う意味だろう。]]


Als de ring bijvoorbeeld in de richting van de klok beweegt, dan zal de lichtstraal die in dezelfde richting beweegt een grotere afstand afleggen dan de lichtstraal die zich in de tegengestelde richting beweegt. Hierdoor hebben ze een faseverschil φs, het Sagnac-effect.
リングが、例えば、時計周り方向に回転している場合、同一方向に進行する光線は、逆方向に進行する光線よりも長い道のりを進まねばならない。このために、両光線では、サニャック効果 φs 分だけ位相シフトが起こる。

Een meedraaiende observator neemt niet alleen een faseverschuiving waar, maar ook een frequentie-verandering. De lichtstraal die in dezelfde richting draait als de interferometer, moet een langere weg afleggen en krijgt een lagere frequentie of roodverschuiving. De tegengesteld draaiende lichtstraal legt een kortere weg af en krijgt een hogere frequentie, of blauwverschuiving. Paars en groen zijn de lichtstralen bij een stilstaande interferometer. ともに回転している観測者は、位相シフトだけではなく、周波数の変化も認識する。干渉計と同一回転方向に進行している光線は、ヨリ長い道のりを進みまねばならず、低い周波数、つまり赤方偏移の周波数を獲得する。逆向きの回転方向に進行している光線は、ヨリ短い道のりを進み、高い周波数、つまり青方偏移の周波数を獲得する。干渉計が静止している場合の光線は、紫と緑とで表示してある。

Faseverschuiving
Het licht dat zich in dezelfde draairichting beweegt als de ring, legt een iets langere weg af dan het licht dat zich in de tegenovergestelde richting beweegt. Het arriveert dus later in P.
位相シフト
リングと同一回転方向に進行する光は、反対回転方向に進む光よりも道のりが若干長いため、P に到達するのが遅れる。

De groene staande golf wordt waargenomen bij een stilstaande ring en door een stationaire observator. Een meedraaiende observator zal twee verschillende frequenties waarnemen zodra de ring roteert. Er treedt een roodverschuiving op bij het licht dat zich in dezelfde richting beweegt als de ring. Het licht dat zich in tegengestelde richting beweegt, ondervindt een blauwverschuiving.
緑色の定常波は、静止しているリングの場合は、静止している観測者により観測される。同一回転方向に進行している観測者は、リングが回転しだすとすぐに、2通りの周波数シフトを観測する筈である。リングと同一回転方向に進行する光の場合、赤方偏移が発生する。逆の回転方向に進行する光は、青方偏移を起こす。


De spoel draait met hoeksnelheid ω. Op het moment dat de lichtstralen weer in P aankomen, hebben ze een hoek afgelegd van respectievelijk:

met c als lichtsnelheid en R als radius
waarbij:

回動台は、角速度 ω で回転している。光線が P に戻ってくる瞬間には、それぞれ、次の角度を経過してきている:

ただし、c は光速度であり、R は半径であって:

であるものとする。

Dit geeft:

この結果、次のようになる:

Aangezien v = ω * R volgt hieruit:

v = ω * R であるから、以下が得られる:

Het verschil in afgelegde afstand is:

従って、経過した道のりの差は:

である。

De verschuiving van de interferentie, de Sagnac-fase, is:

干渉のシフト (サニャック位相) は

となる。

Als ω * R << c is, dan kan als benadering geschreven worden:

ω * R << c であるなら、近似値として以下のように書ける:

De laatste formule geldt ook voor interferometers waarbij het licht een driehoekig of rechthoekig pad volgt, als de oppervlakte van de driehoek of vierkant ingevuld wordt. (The Sagnac Effect)
最後の式は、光が三角形又は矩形の経路を取る干渉計に対しても、三角形又は矩形の面積を代入することで、有効となる ("The Sagnac Effect" 参照)。

[[訳註:原文の説明では、L が経路の長さ、A が経路が囲む面積であることが説明されていないので、それを補って読む必要がある読む必要がある。上記パラグラフは、経路が円形でなくても、その経路長及び経路が囲む面積の値を、それぞれ L 及び A に代入すればサニャック効果の値が得られると云うこと。]]
[[訳註:上記の "(The Sagnac Effect)" の部分は、オリジナルでは、上付き数字による参照になっている。]]

Ring laser
Bij een interferometer wordt het licht van buitenaf in de interferometer gebracht. Bij een ring laser is de lichtbron, een [[laser (licht)|laser]], in de ring opgenomen. De ring is gevuld met een medium, over het algemeen een helium-neon mengsel, zodat deze geheel als trilholte fungeert. Als gevolg van de eigenschappen van een laser moet er een integer aantal golflengtes in de trilholte passen en zal er een staande golf in de ring ontstaan.
リングレーザー
干渉計では、光は外部から干渉計内に導かれる。リングレーザーでは、光源であるレーザーがリング内に組み込まれる。リングには、通常ヘリウム・ネオン混合物が媒質として充填されているため、全体として共振器として働く。レーザーの特性の結果として、共振器が波長の整数倍の長さと一致し、リングには定常波が発生しなければならない。

[[訳註:"over het algemeen":「普通」]]

Voor een stationaire observator zal er niets veranderen aan de staande golf als de ring roteert. In tegenstelling tot bij een interferometer treedt er geen faseverschuiving op; het aantal golflengtes in de ring blijft gelijk. Voor een meedraaiende observator verandert de frequentie. Het licht dat in dezelfde richting beweegt als de ring, legt een kortere weg af, zodat de golflengte kleiner wordt. Er treedt een [[blauwverschuiving]] op. Het licht dat zich in de tegengestelde richting beweegt, legt een langere weg af, zodat de golflengte langer wordt. Er treedt een [[roodverschuiving]] op.
静止している観測者にとっては、リングが回転しても、定常波に変化は起こりえない。逆方向に進行しても、干渉計に至るまで、位相シフトは発生せず、リング内に含まれる波長の数は同じままである。同一回転方向に進行している観測者にとっては、周波数は変化する。リングと同一回転方向に進行する光は、道のりが短くなり、波長が短くなって、青方変位が発生する。逆方向に進行する光は、道のりが長くなるので、波長が長くなって、赤方偏移が発生する。

[[訳註:"In tegenstelling" の意味が取りづらいが、一応訳を当てておく。]]

Als de beide lichtstralen samengevoegd worden, resulteert het verschil in frequentie in een zweving.
2つの光線が統合されるなら、その周波数の違いによる「うなり (ビート)」が起こる。

[[訳註:"zweving" は「うなり」。"zweving - WikiWoordenboek" 参照。]]

Aangezien de afgelegde afstand een integer aantal golflengtes moet zijn, geldt:

waarbij n een integer getal is. Als de afgelegde afstand verandert met ΔL dan verandert de golflengte met:

経過した道のりは、波長の整数倍でなければならないから、次のように記される:

ここで、n は整数。進行した道のりが ΔL だけ変化するなら、波長も以下の分だけ変化する:


[[訳註:この節「リングレーザー」の以下の内容、特に式は、混乱していて、殆ど読むに値しない。]]

De frequentieverandering is:

そこで、周波数の変化は:

となる。

[[訳註:この式は意味不明。記号 v が使われているが、ここで、回転速度 v がでてくる謂われはなく、周波数でなければならない。あるいは、参考にした本に記号 ν (ギリシャ文字「ニュー」) が書いてあったものを読み違えたか? (訳文の方では ν を採用した)。第2辺と第3辺との間は、等号ではないだろう。]]

Aangezien de twee lichtstralen dezelfde frequentieverandering ondergaan, maar in tegengestelde richting, wordt de zwevingsfrequentie:

2本の光線には、方向は逆になるが、同一の周波数偏移が起こるので、「うなり」の周波数は:

となる。

[[訳註:この式も意味不明。記号 v は、やはり ν とすべき。しかも、この式で求められているのは、Δν であるので、わざわざ f 等と云う紛わらしい記号を使っている意味が分からない。そして、「ダメ押し」と言いたいのは、この式の値の値は、この節のような訣の分からない計算をしなくても、前節の最後の式を 2π で割れば簡単に得られると云うことだ。]]

De resonantie conditie is:

共振の条件は次の通り:

[[訳註:この式は、唐突過ぎて、何のために書かれたのか不明。あるいは、Δω/ω ≈ Δν/ν 或いは、Δν/ν ≈ ΔL / L のつもりか?]]

Doordat de de frequentie van licht extreem hoog is, is dit frequentieverschil aanmerkelijk groter dan het verschil in afgelegde afstand. Hierdoor is de schaalfactor veel groter dan die van een Sagnac-interferometer.
光の周波数は極めて高いので、周波数のズレは、進行した道のりのズレに比べて相当大きくなる。このため、拡大率が、サニャック干渉計の場合よりも非常に大きくなる。

[[訳註:このセンテンスも、意味不明。この稿では ω は、光の周波数 (又は、角振動数) ではなく、円盤の角速度である。安定発振 (ロックイン?) の条件を表わした式とするなら、文脈とは無関係だろう。逆に、もし光の振動数 (又は、各振動数) のつもりで使われているとするなら、サニャック効果の一般的な式として、レーザーリングだけでなく、干渉計にも当てはまる。ひとつ前のセンテンスの式が、Δν/ν ≈ ΔL / L のつもりだったら、一応つながるが、ここで問題にすべきなのは、ΔL ではなくて、Δω だろう。]]

Universaliteit van het Sagnac-effect
De universaliteit van het Sagnac-effect blijkt uit het feit dat het niet alleen opgaat voor lichtgolven, het geldt voor alle elektromagnetische golven. Daarnaast is in experimenten aangetoond dat het ook geldt voor Cooper-paren (1965), neutronen (1984), 40Ca atomen (1991), elektronen (1993) en superfluïde vloeistoffen en ionen ([[1997]]).
サニャック効果の普遍性
サニャック効果が、光の波動だけでなく、全ての電磁波に成立すると云う事実から、この効果の普遍性が明らかになっている。それ以外にも、サニャック効果が、クーパー対(1965 年)、中性子(1984 年)、40Ca 原子(1991 年)、電子 (1993 年)、そして超流動体及びイオン(1997 年)にさえ当てはまることが実験により証明された。

De Compton golflengte is:

waarbij h de constante van Planck is en m de rustmassa is van een deeltje. Ingevuld in de eerdere formule van het Sagnac-effect geeft dat:

コンプトン波長は、hプランク定数m を粒子の静止質量とすると:

だから、上記のサニャック効果の式に代入すると、次の式が得られる:

Door het enorme verschil in massa met fotonen is de schaalfactor veel groter dan bij optische interferometers. (ref: Ring-laser tests of fundamental physics and geophysics, G.E. Stedman, 29 Januari 1997)
光子とは質量が大きく異なるため、光干渉計の場合よりも、拡大率が非常に大きくなる (Ring-laser tests of fundamental physics and geophysics, G.E. Stedman, 29 Januari 1997 参照)。

    関連記事 (本サイト内):
  1. nouse: 英語版ウィキペディア "Sagnac effect" 訳文
  2. nouse: ドイツ語版ウィキペディア "Sagnac-Interferometer" 訳文
  3. nouse: フランス語版ウィキペディア "Effet Sagnac" 訳文
  4. nouse: 一般相対論によるサニャック効果の導出

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ウェブ・ガジェット "Maukie" に就いて

注意:現状では、ウェブガジェット [Maukie 黒猫] は、このブログサイトから削除してある。

[nouse: ブログパーツを10個並べて] で採用したうちの一つである [Maukie 黒猫] は、当該ガジェットの他に、[オセロ] と [五目並べ] と [数独] が呼び出せる「お得」なものだが、残念ながら [Maukie 黒猫] のカスタマイズ、特に背景色の変更ができなかった。しかし、(最近書いたばかりのことだが)私は視力が衰えているため、原状では前脚の先の「靴下」部分が背景に紛れてしまって見づらい。

そこで、Maukie だけを取り出して、背景を濃いものに変え、改めて貼り付けなおした。その他のゲームに就いては、[数独] がメイン([五目並べ] と [オセロ] に切り替え可能) のものを貼ってみた。

[Maukie 黒猫] は、現在では Google gadgets にも収められて (「ウェブページ用 Google ガジェット」参照) 流布している (大きな注目を集めたことに就いては "Google Gadgets Page Views" 参照) が、その流れを辿ると、オランダのサイト"broenink art" に行き着くようだ。

このサイトを経営していると思われる Helen Laura Broenink は SF 及び ファンタジーを主題とする画家。そのサイト中に、彼女の母親である Anneke Hut (やはり画家。仏文紹介記事もある) が、[Maukie 黒猫] に就いて "Maukie Home" と云うページを開設している。そこで見られるフラッシュゲーム "maukie2.swf" が [水源] と思しい。ただし、彼女自身が "Maukie FAQ" で認めていることだが、このゲームは彼女が作成したのではなく、正に、どこからか (Maukie の首輪のタグが、そのバナーと一致する点から Wotch.com らしい) 拾ってきたと云うのだ。

「自分のサイトでも "Maukie" を使ってもよいか」と云う質問に対して Anneke Hut は、こう答えている。

A: Yes you can, we did too! But remember you can't ask anyone for permission, because it's unknown who the creator of Maukie is. So if one day the owner walks in, and claims the copyright on the cat, it's possible you'll have to take it down.
--Maukie FAQ
答:できます。私たちもそうしているのですから。ただ、忘れて頂きたくないのは、Maukie の作成者が不明である以上、誰に対してであろうと「許可を求める」ことが不可能だと云うことです。ですから、いつか、著作権所有者が現われて、この「猫」に対する権利を主張した場合には、撤去する必要がでてくるかもしれません。

なお、付言しておくなら、"Maukie" は、オランダ語 "mauwen" 「(猫が)ニャーニャー鳴く」にちなむか。飼っているネコに、この名を付けることもあるようだ。以下は、その例:

Maukie is een rustige, maar ook speelse, lieve poes.
--BAASJE GEZOCHT .NL - huisdieren - Herplaatsing van honden, katten, konijnen, fretten, knaagdieren, vogels maar ook boerderijdieren e.a. dieren.
モウキーは、おとなしいけれど、遊ぶのが好きな、可愛いメスネコです。

5 e: Maukie 1992-2004
Maukie een zwart-wit katertje.
--ONZE KATTEN
5 e: モウキー 1992年-2004年
白黒のネコちゃん。モウキー。

Help Maukie is kwijt!
Sinds enkele weken zijn wij onze kat, Maukie kwijt.
--Kattenforum - kattenplaza :: Bekijk onderwerp - Help Maukie is kwijt!
助けて。モウキーが迷子!
数週間前から、私たちのネコ、モウキーがいなくなりました。

    オランダ語での "M" 始まりのネコの名前の一覧中にも Maukie は含まれている:
  • kattennamen

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

"One for all, and all for one" (「一人は万人のために、万人は一人のために」) に就いて

記事 [「一人ひとりに、それぞれの必要に応じて。一人ひとりが、その能力に応じて。」と「全員が一人ひとりのために。一人ひとりは全員のために。」] (2007年1月26日) で書いた [三銃士 (ダルタニャン物語 第一部)] ("Les Trois Mousquetaires" 1844年) に現われる "Tous pour un, un pour tous." (「全員が一人のために。一人は全員のために。」) の対応英語形は "One for all, all for one" になる。この変異例としては "One for all, and all for one" や "all for one, one for all" 或いは "All for one, and one for all" がある。日本語の「一人は万人のために、万人は一人のために」も、この系統とみなして良いだろう。

"Voyage en Icarie ([イカリア旅行記] 第3版 1845年)" 表紙における "Tous pour chacun. Chacun pour tous." (全員が一人ひとりのために。一人ひとりは全員のために。) が、どう関わるのかは、未確認。


で、取り敢えず話を日本に限ると 「一人は万人のために、万人は一人のために」(変異例:「みんなが一人のために、一人はみんなのために」)や "One for all, all for one" 等は、様ざまな組織及び個人の pet philosophy になっている:

生活協同組合 (生協)
コープこうべ
全国生協連
大学生協
農業協同組合 (農協)。 ただし「"Each for All, All for Each (一人は万人のために 万人は一人のために)"」を採用している。
JA (農協) 東京中央会
JA 全農
JA 全中
その他の協同組合
全労済
労働組合
動労千葉
自治労群馬県本部
自治労横浜
関西合同労組
全日本郵政労働組合 英文による組織紹介のタイトルが "One for all, all for one"
チーム競技
ラグビー (愛知県「岡崎ラグビースクール」)
サッカー (神戸大学体育会サッカー部)
野球 (松坂大輔)
ソフトボール (茨城県東海村「舟石川ソフトボールスポーツ少年団」)
バレーボール (Vリーグ「トヨタ自動車」チーム)
フットサル (フットサルラボ:脱初級者フットサルブログ)
ラクロス (東京女子体育大学・ラクロス部)
駅伝 (99年北大駅伝)
モダンダンス (大東文化大学モダンダンス部)
チアリーディング (福井県 WENDYS)...
バンドスタイル又はシンガーチームスタイルのタレントの features
H.P.オールスターズ: "Hello! Project" のユニット。「ALL FOR ONE & ONE FOR ALL!」は、その楽曲名。
氣志團ちゃんブログ:ONE FOR ALL.ALL FOR ONE. (2006年4月21日)
学校/課外活動のモットー
聖ドミニコ学園小学校(東京都世田谷区)
山口県立豊北高等学校
岡山県立矢掛高校吹奏楽部
学園祭・運動会のテーマ
西九州大学福祉医療専門学校・佐賀調理製菓専門学校の合同学園祭
沖縄キリスト教学院大学・沖縄キリスト教短期大学 学生会2006キリ学祭
横浜市國學院大學幼児教育専門学校“若葉祭”
文教大学付属中学・高等学校学園祭 (東京都品川区旗の台)
神戸山手女子中学校・神戸山手女子高等学校
啓新高校(福井県)
広島県立加計高等学校
大阪産業大学
横浜市立日限山中学校
舞鶴市立城南中学校
高知県立高知追手前高等学校吾北分校
山口県立南陽工業高等学校体育祭...
成人式の標語
秋田県横手市
政治家の看板文句
豊島区議会議員 池田なおひろ (自由民主党)
衆議院議員 後藤田 正純 (自由民主党)
前・衆議院議員 田中慶秋 (民主党)
山口県下関市議会議員 長ひでたつ (公明党)
千葉県浦安市議会議員 辻田あきら
福井県議会議員 のだ富久 (県民連合)
神奈川県知事 松沢成文
長野県下伊那郡下條村議会議員 宮島きよのぶ
衆議院議員 森喜朗 (自由民主党)
ブログのタイトル
多数。無慮数百あるようだ。
個人の「好きな言葉」/「座右銘」
多数。

なにか、こう目眩いがしてくるね。

保険会社も、しばしば「一人は万人のために、万人は一人のために」を標語にする:

その根拠にしているのは、ドイツ語形の "Einer für Alle, Alle für Einen" のようだ。これは、直接にはドイツ(その後米国に移住)の保険学者 Alfred Manes によるらしいが、それが更に由来するものがあるかどうかは、私には不明。

外国での対応表現の使われ方に就いて調べてみるつもりだったが、別の機会を俟つことにする。

    参考になるかもしれないサイト:
  • One for all, and all for one - Wikipedia: 記事中、"One for all, and all for one" をモットーとする団体として具体的に挙げられているのは "Hells Angels" だけである。
  • Panthéon de Paris - Wikipedia: 2002年11月30日に Alexandre Dumas がパリ・パンテオンに改葬された際に、棺にかけられた drap bleu には "Tous pour Un, Un pour Tous " と記されていたと云う (Alexandre Dumas, samedi 30 novembre 2002)。
  • Rugby School Internet Services: rugby football が始まったとされるイングランドの public school "Rugby School" のサイト。"one for all" や "all for one" に就いて特記している様子は見られない。「学校新聞」である "The Grapevine" 2006年2月号に "This term has been a pretty amazing one for all the badminton squads,..." とあるが、これは「今期は、バドミントンチームの全てが素晴らしい成績を残した」と云うこと。
  • Rugby Football Union: 英国ラグビーフットボール協会のサイト。"one for all" や "all for one" に就いて特記している様子は見られない。
  • RugbyRugby: Latest News: ラグビーフットボールの専門サイト中の記事。"one for all and all for one" と云うスローガンに就いての言及がある。
  • Unus pro omnibus, omnes pro uno - Wikipedia: ラテン語。非公式ながらもスイスの伝統的モットー。
  • Trivia for The Truman Show (1998) によれば、映画 "The Truman Show" (1998年) には、"UNUS PRO OMNIBUS, OMNES PRO UNO" が町のモットーとして登場する。この映画は、1967年のイギリステレビドラマシリーズ "The Prisoner" (「プリズナーNo.6」) を意識している。
  • Solidarität im Verfassungsstaat:「立憲国家における団結」"Einer für Alle, Alle für Einen" や Alfred Manes の話が出てくる。副題: "Grundzüge einer normativen Theorie der Verteilun" は「分配の標準理論の基本的特徴」と言ったところか。
  • 集団主義 - Wikipedia 曰わく: 「One for All , All for One」(1人はみんなのために、みんなは1人のために)というスローガンは、個人主義的な成員に、心理的に集団と一体化しよう、と呼びかける理念・イデオロギーで、1844年にイギリスで生活協同組合運動が発足したときに考案されたもの。これを西欧的集団主義と把握する考え方がある。北朝鮮はこのスローガンを愛用し、全体主義批判に対し、自国は集団主義であると反論する。
  • 朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法: 第5章 [公民の基本権利及び義務] 第63条 朝鮮民主主義人民共和国において公民の権利及び義務は、「1人はみんなのために、みんなは1人のために」という集団主義原則に基づく。
  • Rochdale - Wikipedia: イングランド西北部の都市。協同組合運動 (cooperative) 発祥の地。
  • Rochdale Principles - Wikipedia: 初期協同組合運動の原則。"one for all, all for one." に類する箇条は見当たらない。
  • Statement on the Co-operative Identity - Wikipedia: "International Co-operative Alliance" (ICA 国際協同組合同盟) による協同組合運動宣言。

ついでに書いておくと "one for all, all for one." 及び "one for all, and all for one." に対応するロシア語表現は,それぞれ "Один за всех, все за одного." 及び "Один за всех и все за одного." また、イタリア語形は "Uno per tutti, tutti per uno." 及び "Uno per tutti e tutti per uno."

"Один за всех" "все за одного" が、Сергей Михайлович Эйзенштейн (セルゲイ・エイゼンシュテイン)の 映画 "Броненосец Потёмкин" (「戦艦ポチョムキン」)に出てくるらしいが、未確認(ただし "Battleship Potemkin: Scenario and script by Sergei Eisenstein" 参照)。(このパラグラフへの補足記事 [メモ:映画 [戦艦ポチョムキン] 中の「全員は一人のために 一人は全員のために 」] も参照されたい。)

"One for all, all for one." は、「ユートピア/革命の昂揚」の指標であるのと同時に、「ディストピア/革命の幻滅」隠蔽の指標でもあると言うべきか。

いみじくも、アレクサンドル・デュマ・ペール (Alexandre Dumas) は、このあたりの機微を、アトスとアラミスに「手を差し出して誓え!」と迫られたポルトスが、「ブツブツ口ごもりながらも、周りの勢いに気圧されて」(Vaincu par l'exemple, maugréant tout bas)、ダルタニャンとの四人で「全員が一人のために、一人は全員のために」と唱和したと、書いていることを忘れるべきではないだろう( [ダルタニャン物語 第一部「三銃士」"Les Trois Mousquetaires"] 第9章)。


    最後に、各国語おける問題の標語を改めてまとめておこう(主な変異例がある場合には、それも付ける):
  • フランス語: "Tous pour un, un pour tous."

  • 英語: "One for all, all for one." ("One for all, and all for one." )

  • ドイツ語: "Einer für Alle, Alle für Einen"

  • 日本語: 「一人は万人のために、万人は一人のために。」(「みんなは一人のために、一人はみんなのために。」)

  • イタリア語: "Uno per tutti, tutti per uno." ("Uno per tutti e tutti per uno.")

  • ラテン語: "Unus pro omnibus, omnes pro uno"

  • ロシア語: "Один за всех, все за одного." ("Один за всех и все за одного.")


    補足
  • スペイン語: "uno para todo, todo para uno." ("uno para todo y todo para uno.")

  • オランダ語: "Een voor allen, allen voor een." ("een voor allen en allen voor een.")

  • ポルトガル語: "um para todos, todos para um." ("um para todos e todos para um.")

  • 中国語形: "我為人人,人人為我" らしい。(中国語ウィキペディアのスイスの項 "瑞士" による。) "one" には「我」、"all" には「人人」が当てられているのが興味深い。

  • ハングル: "전체는 하나를 위해, 하나는 전체를 위해" 「チョンチェヌン ハナルル ウィフィェ, ハナヌン チョンチェルル ウィフィェ」か? (ハングル版ウィキペディアのスイスの項 "스위스" による。"전체"「チョンチェ」は「全体」の意、"는"「ヌン」は主題を表わす格助詞、"하나"「ハナ」は数詞「一」、"를"「ルル」は目的格助詞、"위해"「ウィフィェ」は目的を表わす用言「為である」。)


| | コメント (5) | トラックバック (4)
|