カテゴリー「他言語」の6件の記事

メモ:ヘブライ語で「神の賜物」を意味する人名

今朝程 (2010/05/05 04:45)、キーフレーズ [ヘブライ語で「神の齎すもの] で、このサイトを訪問された方がいらしたようだ。

これだけだと、条件が緩くて、何をお調べになっているのか忖度しかねるところがあるが、もしヘブライ語で「神の賜物」を意味する言葉をお探しであるというなら、人名化している筈だから、取り敢えずは、聖書中の人名を当たるのが基本なのではなかろうか。

ただ、よく知られているように、聖書では「神」の呼び方に2通りの流れがあって、(以下の話は、私の聞き齧り・読み齧りを、殆ど裏付けを取らないまま、書き流したものなので、その積もりで読んで戴きたい) その一つは、セム語族に共通して「神」を意味する言葉である、カタカナ語化すると「エル」や「イル」になる言葉 (אל)。ただし、聖書でイスラエル民族の「神」を指す時には、単数扱いながら強調の複数形が使われて אֱלהִים (エロイム) になる (英語聖書では "God" と訳されているようだ。対応して、日本語聖書中では「神」)。謂わば、普通名詞としての「神」だ (もっとも、本来は「エル」又は「イル」も、古代多神教時代の天空神の名前だったらしいが)。

もう一つは、モーセに尋ねられて、「神」が自ら明かしたとされる יהוה 、カタカナ語化すると「ヤハウェ」になる言葉 (こちらの方は、英語聖書では "the Lord" と訳されているようだ。対応して、日本語聖書中では「主」)。これは固有名詞としての神名といったところか (日本文化内だと「神」は、本質的には固有名詞としてしか存在しないので、唯一神を示す固有名詞と云うのは、概念上存在しえないから、説明しづらい)。

従って、「神の賜物」を意味するユダヤ人名は、「エル」系と「ヤハウェ」系がある。ただし,「ヤハウェ」系はそのママで使われることはなくて (だいたい、固有名詞としての神名は濫りに唱えてはならず、したがって、実際にはどのように発音されたかは実例らしいもの残っていないので、「ヤハウェ」と云うのも、現代の研究での推定によっている。以前は「ヱホバ」などとされていた) カタカナ語化すると「ヨハ」またはその類似音 (英語経由なら「ジョ」) が含まれる言葉になる。

で「賜物」の方は、(他にも言い方があるようだが) נָתָן (ナタン) あたりになる。この「ナタン」は独立して人名化していて、ゴットホルト・エフライム・レッシングの戯曲「賢人ナータン 」の主人公にもなっている。

と云う訣で、「神の賜物」は、取り敢えずは、「エル/ヨハ」と「ナタン」の組み合わせになる。(他にもあるらしいが面倒なので調べていない。)

したがって、「エル」系は נְתַנְאֵל (ナタニエル)。私なんぞが、最初に思いつくのはナタニエル・ホーソン (日本語版ウィキペディアでは「ナサニエル・ホーソーン」)。「緋文字」の小説家だが、読んだことはないな。

「ヤハウェ」系では「ヨナタン」。本来は יְהוֹנָתָן (ヤホナタン) 又は יְהוֹנָתָ (イェホナタン) と云う言葉だったらしい。英語なら Jonathan (ジョナサン) ですね。

聖書には登場しないようだが、אֱלִינָתָן (エリナタン) と云う人名もある由。これは「エル」系。

「エル」と云うのは国名としては「イスラエル」に含まれている。これは、聖書の記載上、もともとは「神」と相撲をしたヤコブに「神」が与えた名前で、聖書伝承上、ヤコブの十二人の (男性の) 子供の子孫である人々がイスラエル民族と呼ばれるようになり、それが国名になった訣だ。この「イスラエル」に就いて、[創世記]32:28 では「其人いひけるは汝の名は重ねてヤコブととなふべからずイスラエルととなふべし其は汝神と人とに力をあらそひて勝たればなりと」と説明されているが、これは、所謂「民間語源」であるらしく、とは言え、学問的にも微妙に疑義が残っているらしいのだが、「神は戦う」ぐらいの意味らしい。

新約聖書中でも「エル」系の言葉は表われる。ナザレのイエスが十字架上で最後に叫んだと云う「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」がそれで、聖書自身の中で「わが神、わが神、なんぞ我を見棄て給ひし」と訳されている ([マタイ]27:46。[マルコ]15:34 では、少し異なる)。ただし、これはアラム語らしい。

「エル」又は「イル」は、同じセム語派に属するアラビア語でも使われている。ただし通常は定冠詞「アル」が付いているし、若干変形して、الله となる。カタカナ化すると「アッラー(フ)」(日本語としては「アラー」が普通だろう)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

スウェーデン語版の "amazing grace"

今朝ほど (2009/06/01 09:37:40)、キーフレーズ [Amazing Grace!のスウェーデン語訳] で、このサイトを訪問された方がいらしたようだが、次のウェブページを御覧になることをお薦めする:

  1. Oändlig nåd mig Herren gav
  2. History for 231 Oändlig nåd mig Herren gav (history as of 02/19/2009 13:10:39)

なお、スウェーデン語版ウィキペディアの "Oändlig nåd mig Herren gav の項も参照のこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

"May the Force be with you" (「フォースのともにあらんことを」) を色色な言語で言うと

このまえ、"May the Force be with you." (「フォースのともにあらんことを」) を、スウェーデン語で何と言うかと云う記事を書いた ([nouse: 「フォースのともにあらんことを 」("May the Force be with you.") をスウェーデン語で言うと] 2008年3月2日[日])。昨年は、ドイツ語で何と言うかに就いても書いてある (nouse: 「フォースのともにあらんことを 」("May the Force be with you.") をドイツ語で言うと 2007年2月23日[金])。

それぞれ、そう云う目的でこのサイトを訪問されたらしい方がいらしたために、余計なお世話を焼いたに過ぎない。

しかし、スウェーデン語とドイツ語 (そして、英語) が分かると、その他の言語では何と言うのか気になってくる。そこで、以下簡単に纏めておく。

ただし、「定訳」が存在していないこともありうるし (このような「決め文句」は、文脈上特段の理由がない限り「定訳」が採用するのが好ましい)、また少なくとも一部の印欧系の言語では第二人称の単複と、それに伴う親称・敬称 (もしあれば) の扱いが問題になるのだが、何れもほぼ考慮せず、ネットで発見してものを収集したにとどまる。

それでも、印欧系言語で第二人称単数親称を使った表現らしいものが見つかった場合は、それが最初に来るようにはした。それは "May the Force be with you" が、基本的には使命を帯びて旅立つ者への「はなむけの言葉」であるからだ ([マタイ]28:20 参照。ただし、そこでのイエスの言葉は1人ではなく11人に言われているけれど)。

引用句の最後はピリオドではなく感嘆符とする例も多多あるのだが (スペイン語では文頭にも付くこともある)、以下では一切付けていないので、適宜補って読んで戴きたい。

イタリア語: Che la Forza sia con te. / Che la Forza sia con voi. / Che la Forza sia con lei. / Che la Forza sia con loro.
スペイン語: Que la Fuerza te acompañe. / Que la Fuerza esté contigo. / Que la Fuerza os acompañe. / Que la Fuerza esté con vosotros. / Que la Fuerza esté con ustedes. / Que la Fuerza lo acompañe. / Que la Fuerza les acompañe.
フランス語: Que la Force soit avec toi. / Que la Force soit avec vous.
ポルトガル語: Que a Força esteja contigo. / Que a força esteja com você. / Que a Força esteja convosco. / Que a força esteja com vocês.

ドイツ語: Möge die Macht mit dir sein. / Möge die Macht mit euch sein. / Möge die Macht mit Ihnen sein.
オランダ語: Moge de kracht met je zijn. / Moge de kracht met jou zijn. / Moge de kracht met u zijn. / Moge de kracht met jullie zijn.

スウェーデン語: Må kraften vara med dig. / Må kraften vara med er.
デンマーク語: Må Kraften være med dig. / Må Kraften være med jer.
フィン語 (フィンランド語): Olkoon Voima kanssasi.
ハンガリー語: Az Erö Legyen Veled.

ギリシャ語: Η Δύναμη μαζί σου. / Η Δύναμη να είναι μαζί σου
ラテン語: Vis tecum sit. / Sit vis vobiscum. (2009-09-24 [木]:"nobiscum" を --vobiscum-- に訂正。)

ロシア語: Да пребудет с тобой Сила. / Да пребудет с Вами Сила.

ポーランド語: Niech Moc będzie z tobą. / Niech Moc będzie z Wami.
クロアチア語: Neka Sila bude s tobom. / Neka je Sila s tobom. / Neka Sila bude s vama. / Neka je Sila s vama.
ブルガリア語: Нека силата бъде с теб. / Нека силата бъде с вас.

中国語: 愿原力与你同在。/ 願原力與你同在。
韓国語: 포스가 함께 하기를。 / 포스가 당신과 함께 하기를 빌겠소。

トルコ語: Güç seninle olsun.

ヘブライ語では何というかに就いては調べがついていないので宿題としておこう。例えば "הכוח" "מלחמת הכוכבים" の組み合わせ (「スター・ウォーズ」と「フォース」) で検索してみたが、はかばかしい結果が得られなかった。

補足 (2008-04-30 [水]):
その後、"יהיה הכוח אתכם" で google 検索してみたところ、1件ヒットした (DEMONS: Under the Sink)。また "יהיה הכוח אתך" では1件もヒットしなかった。

2008-05-19 [月]: "יהי הכוח אתכם" でも1件ヒットする。それは、やはり "Demons: Under the Sink" 中の記事だが、別のページ (Reviews Master)である。更に、"יהי הכוח עמך" と云う言い方もありうる。これは数件ヒットするようだ。おそらく「フォースのともにあらんことを」のヘブライ語訳としては、この二つが最も「それっぽい」のではないか (文脈によっては、対象が二人称複数の形にしてもよいだろう)。

"יְהִי כֵן יְהוָה עִמָּכֶם" ([出エジプト記]10:10) が参考になるかもしれないので、ここに書き留めておく。

参考になるかもしれないサイト:
1. Force (Star Wars) - Wikipedia, the free encyclopedia
2. הכוח (מלחמת הכוכבים)

「"May the Force be with you" を色色な言語で言うと」は、「ネタ」としては平凡なものであるので、同主題で既に幾つもの記事が書かれている。そのうちの一つだけを引用しておく:
[Somewhere in the Middle: Que la Fuerza te acompane!]

このブログ記事は、[nouse: 「フォースのともにあらんことを 」("May the Force be with you.") をスウェーデン語で言うと] と [nouse: 「フォースのともにあらんことを 」("May the Force be with you.") をドイツ語で言うと] の他に次の記事にも関連する:
1. [nouse: "May the Force be with you."に就いて] (2004年8月6日[金])
2. [nouse: NIFTY翻訳フォーラム投稿再録(1997年7月3日?)] (2004年7月16日[金])

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「フォースのともにあらんことを 」("May the Force be with you.") をスウェーデン語で言うと

本日未明 (2008/03/02 03:15:18)、キーフレーズ [May the Force be with you スウェーデン語] でこのサイトを訪問された方がいらしたようだ。恐らくは、「フォースのともにあらんことを 」("May the Force be with you.") をスウェーデン語で言うとどのようになるかお調べだったのだろうと思う。

生憎、スウェーデン語には、全く不案内で (まぁ、得意な分野など一つも無いのだが、それはさておき) まともな情報をお伝えできないのは残念至極である。

調べてみると "Må kraften vara med dig." なのだろうぐらいの当て推量はできるのだが、それまでのこと。

当てずっぽうを、さらに言うなら、"Må" が英語の "may"、 "kraften" が "the force" (定冠詞 "en" は後置されている)、 "vara" が"be"、 "med" が "with"、 "dig" が "you" に対応するのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

色色な言語で「宵の明星」

今日午前 (2007/11/30 10:29:20) キーワード[宵の明星 明けの明星 イタリア] でこのサイトを訪問されたかたがいらしたらしい。[nouse: 色色な言語で「明けの明星」] (2007年11月14日[水]) は作ったが、「宵の明星」の方はとサボっていたので、この機会に作っておく。

前回と同様 [LOGOS - Multilingual E-Translation Portal] の[evening star] の項と [Webster's Online Dictionary] の [Evening Star] の項を、内容未チェックのまま纏める。

英語: Evening Star
アフリカーンス語: Venus, Aandster
オランダ語: Venus, Avondster
フランス語: Vénus, l'étoile du soir
ドイツ語: Venus
ハンガリア語: Vénusz
イタリア語: Venere, la stella della sera
日本語: 宵の明星, 一つ星
マン島語: Rollage yn Astyr (Hesperus, the evening star). (various references)
Papiamento: Venus //"Papiamento" はカリブ海の所謂 ABC 諸島 で話されている言語。
偽ラテン語 (Pig Latin): eveningay arstay
ルーマニア語: luceafãrul de searã
ロシア語: вечерняя звезда
セルビア・クロアチア語: večernjača
トルコ語: venüs, akşamyıldızı, çulpan
ベトナム語: sao hôm
ユカテク・マヤ語 (Yucatec): Xnuk Ek'
ラテン語: Cytherea, Venus, vesper, vespere, vesperi, vespero, vesperum
スペイン語: la estrella vespertina
デンマーク語: Venus
フィンランド語:iltatähti
ペルシャ語: ناهيد

[nouse: サッポーの詩] にも呼格の形で出てきたが、古典ギリシャ語で「夕づつ」つまり「宵の明星」は Ἔσπερος である。

また、[nouse: 色色な言語で「明けの明星」] で触れたように、中国語では「宵の明星」は「長庚(长庚)」。これをハングル表記すると 장경 になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

色色な言語で「明けの明星」

昨夜、20時20分頃、キーフレーズ [イタリア語で明けの明星] で、このサイトを訪問された方がいらしたようだ。 まぁ、"l'astro del mattino" ぐらいでしょうね。

「明星」、「明星」と、イチイチ面倒なので、纏めて書いてあるものを探したら [l'astro del mattino - Logos Dictionary - Logos Translations multilingual dictionary] と Webster's Online Dictionary の [Morning Star] と云うものが見つかった。内容未チェックのまま、それに従うと:

英語: morning star
イタリア語: l'astro del mattino
スペイン語: lucero del alba
フランス語: l'étoile du matin
ブルトン語: gwerelaouen
デンマーク語: morgenstjerne
フィンランド語: aamutähti
ラテン語: sidus matutinum //ゑびすや贅言: Lucifer で良さそうな気がするが、キリスト教文化内では、安易に使えない言葉なのだろう。
マプンズグアン語: wüñejfe
ペルシャ語: ستاره صبح
ポルトガル語: estrela da manha, estrela d'alva
ウェールズ語: seren y bore
アルバニア語: ylli i mëngjesit
ブルガリア語: зорницата
チェコ語: jitřenka
オランダ語: morgenster
エスペラント: matenstelo
ドイツ語: Morgenstern
現代ギリシャ語: αυγερινόσ
ヘブライ語: עמוד השחר 参考: עמוד השחר
אילת השחר, אילת 参考:morning star | Hebrew | Dictionary & Translation by Babylon
שחר 参考: Isaiah 14:12
ברקאי 参考: Naftali Herz Imber
ハンガリア語: hajnalcsillag
インドネシア語: bintang timur
日本語: 暁星, ぎょうせい, ひとつぼし, よあけのみょうじょう, みょうじょう
マン島語: rollage ny madjin, maddinagh
偽ラテン語 (Pig Latin): orningmay arstay
ルーマニア語: luceafãrul de dimineaţã
ロシア語: утренняя звезда
セルビア・クロアチア語: zvezda danica, zornjača
スウェーデン語: morgonstjärna
トルコ語: sabah yıldızı
ベトナム語: sao mai

以上に追加すべきものとしたら、以下のようなところだろうか(こちらも、あまり自信はない):

中国語: 啓明(启明)
参考: 「太白金星_百度百科」で指摘されているように [诗·小雅·大东 (詩経/小雅/大東]) には 「东有启明 西有长庚」(诗经·小雅) と云う句がある。つまり「啓明」が「明けの明星」を「長庚」が「宵の明星」を指す。

韓国語: 샛별
参考: Paran 사전(辞典):「啓」

古典ギリシャ語: Φωσφόρος

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|