カテゴリー「ウェブ跋渉」の18件の記事

米国での地震時での個人の対応行動指針 ("Drop, Cover and Hold on")、及び「構内放送」(「場内放送」等) 例文

最近時々、[地震 放送 英語例文] と云うたぐいのキーフレーズでこのサイトを訪問された方がいらっしゃるのだが、そうした時、少し考えただけで、調べることはなく、そのままにしてしまってきた。調べても、ハカバカしい結果は得られそうもない (ヨリ正確に言えば「マト外れな結果」しか得られないだろう) と思ったからだ。

それどころか、踏み込んで言ってしまうなら、英語かどうかに限らず、大地震の発生中は、遠隔地はともかく、震央近くで、その地震のただ中にいる人々にとって「放送」は役に立たない。放送施設が利用可能であり得るかと云う問題もさて措き、「放送」を行うことで、むしろ現に地震発生の渦中にある人々の注意力を削いでしまうことになりかねない。むしろ大切なのは、日常時での、地震発生時の対応方法 (勿論、極めて限定的な行動しか出来ない訣だが、だからこそ、最も有効な行動) を明瞭簡潔に示したガイドやマニュアルの周知徹底と、その頻繁な訓練だろう。

勿論、揺れが一旦収まった後で (余震はあり得るにしても)、放送施設が生き残ったと云う条件の下では、何らかの情報伝達、特に避難誘導の為に、放送が活用されることが好ましい。また、構成員の主体が未成年者であるような「学校」等の施設では、激烈とは言えない地震であっても、一瞬にして非日常的状況に抛りこまれるわけだから、生徒個人の行動の判断を本人に任せる訣にいかない、と云う考え方もあり得る (逆に、特に「津波」が襲来する危険性がある時には、基本的には常に保護者が個別的に密着していることが期待される「乳幼児」と「要介護者」・「疾病者」以外は、「指針」は「指針」として、その具体的行動の判断を本人だけに委ねるしかないと云う考え方もあり得るが、この方向に議論を進めると、本稿の守備範囲が広がりすぎる恐れがあるので、なるべくしないようにするつもりだ)。当然、この場合、第一義的には教師・学校職員の直接指導が行なわれるべきだろうが、だとしても、副次的手段として放送が利用されることは、認められてよい筈だ。

ただし、ここで、「放送」とは所謂「館内放送」・「場内放送」・「構内放送」・「校内放送」等英語で謂う "public address (PA) system" のこととして解釈してある。つまり TV やラジオ乃至はインターネットを介する「放送」--英語で謂う "broadcast" または "telecommunications"-- のことは問題にしていない。

と、考え直した上でも、(別段、何かの「調査」--この「調査」はネットを検索したぐらいではできないだろう-- をした上での根拠がある訣ではないが) 緊急時の「放送」が問題になるような「社会」で「地震」が切実であるのは、世界の中でまず第一に日本国においてではないのか。「諸外国の事例」を探しても得るところは少ない気がする。

話が、こんがらがりそうで困るが、[地震 放送 英語例文] と云うキーフレーズの本質に関わる筈なので、指摘しておくと、この日本国の国土で成長した訣ではない人々が、現在日本国内に在住・滞在している場合には、そのほぼ全員が、地震に関しては「学校生徒」と本質的に同じなのだ。だから、適切な避難誘導のためばかりでなく、その逆に、日本で生まれ育った社会人なら、危険性を感じないような揺れであっても、「外人」はパニックを起こす可能性は有るから。それを防ぐ為に、危険性はないので平静を保つように呼びかけると云った外国語放送はあっても良いだろう。とは言え、それを踏まえても以下の議論の主要部は成り立つと思う。

恐らく、私ができることは、ネットで調べるぐらいでは[地震 放送 英語例文] に就いて役に立つ情報は得られないことを確認することぐらいだろう。しかし、「役に立たないことをする」は、このブログのモットーであった。そこで、少し調べてみることにした。

で、google で検索してみたのだが、その結果の範囲内では、地震時の "PA system announcement" を話題しているのは、殆どがアメリカ含羞国又はカナダでの "K-12" 「学校」(日本での幼稚園から高等学校に対応する) における緊急事態対応マニュアル又は緊急事態想定訓練の「台本」であることだ。そして、ほぼ共通して、"Duck, Cover and Hold" 又は "Drop, Cover and Hold" と言う動作を執ることが呼びかけられている。

今、「放送例文」であるか否かを離れて、英文として、この "Duck, Cover and Hold" 又は "Drop, Cover and Hold" が具体的にはどのような動作を意味するかは、その名もズバリ "www.dropcoverholdon.org" と云うサイトのウェブページ "Drop! Cover! Hold On!" を見て戴くのが、解かり易いだろう。そこでは、次のようなピクトグラムを使ったアニメーションを用いた、地震発生時の簡潔な行動指針が与えられている。

Drop! Cover! Hold On!

ここで英語の語義の補足をするなら "duck" とは、一般には「素早く姿勢を低くする」と云う意味であり、"drop" は、より強く「(崩れ落ちるようにして、或いは、たたきのめされたようにして) うずくまったり、座り込んだり、寝転んだりする (その結果、足の裏以外の体の部分が地面や床面に着く)」といったニュアンスの違いがあるが、この「標語」に限っては、同じ意味で使われている。つまり、「素早く『四つん這い』又は、それに近い姿勢になれ」と云うことだ。

何故、今、"duck" と "drop" の語義の違いにこだわるかと云うと、図解等の説明抜きで聞いたり、読んだりした場合、"Duck, Cover and Hold" よりも "Drop, Cover and Hold" の方が、地震時の行動として遥かに的確と思われるからだ。どうやら、多数派は "Drop, Cover and Hold" ではあるらしいのだが、それでも、ミスリードする可能性がある"Duck, Cover and Hold" が使われている理由は、私には分からない。憶測するに、"drop" よりも "duck" の方が「聞こえが良い」(つまり、特に子どもにとっては "drop" にはネガティヴなイメージがあり "duck" にはポジティヴなイメージがあると云ったような) ところがあるのかもしれない。

これに関連して書いておくと、"ducking" は、ボクシングにおいて、相手の打撃を避ける技法として知られている。しかし "duck" の用例で一般に最もよく知られているものは、1981年3月30日に当時のアメリカ合衆国大統領ロナルド・ウィルソン・レーガン (Ronald Wilson Reagan. 第40代。在任:1981年1月20日--1989年1月20日) が、発した一言だろう。

当時就任間もなかったレーガン大統領は、ワシントンDC北西区域コネティカット大通り1919番 (1919 Connecticut Ave., NW) のワシントン・ヒルトン・ホテルで行なわれたアメリカ労働総同盟・産業別組合会議 (American Federation of Labor and Congress of Industrial Organizations/AFL-CIO) 代表者達の昼食会での講演を行なった。講演を終えてワシントンDC北西区域T番街 (T Street NW) に面したホテル出口から出てリムジンまで歩っていく途中の東部時間午後2時27分にジョン・ウォーノック・ヒンクリー・ジュニアJohn Warnock Hinckley, Jr. 1955年5月29日--) により、同行者3名と共に狙撃され、跳弾を左脇の下に受けたのだった (皮肉にもヒンクリーが撃った6発のうちの6発目が防弾装備をしたリムジンに当たって反跳したのだ)。銃弾はレーガンの心臓をかすめており重傷だったが、その痛みを、シークレット・サービスのジェリー・パール/Jerry Parrによりリムジンに押しこまれる際の打ち身だと信じて、レーガンは被弾したとは気が付かなかったらしい。しかし吐血した大統領を見たパールが、彼をジョージ・ワシントン大学病院/The George Washington University Hospital に急遽搬送した。レーガンは弾丸摘出手術をうける直前、救急救命室 (emergency room/ER) に駆けつけた妻のナンシー (Nancy Davis Reagan) に向かって "Honey, I forgot to duck" (「ダッキングし忘れちゃってさ」) と冗談を飛ばしたのだった (米国民は、そして多分英国民も、危機的な状況で、余裕綽々なジョークを飛ばせる「剛毅かつ人間味のある司令官」型の指導者を喜ぶようだ)。

もっとも、これもよく知られているように、この言葉は、1919年から1926年にかけてのボクシング世界ヘビー級王者ジャック・デンプシーJack Dempsey 1895年6月24日--1983年5月31日) が、前評判では格下と思われていたジーン・タニー (Gene Tunney, 1897年5月25日--1978年11月7日) に、1926年9月23日不覚の判定負けを喫した後、控え室に戻って妻の女優エステル・テイラー (Estelle Taylor) に語ったと云う言葉をそのまま使ったものである。

"Cover" は、勿論「何かで身体 (特に首筋と頭部) を覆うようにして、落下物・飛翔物から身体を護る」ことだ。具体的には、防護のための遮蔽物として、第一に、机やテーブルが想定されている訣だが、それが手近に無い場合や、あったとしても使用に適さない場合は、腕や手を使うことが推奨されていて、これも "Cover" のうちになっている (ただし、後の "Hold on" についての説明を参照)。また、"cover" を名詞にして "take cover" とすると「もぐる」・「隠れる」と云う語感が付く。

"Hold" は「そのまま動かずにジッとしている」ぐらいの意味である。ただし、サイト"www.dropcoverholdon.org" の例が示すように "Hold" は "Hold on" と云う表現になっていることもある。これもニュアンスが僅かに異なっていて、"Hold on <something>" だと (特に "Hold on to <something>" だと明確に)「何か (<something>) にへばりついて、或いは、しがみ付いて動かないようにしている」ぐらいだろう。更に言っておくなら、"Hold on" で、遮蔽物ではなく、自分の手で頭部や首筋を覆ったり、腕を頭部や首筋に巻付けたりすること意味させることもあるようだ。語義としては、微妙なような気がするが、目標とする体勢は他の場合と一致する。

実は、"Drop, Cover and Hold on" のヨリ詳細な内容は "www.earthquakecountry.info" と云うサイトのウェブページ "Protect Yourself During an Earthquake... Drop, Cover, and Hold On!" に、次のように纏められている:

  1. DROP down onto your hands and knees (before the earthquakes knocks you down). This position protects you from falling but allows you to still move if necessary.
  2. COVER your head and neck (and your entire body if possible) under a sturdy table or desk. If there is no shelter nearby, only then should you get down near an interior wall (or next to low-lying furniture that won't fall on you), and cover your head and neck with your arms and hands.
  3. HOLD ON to your shelter (or to your head and neck) until the shaking stops. Be prepared to move with your shelter if the shaking shifts it around.
--"Protect Yourself During an Earthquake... Drop, Cover, and Hold On!"

タイポグラフィまで考慮すると面倒なので、意味だけをザッと訳すと次のようになるだろう:

  1. (地震があなたを突き倒す前に) 四つん這いに身体を伏せましょう。この姿勢をすると、あなたは転ばずに済むようになるだけでなく、必要に応じて移動することが可能になります。
  2. 頑丈なテーブルや机で、あなたの頭や首を (そして、できれば全身を) 覆って防護しましょう。防護物が手近に無い場合にだけ、近くの室内壁の近く (又は倒れてきそうもない背の低い家具の側) で姿勢を低くして、腕と手とで頭と首を覆いましょう。
  3. 地震が収まるまで、防護物 (又は頭と首) を掴んでいましょう。地震の振動によって防護物が動くことがあるので、その場合には自分も一緒に移動できるようにしておきましょう。

更に、補足するなら、この "Drop, Cover, and Hold on" 等の動作は、地震時に限らず、多くの緊急時に取られるべき対応して考えられていることで、この点も留意されるべきだろう。また、翻訳技法上の注意をするなら "Drop, Cover, and Hold on" を標語風に訳すとしたら、簡潔さを重んじて「ふせ! まもれ! つかめ!」ぐらいにした方が良いだろうと思う。

ヨリ一般的に「地震に遭遇したら何をすべきか、そした何をすべきでないか」に就いて米国行政府がどう考えているかは、"Federal Emergency Management Agency/FEMA" (アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁) のウェブページ "FEMA: What to Do During an Earthquake" で知ることができる。

What to Do During an Earthquake
Stay as safe as possible during an earthquake. Be aware that some earthquakes are actually foreshocks and a larger earthquake might occur. Minimize your movements to a few steps to a nearby safe place and if you are indoors, stay there until the shaking has stopped and you are sure exiting is safe.

地震発生時にすべきこと
地震が起きている間は、自分の身の安全維持に全力を尽くすこと。地震によっては、それが実は前震であって、更に大きい地震が発生することもあり得ることを留意しておくこと。近くの安全な場所に移動しようと云う場合でも、数歩程度の動きに留めること。屋内にいた場合には、地震の揺れが止まり、そして屋外に出ることが安全であることが確認できない限り、その場に留まること。

    If indoors
  • DROP to the ground; take COVER by getting under a sturdy table or other piece of furniture; and HOLD ON until the shaking stops. If there isn't a table or desk near you, cover your face and head with your arms and crouch in an inside corner of the building.
  • Stay away from glass, windows, outside doors and walls, and anything that could fall, such as lighting fixtures or furniture.
  • Stay in bed if you are there when the earthquake strikes. Hold on and protect your head with a pillow, unless you are under a heavy light fixture that could fall. In that case, move to the nearest safe place.
  • Use a doorway for shelter only if it is in close proximity to you and if you know it is a strongly supported, loadbearing doorway.
  • Stay inside until the shaking stops and it is safe to go outside. Research has shown that most injuries occur when people inside buildings attempt to move to a different location inside the building or try to leave.
  • Be aware that the electricity may go out or the sprinkler systems or fire alarms may turn on.
  • DO NOT use the elevators.
    屋内にいた場合
  • 床に伏せる。頑丈なテーブルその他の家具の下にもぐって、身体を防護する。地震の揺れが止まるまで、そのままの体勢でいる。テーブルや机が手近に無い場合には、腕で顔と頭とを覆って、建物の内部側の隅にしゃがんでいる。
  • ガラス、窓、戸外に続くドア及び壁、その他、照明器具・家具等の落ちたり倒れたりする可能性があるもの全てから離れている。
  • 地震発生時に寝床の上にいた場合には、そこに留まる。落ちてくるかもしれない重い照明器具の下にいるのでない限り、ジッとしていて、枕で頭を防護する。落ちてくるかもしれない重い照明器具の下にいる場合は、一番近い安全な場所に移動する。
  • 戸口を防護物にするのは、戸口が、たまたまスグそばにあって、しかも、基礎がしっかりとしていて荷重支持能力のあることが分っている場合だけにする。
  • 地震の揺れが収まった後でも、外に出ることが安全になるまで、その場に留まる。被災者が負傷するのは、殆どの場合、建物内にいた被災者が、建物内の別の場所に移動しようとしたり、建物外に出ようとした時であることが調査の結果分っている。
  • 停電している可能性が有ること、スプリンクラー・システムや火災報知器が作動している可能性が有ることに留意する。
  • エレベーターは利用しない
    If outdoors
  • Stay there.
  • Move away from buildings, streetlights, and utility wires.
  • Once in the open, stay there until the shaking stops. The greatest danger exists directly outside buildings, at exits and alongside exterior walls. Many of the 120 fatalities from the 1933 Long Beach earthquake occurred when people ran outside of buildings only to be killed by falling debris from collapsing walls. Ground movement during an earthquake is seldom the direct cause of death or injury. Most earthquake-related casualties result from collapsing walls, flying glass, and falling objects.
    屋外にいた場合
  • その場に留まる。
  • 建物、街灯、配線から離れる。
  • 広々とした場所にいたのだったら、地震の揺れが止まるまで、その場に留まる。一番危険なのは、建物の外側すぐ近く、出口や外壁傍なのである。1933年ロングビーチ地震の際の死亡者120名の多くは、建物の外側を走っていたと云うことだけのために、崩壊した壁からの落下物に当たって死亡する結果となった。地震中の地面の揺動が死亡や外傷の直接原因になることは殆どない。地震による死傷者の大多数は、崩壊した壁、飛び散ってきたガラス、そして、落下物が原因である。
    If in a moving vehicle
  • Stop as quickly as safety permits and stay in the vehicle. Avoid stopping near or under buildings, trees, overpasses, and utility wires.
  • Proceed cautiously once the earthquake has stopped. Avoid roads, bridges, or ramps that might have been damaged by the earthquake.
    移動中の車両内にいた場合
  • 安全性を確保しつつできる限り素早く停止して、車両内に留まる。建物、樹木、陸橋、配線の近く又は下には停止しない。
  • 地震が収まったなら、慎重に前進する。地震により被害を受けている可能性がある道路、橋、ランプ (高速道進入・離脱用傾斜路) は避ける。
    If trapped under debris
  • Do not light a match.
  • Do not move about or kick up dust.
  • Cover your mouth with a handkerchief or clothing.
  • Tap on a pipe or wall so rescuers can locate you. Use a whistle if one is available. Shout only as a last resort. Shouting can cause you to inhale dangerous amounts of dust.
    瓦礫に閉じ込められた場合
  • マッチを点けない
  • 動き回らない。埃を舞いあげない。
  • ハンカチ又は布で口を覆う。
  • 救助者があなたの居場所を突き止められるように配管や壁をコツコツたたく。利用可能であったなら、笛を吹く。叫ぶのは最後の手段に取っておく。叫ぶことで、危険な量の埃を吸い込むことになることがある。

Last Modified: Wednesday, 11-Aug-2010 14:41:22 EDT
最終更新:東部夏時間2010年8月11日14:41:22 (水曜)

--"FEMA: What to Do During an Earthquake"

なお、the 1933 Long Beach earthquake とは、1933年3月10日 太平洋標準時午後5時55分に発生した、カリフォルニア州南部のロサンゼルス郡内の湾口都市ロングビーチ南東沖を震源とするモーメント・マグニチュード6.4の地震。

因みに、東日本大地震のモーメント・マグニチュードは9.0だから、Gutenberg-Richter relation に従うなら、地震エネルギーとしては7900分の1程度の規模である (マグニチュードが1増えると、地震エネルギーとしては、1000の平方根倍、つまり約31.6倍になる)。

カリフォルニア州では1906年4月18日に、ヨリ大規模 (モーメント・マグニチュード7.9。東日本大地震の地震エネルギーの1200分の1以下) で、死者が3000人以上と伝えられるサンフランシスコ地震 が起きているが、これは、FEMA のガイドには参考例として採用されていない。100年以上前の災害である為に、訴求力に欠けると考えられたのか? ちなみに、理科年表平成23年版「世界のおもな大地震・被害地震年代表」には [1906年サンフランシスコ地震] は載せられている (p.753/地181) が、[1933年ロングビーチ地震] への記載はない。これは「表面波マグニチュード又は実体波マグニチュード7.8以上または死者が1000人以上」を掲げると云う基準があるためである。

個々の死の個別性から見るなら、地震の大小を云々するのは謹むしかないことを認めつつも、歴史的全体性の観点からは FEMA が想定している「大地震」は、こうしたレベルであることは留意しておいてよいだろう。

さらに FEMA の地震発生時対処法には "tsunami" のことがスッポリと抜け落ちている。勿論 FEMA のウェブサイトにも津波に就いてのウェブページ Tsunami があるが、そこには、1993年7月12日の北海道南西沖地震、所謂「奥尻島地震」におけるような地震発生後2-3分後に津波第1波が襲来することがあるのだと云う緊迫感は感じられない (余談にしかなるまいが、「"tsunami" は "soo-ná-mee" と発音する」と云う記述に至っては、脱力するしかない。確かに、日本語の「つ」の子音は、英語の t の子音とは対応せず、s の子音に似ているところもあるのだが、「ツナミ」と "soo-ná-mee" とは違う)。

なお [1906年サンフランシスコ地震] では、サンフランシスコ市が載っているサンフランシスコ半島の北端 (つまりサンフランシスコ市の北端でもある。"Golden Gate Bridge" の南だもと付近と言った方がイメージが掴めるかもしれない) のプレシディオ (Presidio) に設置されていた潮位計 (「験潮儀」・「検潮儀」) では40-45分周期で8cm程度の潮位変化が検知されたと云う。[1933年ロングビーチ地震] における津波に就いての記録は見つからなかった。これでは、日本、特に三陸地方における「津波てんでんこ」の切なさを求めるべくもないだろう。

前置きはこれぐらいにして、以下、地震時の放送例文を幾つか纏めておく。

まず、米国カリフォルニア州ロサンゼルス統合公立学区 (Los Angeles Unified School District) の健康安全環境事務局 (Office of Environmental Health and Safety) が策定した (2003年6月5日付け) 緊急時対応マニュアルのモデル版に示されている、地震を想定した訓練時の放送例文 (大文字部分):

6.7.3 DRILL 3: EARTHQUAKE
An earthquake drill is held to provide maximum protection in case of earthquake or other emergency where the risk of flying or falling debris is present. No advance warning or signal normally will be given. In practice drills, teachers should supervise students and be alert to the position of each student during the entire drill.
Signal: The signal for the drill is the following PA announcement.
"YOUR ATTENTION PLEASE. AS YOU ARE AWARE, WE ARE EXPERIENCING SOME SEISMIC ACTIVITY. FOR EVERYONE'S PROTECTION, ALL STUDENTS SHOULD FOLLOW STAFF DUCK AND COVER PROCEDURES, WHICH MEAN YOU SHOULD BE IN A PROTECTED POSITION UNDER A TABLE OR DESK, AWAY FROM WINDOWS AND ANYTHING THAT COULD FALL AND HURT YOU. HOLD THIS POSITION UNTIL THE SHAKE STOPS OR GIVEN FURTHER INSTRUCTIONS."
--"Model Safe School Plan: A Template for Ensuring a Safe, Healthy and Productive Learning Environment Volume 2 – Emergency Procedures" p.94/120 (Los Angeles Unified School District. Office of Environmental Health and Safety. Revised June 5, 2003)

地震訓練は、地震その他の、飛翔物・落下物の危険性が存在する非常事態において最大限の安全を確保する為に行なわれる。前以ての警告又は合図は通常用いられない。訓練実施時には、教師が生徒の監督を行ない、訓練全体を通じて、各生徒の姿勢に注意すること。
開始のきっかけ:次の校内放送で訓練が開始される。
お知らせがあるので聞いてください。お気付きのように、何からの地震現象が発生中です。全員の安全を確保する為に、生徒の皆さんは教職員がするのと同じようにして「ふせ! まもれ!」動作をとって下さい。つまり、テーブル又は机の下で安全な姿勢をとり、窓その他の落ちたり倒れたりしてきて怪我を負うことになりそうな物から離れていていて下さい。そして、地震の揺れが止まるか、新しい指示があるまでは、その姿勢でじっとしていて下さい。

この例では、"Duck, Cover and Hold" ではなく、"Follow Staff Duck and Cover" と云う標語が使われている (放送文の後の方で、"Hold" もでてくる)。このマニュアルの作成者は、未成年者に対しては、まず教職員が手本を示して、学生・学童達には、教職員の真似をする ("Follow Staff") ようにさせるのが一番確実だと考えている訣だ。

次は、"Code Red Training Associates" と云うウェブ・サイト中の「大地震」(the big one) に備えるた学校 ("Los Altos and Mountain View" とあるから、これもカリフォルニア州の学校だろう) の地震訓練を紹介した週刊誌記事の一部。そこでは「校内放送」ではなく、学校職員が口頭で "Duck and cover" を伝えている (やはり "Hold/Hold on" は脱落している):

Local schools prepare for 'the big one'
Los Altos Town Crier
Issue 22, Published on Wednesday, May 28, 2008
By Traci Newell.

It's 10:45 a.m., and students all over Los Altos and Mountain View hear an announcement from their respective school officials - "Duck and cover, a major earthquake is striking the area."
--School Earthquake Preparation

「大地震」に備える当学区の学校
ロス・アルトズ・タウンクライア
2008年5月28日 (水曜) 第22号
トレィシ・ネウェル記事

午前10時45分、ロス・アルトズ及びマウンテン・ヴュー学区全域の学校生徒たちは、それぞれの学校の職員が「ふせ! まもれ! この地域で大きな地震が発生しています」と触れ回っているのを耳にした。

カリフォルニア州サンタクルーズ郡 (Santa Cruz County, California) 教育局 (Santa Cruz County Office of Education) 発行の緊急時対応マニュアル第4章「緊急時の対応 (Chapter 4: Emergency Response)」では、落下物等の危険があるような状況では "Duck, Cover and Hold On" で対処すると云う一般的な指示の後、次のように書かれている:

The call to "duck and cover" is usually initiated by classroom teachers. In the event of an earthquake, the ground-shaking initiates the Duck, Cover and Hold On procedures.
For all other events:
Make an announcement over the PA system*:
"Duck, cover, and hold on. Stand-by for further instructions."
Repeat Twice
*If you do not have a PA system or bell code system, and it is safe to do so: send runners to each classroom with above information. Be sure all classrooms, libraries, cafeterias, gymnasiums, and all other on-campus programs and offices are also notified.
--"Chapter 4: Emergency Response" p.25/57 (Santa Cruz County Office of Education)

「ふせ! まもれ!」と云う呼びかけは、通常、担当中の教師が発すること。ただし、地震の場合には、地震発生をキッカケにして「ふせ! まもれ! つかめ! 」動作を始めること。
その他の場合では
校内放送を用いて、次の放送文を流すこと*:
「ふせ! まもれ! つかまれ! 次の指示を待ちなさい。」
これを2度繰り返すこと。
*校内放送設備又はベル・コード設備 (bell code system) がない場合には、安全が確保されていると云う条件の下で: 連絡員を用いて各教室に上記の情報を知らせること。全ての教室、図書室、食堂、体育館、その他全ての校内活動が行なわれている場所及び事務部門に、もらさず連絡を行うこと。

つまり、暴動・爆発・土砂崩れ等の(我ながら奇妙な言い方だが)「一般の緊急時」は "Duck, Cover and Hold On" は教師が指示するするよう規定されているが、地震の発生時に限っては、教師の指示を俟つことなく "Duck, Cover and Hold On" を行うことになっている。そして、校内放送 (又は人的手段) による連絡は、地震時には期待されていないし、又に「一般の緊急時」においても校内放送 (又は人的手段) よる呼びかけは副次的な手段という扱いである。

"Drop, Cover, and Hold on" ではなく、建物を退去することが求められる例を引用しておく。ケンタッキー大学 (University of Kentucky) 農学部 (the College of Agriculture) の "Veterinary Diagnostic Laboratory (「動物疾病診断研究所」とでも訳すべきか) の緊急時対応マニュアル "Building Emergency Action Plans: University of Kentucky Veterinary Diagnostic Laboratory" (学部長事務室 --Office of the Dean-- 発行) に緊急時館内放送の文例が纏められていおり、その内の「地震」の場合の例は次のようになっている。

Earthquake
"Attention all building occupants. An earthquake has just occurred. All building occupants should immediately and calmly evacuate the building. Do NOT use the elevators. Once outside, please congregate at our designated assembly area. Remain there for roll call and further instructions"
--"Building Emergency Action Plans: University of Kentucky Veterinary Diagnostic Laboratory" p.22/23 (Office of the Dean)

地震時
「館内にいる人たちに全員お知らせが有りますのでお聞きください。ただ今、地震が発生しました。館内にいる全ての人たちは、落ちついてただちに建物から退去して下さい。エレベーターは使用禁止です。退出後は、所定の集会場所に集合して下さい。そこで、そこで総員点呼及び次の指示がありますので、それを待ってください。」

付言しておくと、この "Veterinary Diagnostic Laboratory" は最近 (2010年後半?) まで "Livestock Disease Diagnostic Center (LDDC)"「家畜疾病診断センター」と呼ばれており、このマニュアルも LDDC 時代のものをそのまま使っているようだ。

最後に、カリフォルニア州全域で、現地時間2011年10月20日午前10時20分から開始されると云う地震訓練 "the 2011 Great California ShakeOut!" での放送文案 (この「放送」は "broadcast") を紹介しておく。 60秒版と2分45秒版の2種類が有るが (両者とも原文は "ShakeOut - ShakeOut Drill Broadcast Transcript (English)" で見られる)、やはり「津波」への意識は、それほど鋭くなく、実際に地震が起きた時に海岸近くにいた場合は、徒歩で速やかに高台、又は海岸から離れた場所へ移動するようにと云う呼びかけがなされているだけで実質的な訓練は行なわれそうもな無かったり (60秒版)、「詳しくはウェブで」といった情報だけだったりする (2分45秒版)。

2分45秒版では「今回は訓練なので自動車を実際に止める必要はない」と云った注意もあるから、やはり訓練としての「メリハリ」を付けているところはあるのだろう。米国民にとって「津波」は「メリ」なのだと云うことだけなのかも知れない。

Below is a transcript of the drill broadcasts to be played at 10:20 am on Thursday, October 20, 2011.

Great California ShakeOut
Drill Broadcast Text, 60 second version

This is the Great California ShakeOut. You're joining millions of Californians in the largest earthquake drill in US history. Practice now so you can protect yourself during a real earthquake.

This is an earthquake drill. Right now, DROP, COVER. AND HOLD ON.

Unless you are driving, DROP to the ground now: if you are standing during a large earthquake, the ground might jerk strongly and throw you down. Take COVER under something sturdy to protect yourself from objects being hurled across the room. HOLD ON to it until the shaking stops. If you can't get under something, stay low and protect your head and neck with your arms.

Now look around. What objects might fall or be thrown at you in an earthquake, that you should secure in place now?

Finally, strong earthquakes may trigger tsunami. If you're near the beach during an earthquake, DROP, COVER, and HOLD ON, then walk quickly to high ground when the shaking stops.

This drill is over. Visit ShakeOut.org for simple steps to help you survive and recover from a major earthquake, including how to secure your space. Thank you for taking part in the Great California ShakeOut!

Great California ShakeOut
Drill Broadcast Text, 2 minute 45 second version

"This is the Great California ShakeOut. You are about to join millions of Californians in the largest earthquake drill in U.S. history. Practice now so you can protect yourself, without hesitation, during a real earthquake.

"This is an earthquake drill. Right now, DROP, COVER, AND HOLD ON. Again, this is an earthquake drill. This is not a real earthquake.

"Unless you are driving, DROP to the ground immediately; take COVER by getting under a sturdy desk or table; HOLD ON to it until the shaking stops. If you can't get under sturdy furniture, stay low and protect your head and neck with your arms. If you are indoors, stay indoors. If you are outdoors, stay outdoors. Injuries are more likely when you try to move around.

Right now, imagine what would be happening around you during a major earthquake, with strong shaking that could last from a few seconds, up to two minutes. You would be experiencing sudden and intense back and forth motions of up to six feet per second. The floor or the ground would jerk sideways out from under you; that's why you must DROP, COVER, and HOLD ON. Every unsecured object around you could topple, fall, or become airborne, potentially causing serious injury. Look around and imagine: What would fall on you or others? What would be damaged?

"This is an earthquake drill. If you are in a high-rise or a public building: DROP, COVER, and HOLD ON. Do not use elevators.

"If you are outdoors: Move to a clear area away from wires, buildings, and anything else that could fall and hurt you, but only if you can safely do so. If there is something sturdy to get under, DROP, COVER, and HOLD ON. Otherwise, sit on the ground until the shaking is over.

"If you are in a stadium or theater: DROP, COVER, and HOLD ON. Protect your head and neck with your arms. Don't try to leave until the shaking is over.

"If you are in bed, stay there and hold on; protect your head with a pillow.

"If you are driving, don't do anything now. During an actual earthquake, coast over to the side of the road, stop, and set the parking brake. Avoid bridges and overhead hazards. Stay inside the vehicle until the shaking is over.

"It's been two minutes, and the shaking is over; but after a real earthquake, there will be aftershocks. What can you do now, before a real earthquake, so that you can reduce your losses and recover as quickly as possible? If you live along the coast, what do you need to know, and do, to project yourself from a possible tsunami? Visit ShakeOut.org learn more about how to prepare, protect, and recover. You can also share stories or photos of your ShakeOut drill.

"This concludes our earthquake drill. Thank you for participating in the Great California ShakeOut, the largest earthquake drill in U.S. history."

--"ShakeOut - ShakeOut Drill Broadcast Transcript (English)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「ラテン語ミサ」中の「回心の祈り」

昨日夜 (2010/06/13 22:55:30)、キーフレーズ [回心の祈り ラテン語 全文] で、このサイトを訪問された方がいらしたようだ。

恐らく、ラテン語ミサ中の "Confiteor" の下りのテキストをお探しなのではなかろうかと思える。

それならば、このサイトの [フランス語で「主の平和」] で引用した、所謂 [「トリエント・ミサ」におけるものの羅仏対訳版 "Ordinaire de la Messe selon le Rite de Saint Pie V: latin-francais" を見るなら、ある程度の事は知れるのではないかと思われる。

もっとも、この「対訳」は、スクリーン上ページが整序していないので、本当の「対訳」になっておらず、使いづらいかもしれない

そう思って、少しネット上を行き来していたら [Per Mariam Ad Deum. マリア様を通して神様へ/告白の祈りいろいろ] と云うウェブページを見つけて、参考になったので、ここに書いておく。

そこで引用されている「ローマ式 (Romanum) のコンフィテオル (主司式司祭に対する場合の)」を、「孫引き」すると

Confiteor Deo omnipotenti, beatae Mariae semper Virgini, beato Michaeli Archangelo, beato Joanni Baptista, sanctis Apostolis Petro et Paulo, omnibus Sanctis, et tibi, pater, quia peccavi nimis cogitatione, verbo et opere: mea culpa, mea culpa, mea maxima culpa. Ideo precor beatam Mariam semper Virginem, beatum Michaelem Archangelum, beatum Joannem Baptistam, sanctos Apostolos Petrum et Paulum, omnes Sanctos, et te, pater, orare pro me ad Dominum Deum nostrum.
--Per Mariam Ad Deum. マリア様を通して神様へ/告白の祈りいろいろ

ただし、上記ウェブページでは、この後に、"Misereatur vestri omnipotens Deus, et, dimissis peccatis vestris, perducat vos ad vitam aternam." と云う引用もあるが、これは [司祭が告白した罪への神の許しを願う] 信徒側の応唱。その後に司祭側の "Amen." が付く。また、上記ウェブページでは引用されていないようだが、この後に司祭と信徒とが「告白」と「神の許しの祈願」との立場を交換する。

私のような不信心な者には、"Deo" と "pater" が言い分けられているのが興味深かった。

現在では、[第2バチカン公会議] (1962年--1965年) に応じ1969年に発布された新しい典礼様式によるミサ ("Novus Ordo Missae" 或いは「パウロ六世のミサ」) の採用が進んでいて (勿論「守旧派」もいる。ただしトリエント・ミサが廃止されている訣ではなく、その存続がカトリック協会によって認められいる)、この場合は現地語でミサが唱えられるが許されている。そして実際に [現地語ミサ] の採用が広まっているらしいが、それでもラテン語版が正式とされている訣で、そこでも勿論「回心の祈り/告白の祈り」は存在する。

今回調べていて、一番興味深かったのが、所謂「新ミサ」においては司祭の「回心の祈り/告白の祈り」が削除されて、信徒団のものだけになっていたことだった (これに対しては「守旧派」の激しい反発があるらしい)。

Confiteor Deo omnipotens et vobis, fratres, quia peccavi nimis cogitatione, verbo, opere et omissione: mea culpa, mea culpa, mea maxima culpa. Ideo precor beatam Mariam semper Virginem, omnes Angelos et Sanctos, et vos, fratres, orare pro me ad Dominum Deum nostrum.
--Mass of the 1970 Missal (Ordo Missae) Liturgy of the Word

随分簡単になっている。これに対し司祭が次のように答える。

Misereatur nostri omnipotens Deus et, dimissis peccatis nostris, perducat nos ad vitam aeternam.
--Mass of the 1970 Missal (Ordo Missae) Liturgy of the Word

この部分は、殆ど変わっていないが、末尾近くで "vos" が "nos" に変わっているのは重要だろう。つまり「司祭」は「信徒団」の一人と云う格付けである訣だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

羅一秀: 毛沢東の「最初」の夫人

アクセス解析を見ていたら、毛沢東の最初の妻である [羅一秀(罗一秀)] を少なくとも名前を挙げて言及している日本語サイトで、Google/Yahoo-J にヒットするのはどうやらこの nouse だけらしいことを知った。新たに稿を起こすほどの必要性は、今のところ感じていないが、[羅一秀(罗一秀)] に就いて言及した非日本語サイトへのリンクを幾つかまとめておけば、誰かの役には立つこともあろうか、取り急ぎ、これを書く。

まず、やや面映いが、「日本でただ一つ」の部分を再録しておく。

試みに、中文版の wikipedia [毛泽东] を見た。ところが、それからは毛沢東が 1893年12月26日生まれであったことは分かったが、1909年/1910年の記載が見当たらない:

1893年12月26日,毛泽东出生在湖南省长沙府湘潭县韶山冲(今湖南省湘潭市韶山市)的一个中农家庭中。1908年,其父毛顺生为他配婚与罗氏(罗一秀),但毛泽东始终不承认这桩婚事。1911年春,到湖南长沙湘乡驻省中学求学。1912年,以第一名的成绩考入湖南全省公立高等中学校(今长沙市第一中学),次年春考入湖南省立第四师范学校,学校后来并入湖南省立第一师范。

ただ、父 毛順生 (毛顺生) により1908年に結婚させられた (其父毛顺生为他配婚与罗氏) 最初の妻 羅一秀 (罗一秀) が、1910年春に病死していることだけが分かっただけだ(个人生活)。
--nouse: 毛沢東郷関ヲ出ヅ

つまり、「最初の妻」と書いたが、毛沢東は妻として認めていなかったらしい(但毛泽东始终不承认这桩婚事)。

さて、ザッとネットを調べたところでは Wikipedia 系 (コピーを含む) を除けば [羅一秀(罗一秀、あるいは Luo Yixiu)]に言及しているのは、二・三にすぎない(ちなみに、日本語版 ウィキペディア には、今のところ言及なし)。

まず、本人に就いての Wikipedia の記事(英文版と中文版しか見つからなかった)。

ついでに、夫の方の wikipedia 記事を幾つか言語で:。

  • Mao Zedong - Wikipedia, the free encyclopedia
    Genealogy
      Mao Zedong had several wives which contributed to a large family. These were:
    1. Luo Yixiu (罗一秀, 1889-1910) of Shaoshan: married 1907 to 1910
    2. Yang Kaihui (杨开慧, 1901-1930) of Changsha: married 1921 to 1927, executed by the Kuomintang in 1930
    3. He Zizhen (贺子珍, 1910-1984) of Jiangxi: married May 1928 to 1939
    4. Jiang Qing: (江青, 1914-1991), married 1939 to Mao's death
  • Mao Zedong - Wikipedia
    Familie
      Frauen
    1. Luo Yixiu , (羅一秀, 1889 - 1910) aus der Provinz Hunan: geheiratet 1907 - 1910 (verstorben)
    2. Yang Kaihui (杨开慧, 1901 - 1930) aus Changsha: geheiratet 1921 - 1927, (1930 von der Kuomintang hingerichtet)
    3. Gui-yuan (He Zizhen) (贺子珍, 1910-1984) aus Jiangxi: geheiratet 1928; geschieden 1939
    4. Jiang Qing (江青, 1914-1991), geheiratet 1939
  • 毛沢東 - Wikipedia
    [羅一秀(罗一秀)] についての記載は見当たらない。
  • 毛泽东
    上記に引用済み。

なお、[马代伟 (Ma Daiwei)] と云う女性が、毛沢東の "the unpopular wife" (1912-1920) として付け加えられることもある。

Wikipedia 系以外では次のようなものが見つかった。

  • 毛澤東後代 「夾著尾巴做人」by [shingjia]
    毛澤東共有三任妻子(一說四任,元配羅一秀,不被毛承認)、十名子女(六名夭折),大兒子毛岸英在韓戰中去世。目前毛澤東仍在世的三名子女,是他與楊開慧所生的毛岸青、與賀子珍所生的李敏,與江青所生的李訥。
  • 毛主席的儿子是? 十名子女一戰死五夭亡 by [houni1986]
    毛澤東先後有四位妻子 毛澤東先後娶過四位妻子,她們分別是: 羅一秀:一九○七年由父母包辦結婚,一九一○年春患痢疾病逝。 楊開慧:一九二○年結婚,一九三○年底被當時南京國民政府湖南省主席何鍵槍殺。 賀子珍:一九二八年在井岡山與毛澤東同居,一九三七年前往蘇聯治病。 江靑:一九三八年在延安與毛澤東同居。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

List of Links to Mercurius/Hermes Images (English Version)

Below is a list of links to web image resources of Mercurius (or, Mercury)/Hermes, the Roman/Greek gods of herald, commerce, travel, invention, music, agriculture and thievery, and to pages showing images of the gods.

I prepared a Japanese version of the list in the course of writing a blog piece "Foundation of Starbucks and Changeovers of its Logo" (in Japanese) and published it with a preface as another Japanese article on March 12, 2007 ("List of Links to Mercurius/Hermes Images: Iconography of the Il Giornarle logo").

Il Giornarle color logo"Il Giornarle" (1985-1987) was a coffee bar chain in Seattle, Washington, USA, managed by Howard Schultz, who created it after he left Starbucks (a coffee beans retailer in those days) and ran it until he purchased his ex-employer and merged the two companies into a new one, Starbucks Corporation.

Original_twin_tailed_siren_1Starbucks_logo_until_1987Il Giornarle logo was a profile of Mercury's head printed, as testified by Schultz, in green, which the new company took as a logo color instead of the original dark brown.

Unfortunately, the available copy of Il Giornarle logo has lost shadings, and it is hard to me to state whether in the icon the god wears a winged cap, one of his specialties. The image, however, looks a reproduction of what can be dated to many years ago, such is exactly the mermaid (siren or melusina) of the Starbucks first logo.

Roman_coin_mercury_syd_00875Il Giornarle's Mercury may have been got from something old like an ancient or medieval fine art work, a legendary relic, and (most plausibly) a punch mark of Greco-Roman coins. Maybe. So not maybe. That is a question. Thus I began to collect images, ancient or not, of Mercurius and Hermes, often never distinguishable between the two. I realized soon that the image resource relating to the word "Mercurius," "Mercury" or "Hermes" is surprisingly large, and, what was worse, many images are irrelevant to the Roman/Greek god, but often pictures of goods such as a French boutique's.

Mercurius/Hermes is the god of commerce, and may hide himself in all the commercial products, though what I was seeking was apparent images of the god. I suspended the work, and made up a list of the then found pages showing either of the two gods or both and some image files.

Unlike the Japanese version, some links have thumbnails for help to readers.

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

メルクリウス/ヘルメス図像リンク集: イル・ジョルナーレ ("Il Giornale") ロゴに関連して

(Supplementary note. April 11, 2007: This page is in Japanese. Please take a look at an English article "nouse: List of Links to Mercurius/Hermes Images (English Version)" if you feel it better.)

2007年3月7日 (水) の記事 [nouse: スターバックスの成立と、そのロゴの変遷] で、スターバックス (Starbucks Corporation) の現 Chairman であるハワード・シュルツ (Howard Schultz) が一時期(1985年-1987年)スターバックスを離れていた際に経営していたコーヒー・ショップ・チェーンの「イル・ジョルナーレ ("Il Giornale")」のロゴが、ローマ神話の伝令神/商業神 メルクリウス (Mercurius. 英語表記は Mercury) であったことに付記して、そのロゴ中の横顔には、「翼の付いた帽子らしいものも見える」と書いただけで、それ以上は話を広げなかった。

勿論、話を広げようにも材料がないのだが、一応、何かを考える場合の手掛かりぐらいは作っておいた方がよいだろう。

と云う訣で、メルクリウス又はヘルメスの図像の簡単なリンク集を作成してみた。

その内容は、非常に雑多だが、これはある程度、メルクリウス/ヘルメスの性格が極めて多面的であるためかもしれない。まぁ、それはともかくも、雑多過ぎて、分類・整理するのが面倒なのは確かで、だからしていない。遺漏は当然あるだろうし(実際たとえば、ヘルメス文書関係のは大略落ちている筈である)、内容の当否のチェックもしていないので、本当にこれは手始めのものと言ってよい。

Il Giornarle color logoRoman_coin_mercury_syd_00875
ただ、それとは別に付言すると、「イル・ジョルナーレ ("Il Giornale")」のロゴに雛形がもしあったとするなら、それはコインに刻印された図像であった可能性が、それなりに大きいだろうから、そのことは僅かながら意識的に材料を収集した(近代になって、例えば切手の図案として描かれた可能性もあることはあるが、それにしても、その源流はコインの刻印になるのではないか)。とは言え、それもイル・ジョルナーレ・ロゴとの類似性の観点から採用したため、全体のごく一部である。

ここで、「イル・ジョルナーレ ("Il Giornale")」のロゴに右側に並べて示したのは、217-215 BC 頃のローマの貨幣で、表側 (obverse) に羽根の付いた帽子 (petasus 又は petasos) を被ったメルクリウスが刻印されているもので、元の画像は Wildwinds.com に掲載されている "Anonymous. 217-215 BC. Æ Semuncia (5.44 gm). Head of Mercury right wearing petasos / Prow of galley right; ROMA above. Crawford 38/7; Sydenham 87. * Sear RCV 620" の
Example No.6 に見られる。

Stc3a8le_de_mercure_01Fudomyouou_tnm_jp付言ついでに書いておくと、古拙なメルクリウス像には、我が文化における「鬼」の像を連想させるものがある。頭の翼が「角」で、手に持ったカドゥケウス(Caduceus) --ケリュケイオン (Κηρύκειον)-- が「金棒」と言う訣だ(不動明王や制託迦童子の像にも少し似ている)。

当然、メルクリウス像に配して、鬼の画像も並べたいところだが、適当な正対立像が見当たらなかったので、東京国立博物館に収蔵されている不動明王立像の画像を並べておく。似ているような似ていないような微妙なところではある。

不動明王が剣とは別の手で持っているのは、羂索、つまり縄である訣だが、メルクリウスが、カドゥケウスを持っている手と別の手で持っているのは、「小銭入れ」とか「袋」とかされているようだ。(「剣と索との組み合わせがカドゥケウスに対応することがありうるか?」は、一度考えた方が良いかもしれない)

ちなまれているのは: nouse: スターバックスの成立と、そのロゴの変遷

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

スターバックスの成立と、そのロゴの変遷

--2011-01-06 [木] 12:12
スターバックス・コーヒー CEO ハワード・シュルツの2011年1月5日付けブログ記事 "Looking Forward to Starbucks Next Chapter | Starbucks Coffee Company" によると、スターバックスのロゴが更新されるとのこと (And now, we've given her a small but meaningful update...)。

starbucks new logo 2011

ザッとしか見ていないので、断言できないが、切り替わるのは、"You'll begin to see our evolution starting this Spring." と云うシュルツの表現からして、設立40周年記念日の2011年3月30日が目処になるのではないか。

スターバックス (Starbucks) コーヒーショップ・チェーンのロゴに就いて検索されて、このサイトを訪問されるかたが頻頻といらっしゃるので、少し情報をまとめておく。

コーヒーショップチェーンとしてのスターバックスの創業者であるハワード・シュルツ (Howard Schultz) の著作 --Dori Jones Yang との共著-- "Pour Your Heart into It: How Starbucks Built a Company One Cup at a Time" (私は未見。邦訳 [スターバックス成功物語] もあるが、これも未見) に、ある程度のことが書いてあるとは思うが、ネット上で収集できた情報を、以下まとめておく。

撞着していることもある雑多な情報源から選択・再構成を行なったので、錯誤の混入したことや、あるいは「組み合わせによる錯誤」が生じたこともありうるだろうが、その点は悪しからず。

スターバックスがコーヒーショップチェーンになるまで

「スターバックス」を創設したのは、ジェリー・ボールドウィン (Jerry Baldwin), ゴードン・バウカー (Gordon Bowker), ゼヴ・シーグル (Zev Siegl) と云う3人の男だった。しかし、物語は、4人目の男、アルフレッド・ピート (Alfred Peet) から始まる。

アルフレッド・ピートは、1920年、オランダで生まれた。生家が アルクマールでコーヒーや紅茶をあきなう店だった彼だが、学校の成績が芳しくないこともあって、父親から認めてもらえず、第二次世界大戦後、逃げるようにして母国を出て、インドネシアで紅茶業界に身を置いた。その後、ニュージーランドに居たこともあるが、結局1955年、35歳の時に米国カルフォルニア州 (State of California) のサンフランシスコ・ベイエリア (San Francisco Bay Area) に移り住んで、コーヒーの輸入業に職を得る。この仕事をする中、アメリカのコーヒーに幻滅を憶えた彼は、ヨーロッパ風のコーヒー豆販売を考えるようになり、遂に1966年、カルフォルニア州バークレイ (Berkeley) のヴァイン街 (Vine Street) とウォルナット街 (Walnut Street) との交差点に、自家焙煎のコーヒー豆と紅茶を販売する店「ピーツ・コーヒー・アンド・ティー」 (Peet's Coffee & Tea) を開いたのだった。

(2007-10-04 [木] 追加及び補正:Alfred H. Peet は、2007年8月29日に死去。享年87。その後に書かれた英文版ウィキペディアの記事 "Alfred Peet" や、ニューヨーク・タイムズの記事 "Alfred H. Peet, 87, Dies; Leader of a Coffee Revolution" を読むと、第二次世界大戦前後の彼の経歴は、私が書いたものと異なっていた可能性がある。大雑把にまとめると、ピートは、戦前にロンドンに移り住んでおり、コーヒー・紅茶の会社に就職していたが、戦後リプトンに再就職し、さらに、リプトンの社員としてインドネシアやニュージーランドに赴任したらしい。)

彼の店から数ブロックの近さにはカリフォルニア大学バークレー校 (University of California, Berkeley) のキャンパスがあり、学生、芸術家、作家、音楽家、そしてヒッピー (Hippie) などが彼の店を訪れる(ピート自身は、「ヒッピー」の客を喜ばなかったらしい)。高品質を追求するピートの店の深い煎りのコーヒー豆は評判となって、熱狂的ともいえる愛好家も現われるようになる。ピートは、自分が売っているコーヒー豆の挽き方や淹れ方を、顧客に教えることもするのだった。

ジェリー・ボールドウィン (1942年サンフランシスコ生まれ) は、当時、サンフランシスコで学生生活をしていたが、ある人物から貰ったピートの豆に感動したことをきっかけにして、ピートの店の存在を知る。彼は、ピートの店のことを、サンフランシスコ大学 (University of San Francisco) の同窓生でルームメイトのゴードン・バウカーにも教える。その後、二人は、ワシントン州 (State of Washington) シアトル (Seattle) に引っ越すが、通信販売でピートの豆を取り寄せてまで、そのコーヒーを飲み続けた。

ところで、バウカーは、カナダブリティッシュコロンビア州 (British Columbia) バンクーバー (Vancouver) にある「マーチーズ・ティー・アンド・コーヒー」 (Murchie's Tea & Coffee) のコーヒー豆もお気に入りで、しばしば3時間かけて車をとばし、豆を買いに行っていた。しかし、ある日、コーヒー豆を買ってきた返りのドライブの途中、バウカーは、シアトルにコーヒー豆の販売店を作ることを思いつく。

相談を受けて良いアイデアだと思ったボールドウィンは、バウカーの隣に住んでいた、やはりサンフランシスコ大学同窓生のゼヴ・シーグルにも声をかけると、シーグルも賛成するのだった。三人は、様ざまな機会(特に、1970年のクリスマス休暇)にピートの店を訪れ、コーヒーに就いての専門的知識を身に付けていく。

こうして1971年、ボールドウィン(英語教師)、バウカー(作家)、シーグル(歴史教師)の三人は、焙煎コーヒー豆とコーヒーメーカー、それに紅茶とスパイスを販売する店を開いた。資金は、三人が1350ドルづつ出し合い、そして借入も5000ドルして工面した。場所は、ワシントン州シアトルのパイク・プレイス・マーケット (Pike Place Market) が選ばれた (2011-01-16 [日] 07:21 補足: この記載は不正確。実際に開店したのは後述のように、Western Avenue 2000番地であって Pike Place 北端から僅かに外れている)。

店の名前は「スターバックス・コーヒー・ティー・アンド・スパイス」("Starbucks Coffee, Tea and Spice")。当初、バウカーは、アメリカの作家ハーマン・メルヴィル (Herman Melville 1819年8月1日–1891年9月28日) の小説 [白鯨] (Moby-Dick) に登場し、物語の舞台であると言って良い捕鯨船 Pequod を店の名前にしようと主張した。

You may have seen many a quaint craft in your day, for aught I know;--square-toed luggers; mountainous Japanese junks; butter-box galliots, and what not; but take my word for it, you never saw such a rare old craft as this same rare old Pequod.
--Moby Dick, or, the whale Chap. 16 "The Ship"
何はあれ、諸君も若いころそれぞれに奇妙な船を見たことはあるだろう。--底の四角な斜桁(しゃげた)船、山なす日本のジャンク、パタ箱みたいなガリイ船、その他さまざま。だが絶対に断言してもいいが、このたぐいまれな古船ピークォドほど、たぐいまれな古船を見られた人はないであろう。
--「白鯨」 (訳:阿部知二) 筑摩世界文學体系 36 [メルヴィル] 1972年。東京 筑摩書房。p.51 ([八木 敏雄]訳の岩波文庫版全3巻もある。)

しかし、意見を聞いた宣伝コンサルタントのテリー・ヘクラー (Terry Heckler) に、"Pequod" からは "Pee-quod" (オシッコ-刑務所)が連想されるとして反対される。そして、ヘクラーは、シアトルっ子にとっての「お山 (The Mountain)」--日系人は「タコマ富士」と呼んだ-- であるレーニア山 (Mount Rainier) に19世紀末/20世紀初頭にあった鉱石採掘場の名 "Starbo" (又は "Storbo") を主張するのだった。

議論の結果、店の名称に選ばれたのは "Starbo" に音が似ており、捕鯨船 Pequod の一等航海士の名前である "Starbuck" (スターバック) にちなんだ "Starbucks" (スターバックス) だった。(ちなみに、私が簡単に調べた範囲では、「白鯨」中にはスターバックがコーヒーを好んだとか、飲んだと云う記述はないようだ。)

The chief mate of the Pequod was Starbuck, a native of Nantucket, and a Quaker by descent. He was a long, earnest man, and though born on an icy coast, seemed well adapted to endure hot latitudes, his flesh being hard as twice-baked biscuit. Transported to the Indies, his live blood would not spoil like bottled ale.
--Moby Dick, or, the whale Chap. 26 "Knights and Squires"
ピークォド号の一等航海士はスターバック。ナンタケット出身で、代々の震教徒(クエイカ)である。丈の高い、熱のある人物で、寒冷な海岸に育ったにもかかわらず、肉は二度焼きのビスケットのように堅くて、熱帯にも適合しうる人柄と見えた。インド諸島に送られても、そのいきいきとした血は、瓶詰のビール同様、くさることはないであろう。
--「白鯨」 (訳:阿部知二) 筑摩世界文學体系 36 [メルヴィル] 1972年。東京 筑摩書房。p.76

三人が新しい店を開いた際、当初のうちはピートからコーヒーの生豆を廻してもらったり、焙煎機等の器材の業者の探し方を教えてもらったりしていた。その店構えもピートの店を手本にして作られていた。客に試飲はさせるが、飲み物としてのコーヒーを販売しないと云う方針も踏襲された。

最初のうちはシーグルだけが有給で、その彼が店頭に立った。他の二人は、それまでの仕事を止めずに、昼休みや夕方にやってきて手伝った。ボールドウィンの担当は会計だったが、コーヒーに就いての知識を更に追求していた。バウカーは実務には向かなかった。

店は、1971年から1976年までは Western Avenue 2000番地にあったが、その後 Pike Place 1912番地に移転した。("Pike Place Market" 及び "Seattle City Clerk's Neighborhood Map Atlas - PIKE-MARKET" を参照)。

その後事業は拡大し、1980年には店舗も6店までに増えるが、この年には、既に事業に情熱を失っていたゼヴ・シーグルが、持ち株を、他の二人に売却してスターバックスを去ってしまう。また、バウカーは、オーナーの地位に留まっていたとはいえ、興味が別の事業に移ってしまっており、日々の具体的な経営を行なっていたのはボールドウィンだけだった。

開業してから10年後、1981年にシアトルのスターバックスを、ニューヨークのビジネスマン、ハワード・シュルツ (Howard Schultz) が訪れる。1953年7月19日ニューヨーク市 (New York City) ブルックリン地区 (Brooklyn) の貧しい家庭に生まれ育って、苦学して大学を出た後、ゼロックス (Xerox Corporation) のセールスマンなどを経て、当時のシュルツは、スウェーデン (Sverige) の家庭用プラスティック製品製造業者 Hammarplast の米国での営業マネージャーをしていた。彼は、Hammarplast 製のドリップ・コーヒーメーカーを、どのデパートよりも数多く仕入れてくれていたコーヒー豆販売店に興味を持ったのだった。パイク・プレイスの一号店を訪れたシュルツは、スターバックスでの丁寧で熱心な仕事ぶりに感銘を受ける。

スターバックスで働きたいと考えたシュルツは、東海岸の遣り手営業マンであるシュルツとの肌合いの違いに尻込みするスターバックスの二人のオーナー、ボールドウィンとバウカーを説得して、1982年9月にマーケティングと営業担当責任者としてスターバックスに入社する。

1983年春、国際見本市に出席するためイタリアのミラノを訪れたシュルツは、そこでのコーヒー・バーの居心地の良さに感激し、美味しいエスプレッソ・コーヒーが飲めるだけでなく、社会的・文化的な場としての役割も果たす店舗を米国とカナダに展開しようと、スターバックスの両オーナーに主張する。しかし、「良質な焙煎豆の販売」にこだわるオーナーたちは、「飲食業」への進出を望まず、シュルツの主張を認めなかった。逆に、ボールドウィンとバウカーは、1984年にサンフランシスコでのピートの事業を買収して、焙煎豆の小売販売に一層傾斜する。しかし、この結果、スターバックスは多額の負債を抱えることになった。

シアトルとサンフランシスコ双方で事業を管理しなければならなくなっボールドウィンのもと、シアトルのスターバックス従業員の士気は低下する。更に財政が逼迫したために賞与が支給されなくなった際に労働争議が発生する。これにショックを受けたボールドウィンはスターバックスの経営から逃げ腰になってしまった。

このころ、シュルツはボールドウィンを何とか説得して、試験的に飲料の販売をスターバックスの店舗で行なう。条件の悪いなか良好な成績があがってシュルツは喜び、ボールドウィンも考え方を改めるだろうと期待したが、ボールドウィンの態度はかたくなだった。

スターバックスの将来に展望を持てなくなったシュルツは、スターバックスを離れて、自分自身で新規事業を起こすことを考えるようになる。そうしたなかで、彼は弁護士のスコット・グリーンバーグ (Scott Greenberg) と出会い、自分の構想が有望であると励まされる。シュルツの不満を知ったボールドウィンとバウカーは、むしろシュルツが新規事業に始めることに肯定的で、計画が具体的なものになるまでは、それまでの地位に留まることに同意するのだった。

1985年、シュルツはスターバックスを去る。そして、自らシアトルにエスプレッソを提供するイタリアン・コーヒーの店舗チェーンを経営に乗り出した。ボールドウィンは開業資金を15万ドル投資してくれた上、シュルツの要請によって、新会社の取締役になった。バウカーも、6ヵ月契約で非常勤のコンサルタントを引き受けた。シュルツとバウカーは、1985年12月にイタリアのミラノとヴェローナにエスプレッソ・コーヒーバーの視察旅行に行っている。

店の名前はバウカーの提案に従って「イル・ジョルナーレ ("Il Giornale") 」になった。イタリア語で「日刊新聞」とか「日誌」を意味する言葉である。

1号店が1986年4月に開店したシュルツの「イル・ジョルナーレ」は成功する。半年後にはやはりシアトルに2号店、1987年4月にカナダ、バンクーバーに3号店が設けられた。そして1987年中間業績として、3店の販売年額は150万ドルに達した。

一方、スターバックス経営から別の事業へと興味が移っていたバウカーは、その事業のための資金が必要だった。また、ボールドウィンは、シアトルとサンフランシスコとの間の行き来や、スターバックスでの労働問題に倦んでいた。スターバックスと「ピートの店」とのうちの一つを選ぶと議論の余地なく「ピートの店」と云う気分だったのだ。1987年3月、二人はスターバックスの全てを売却する決心をする。

これを知ったシュルツはすぐに行動を開始する。彼は、自分の事業のためにスターバックスの獲得が必要であることを理解していた。数週間のうちに、シュルツは買収資金380万ドルを調達する。1987年8月に買収手続き完了。契約後、シュルツとグリーンバーグはイル・ジョルナーレ1号店へ歩っていき、窓際のテーブルに陣取ると、エスプレッソで乾杯したと云う。イル・ジョルナーレとスターバックスは統合され、新会社の名称は「スターバックス・コーポレーション」("Starbucks Corporation") とされた。ハワード・シュルツは、新スターバックスの社長兼最高経営責任者に就任した。

その後、スターバックスは成長を続ける。1996年には東京銀座の松屋店がオープンして、北米以外に初めて店舗を持つ(もっとも、1994年に成田空港内で一時期営業をしたことがあるが撤退していた)。1998年、コーヒーチェーン店の買収によりイギリス進出。2006年11月現在、全世界に直営店、7102店(米国内には5668店)、提携店が5338店(米国内3168店)、総計12,440店が存在する。


スターバックス・ロゴの変遷

Starbucks_logo_until_19871971年コーヒー豆の販売店としてスターバックスが出発した際のロゴは、あからさまに海又は水の女怪をモチーフにしており、簡単には「双尾の人魚 (女性) (Mermaid)」と言い表わせるものであった。船員たちを蠱惑して破滅させると云う特徴に注目するなら、代表的なものがギリシア神話(特に「オデュッセイア第12歌」)に登場するため、それに従ってセイレーン (Siren. ギリシア語複数形では Σειρήνες) と呼ばれることもある。警笛を意味する「サイレン」の語源であるのは周知の通り。

更に、女性の水怪として "Melusina (Melusine)" や ローレライ (Loreley) も同じ系譜に属する。

このセイレーンのロゴを提案したのも、テリー・ヘクラーだったらしい。ネットで引用されている、シュルツの記述によれば ("Pour Your Heart into It: How Starbucks Built a Company One Cup at a Time"):

"Terry [Heckler] also poured over old marine books until he came up with a logo based on an old sixteenth-century Norse woodcut: a two-tailed mermaid, or siren, encircled by the store's original name, Starbucks Coffee, Tea, and Spice. That early siren, bare-breasted and Rubenesque, was supposed to be as seductive as coffee itself." [pg. 33]
さらにテリーは、海事関係の古書を何冊もひろげて、双尾の人魚(つまりセイレーン)を描いた16世紀ノルウェーの古い木版画を元にして、周りを当初の店名 "Starbucks Coffee, Tea, and Spice" で縁どることで、ロゴを作り上げたのだった。この胸乳を露にしたルーベンス風の最初のロゴは、コーヒーそのものと同じぐらい蠱惑的であることを意図したものだった。(第33ページ)

ヘクラーが、エリザベス朝ロンドンにあった [人魚亭] ("Mermaid Tavern") を意識していたかどうかは不明だが、元になっている発想は同じだろう。

Original_twin_tailed_siren_1実は、初代のスターバックス・ロゴが下敷きにした図版は、ほぼ分っている。"Deadprogrammer's Cafe ≫ How the Starbucks Siren Became Less Naughty" によれば、 Juan Eduardo Cirlot による "A Dictionary of Symbols" の "siren" の項にあるそうだが、そのほかにも Ad De Vries による Elsevier's Dictionary Of Symbols And Imagery: In English With Definitions (イメージ・シンボル事典) の "melusina" の項にも掲載されている(私が確認したのは大修館書店刊の日本語版)。

初代のスターバックス・ロゴと、木版画板とを比較すると、基本的に同一の図像であることは議論の余地はないが、Michael Krakovskiy ("Deadprogrammer's Cafe" 作成者) も指摘しているように、両者には微妙な、そして重要な違いがある:

  1. 木版画版では、女性像の腹部の膨らみを強調するために入られていたハッチングが、スターバックス・ロゴでは、ほぼ消されている。

  2. 木版画版では、目立っていた臍穴が、スターバックス版では目立たないものになっている。

  3. 木版画板では、深く切れ込んだ二本の尾の境目が、スターバックス版では、なだらかなものになっている。

  4. 木版画板では、微妙に沈痛な表情(特に口元)であるのが、スターバックス版では、微笑している。

基本的に改変は「あからさまに性的な要素を取り除く」と云う方針で行なわれたと思しい。

二つの図像は、基本的に同一だから、もちろん共通点もある訣だが、特に目立つものは:

  1. 胸乳を露出している(両方とも)。

  2. 両手のそれぞれで、二本の尾のそれぞれを支えている。

  3. 王冠を被っている。

  4. 長い髪を背中にたらしている。

あと、もう一つ初代のスターバックス・ロゴの特徴として指摘しておかねばならないのは、その色彩である。それは、焙煎したコーヒー豆を連想させる(seal brown か?)。

Peetslogoちなみに、初代のスターバックス・ロゴと "Peet's Coffee & Tea" の(現在の) ロゴとは、ほぼ同一色である。焙煎コーヒー豆販売店としてのスターバックスが創業した1971年当時の "Peet's Coffee & Tea" ロゴ (もしあったとしての話) が、現在のものと、少なくとも色彩が同一であるかどうかの確認はとれなかったが、スターバックス・ロゴの色彩選択に影響を及ぼした可能性はある。

Il Giornarle color logoスターバックス・ロゴには、もう一つ源流がある。それは、シュルツがスターバックスを離れていた時に経営していた「イル・ジョルナーレ ("Il Giornale") 」のロゴである。円の中央に、ローマ神話のメルクリウス (Mercurius. 英文表記では Mercury) の横顔を配し(翼の付いた帽子らしいものも見える)、その周りを、文字 "IL GIORNALE" と3 + 3 個の星で縁どったものだった。

この星が何を象徴しているのかは、確認がとれなかった。もちろん、メルクリウスは水星をも意味する言葉ではあるが、それとの関連性も不明。更に、話を広げると、一応西洋占星術や錬金術のことも考えなければならなくなるだろうが、今その余裕はない。

注意すべきなのは、シュルツの著作 "Pour Your Heart into It: How Starbucks Built a Company One Cup at a Time") に書かれているように、このロゴが緑色を基調にしたものであったことである:

Il Giornarle monochrome logo "Our logo reflected the emphasis on speed. The Il Giornale name was inscribed in a green circle that surrounded a head of Mercury, the swift messenger god." [pg. 88] (Note: Please excuse the poor condition of the Il Giornale logo. I scanned the image from a many times photocopied memo from Il Giornarle letterhead.) 私たちのロゴは、素早さの強調を反映したものだった。"Il Giornale" と云う店名が書き込まれた緑色の円が、素早く知らせを伝える神「マーキュリー (Mercury)」の頭部を取り囲むように配置されていた。[第88ページ] (「イル・ジョルナーレ ("Il Giornale") 」のロゴが見づらいことをご勘弁願いたい。この画像は、イル・ジョルナーレのレター・ヘッドから何遍もコピーを繰り返したメモをスキャンして得られたものなのだ。)

Starbucks_logo_198719921987年、スターバックスとイル・ジョルナーレとの統合に応じて、ロゴも変更される。中心となる像は、初代のスターバックス・ロゴに従って「セイレーン」が採用されたが、色はイル・ジョルナーレの緑色が選ばれた。また、扱う商品が変更になったので、縁どりの文字も、"Starbucks Coffee, Tea, and Spice" から "Starbucks Coffee" (そして、星 1 + 1 個) になった。

再び、シュルツの説明を引用するなら:

"To symbolize the melding of the two companies [Il Giornarle and Starbucks] and two cultures, Terry [Heckler] came up with a design that merged the two logos. We kept the Starbucks siren with her starred crown, but made her more contemporary. We dropped the tradition-bound brown, and changed the logo's color to Il Giornarle's more affirming green." [pg. 108]
両社 [スターバックスとイル・ジョルナーレ] と、その文化の融合を象徴するために、テリー・ヘクラーは、その二つのロゴを一つにまとめたデザインを作り上げた。スターバックスのセイレーンは星を付けた王冠を被せて残したが、ヨリ現代風にした。また、ロゴの色は、古めかしい茶色は止めて、イル・ジョルナーレの、ヨリ積極的な感じの緑色へと変更した。[第108ページ]

初代から二代目のロゴへの変更点は、図案の様式化を進めた(「より現代風にした」)だけではない。次のような特徴がある:

  1. 視覚的な厚みを意図的に排除しており、腹部に膨らみは全く感じられない。

  2. 髪の毛を背中に垂らさず、胸の方に垂らすようにしたことで、両乳首を隠した。

  3. 二本の尾の間の境目が実質的になくなっている。

  4. 顔が正対しているため、表情が明白に archaic smile になっている。

ただし、この段階では臍穴は残っていた。また、尾が、全体としての様式化により、水の関わり合いが薄れているのを補う形で、尾の文様が、波形になっている(もっもと、初代の鱗形が失われたと云う見方もできる)。

なお、セイレーンの「星を付けた王冠」には、メルクリウスの「翼が付いた帽子」が名残を留めているのかもしれない。だから、スターバックス・ロゴは、ヒョッとすると、手塚治虫の [ビッグX] や、鳥山明の [Dr.スランプ アラレちゃん] と細い線でつながっていると想像することはできる。

ただし、これに関連して書いておくと、"melusina" (melusine) や "Alchemical siren" は、しばしば冠を被った姿で描かれる。以下を参照:

Starbucks_logo_from19921992年、スターバックスは、再度ロゴを変更する。[二代目] でさえ、性的でありすぎると反発する顧客があったため(ただし風評)という。この年、スターバックスは NASDAQ に株式上場を行なっており、それが影響した可能性もあるだろう。

シュルツは、その著作で "In 1992 we also asked Terry Heckler to revise our logo: She stayed mostly the same but lost her navel. [pg. 309]" (1992年、我々は、テリー・ヘクラーに、スターバックス・ロゴを改訂するよう依頼した。その結果、女性像は、ほぼ元のままだが、臍穴がなくなることになった。[第309ページ]) と言っているが、勿論、他にも変更が加えられている。画像の一部を拡大して、はみ出た部分を切り落としたと云うのが、変更の要旨なのだが、その際、画像の中心を、二代目における胸から、三代目では顎に移している。このため、「風評」云々は別として、たしかに更に性的な含意は削ぎ落とされることになった。

目立つ変更点をまとめると:

  1. シュルツも認めるように、臍穴が見えない。

  2. セイレーンの下半身が、ほぼ見えなくなって、僅かに二本の尾の先端部分が「見切れる」ように移りこんでいるだけになっている。

  3. 尾の文様が、波形からヘリングボーン (herringbone) 風になっている。

Starbucks_logo_original2実は、スターバックスのオリジナル・ロゴと呼ばれるものには、別のパターンがある。ロゴの周囲銘文が "Starbucks Coffee, Tea, and Spice" ではなくて "Starbucks Fresh Roasted Coffee" になっているものだ。

2006年9月にスターバックスが創立35周年記念として、ワシントン州 (本社がある) とオレゴン州 (ワシントン州の南隣にある) 内の店で出すコーヒーのカップに付けてあるロゴを「オリジナルのもの」に差し替えたのだが、その時のロゴは、こちらの方だったらしい。("The Insider: Principal roasts Starbucks over steamy retro logo" 参照)

参考サイト:

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

ちなみに: [人人為我,我為人人] ([人人为我,我为人人]) は、よく使われる「中国語表現」である。

記事 ["One for all, and all for one" (「一人は万人のために、万人は一人のために」) に就いて] (2007年1月30日) 末尾で触れた [人人為我,我為人人] (簡体字では [人人为我,我为人人])、或いはむしろ [我為人人,人人為我] ([我为人人,人人为我]) は、よく使われる「中国語表現」である。

名人名言/經典名人名言30句」や「Yahoo! 雅虎 知识堂 [“我为人人,人人为我”出自何处?]」から分かるように、それが、アレクサンドル・デュマ・ペール (大仲马) の小説 [三銃士] ([三个火枪手] 又は [三劍客]) に由来すると云うことも、少なくともある程度は知られている(これは日本でも同様だろう)。

[雷锋纪念馆ウェブサイト中の或るページ] に見られるように、 [我為人人,人人為我] は、中国共産党が伝説的な労働英雄に仮託した期待される労働者像の属性であるだけでなく(「团结友爱,互相帮助,我为人人,人人为我的良好风气,雷锋正是在这样的时代精神熏陶下茁壮成长起来的」)、党が現在の人民に口を酸っぱくして説いている道徳律でもある。

形成我为人人、人人为我的社会氛围
2007年01月19日01:14

 ●我为人人和人人为我是辩证统一的整体,二者不能分割。只有先做到我为人人,才能实现人人为我。这种价值取向是与社会主义核心价值体系相一致的正确价值取向。
 ●我为人人、人人为我的价值取向,对国家、对社会、对他人充满责任感,是调节人际关系、维护社会秩序、促进社会和谐的润滑剂。
 推进和谐文化建设,构建社会主义和谐社会,是我们当前面临的重大战略任务。党的十六届六中全会《决定》指出,要“推动形成我为人人、人人为我的社会氛围。”和谐文化建设首先要求树立正确的价值取向。我为人人、人人为我,是处理个人与他人、个人与社会关系的正确价值取向。大力倡导我为人人、人人为我的价值取向,对于促进社会和谐具有极其重要的意义。

《人民日报》 (2007-01-19 第09版)

残念ながら、[我為人人,人人為我] が、いつごろから党中央のスローガンとして採用されたかは、確認できなかった。

北京大学付属中学の卒業生らしい [欧阳程] (北大附中63—11班) は、「1958—1963年,是国际共产主义大论战的年代,是国际风云变幻的年代;是中国人民告别大跃进、与自然灾害抗争的年代;是全国人民学雷锋,人人为我、我为人人的年代。」と回想している(难忘的五年)。

しかし、大躍進政策の惨澹たる失敗に応ずる形で毛沢東の後に劉少奇国家主席を襲ったのが 1959年4月27日、雷鋒の殉職は 1962年8月15日、毛沢東の「向雷鋒同志学習(雷鋒同志に学ぼう)」は、1963年3月5日で、若干の齟齬がある(ちなみに、所謂 [廬山会議] は、1959年7月/8月である)。どうやら、[我為人人,人人為我] は、大躍進政策の当時、既に使われていたらしい。毛沢東は、このスローガンに反対する立場を取っていたと云う。

      在群己關係上,1958年紅專討論的時候,曾有一個流行的觀點,即「人人為我,我為人人」,並把它看成是「無產階級的信條」14。毛澤東非常不以為然,他說15

    斯大林只談經濟,不談政治,雖然說忘我勞動,其實多作一小時也不行,都不能忘我。人的作用,勞動者的作用不談。如果沒有共產主義的運動,想過渡到共產主義是困難的。「人人為我,我為人人」不妥當,結果都離不開我。有人說馬克思講過的,是馬克思講過的我們可以不宣傳。人人為我,是人人都為我一個人,我為人人,能為幾個人?

    14:〈人人為我,我為人人〉,《人民日報》社論,1958年3月15日。
    15: 《毛澤東思想萬歲》(1969),頁248-49。
    --《二十一世紀》網絡版


政治関連以外のことも書いておこう。

日本語の [生活協同組合] に相当するのは "消費合作社" ("消费合作社") と呼ばれるものであるらしいが、これについて言えば、台湾 [國立勤益技術學院員生消費合作社] のスローガンは [我為人人。人人為我。互助合作。團結進步] である。

また [吴念鲁] と云う人物が亡父 [吴朗西] (吳朗西。作家、翻訳家。巴金と親交があったらしい。また、日本に留学していたことがある由) の想い出を綴った [忆父亲吴朗西] には、[吴朗西] が重慶で [消费合作社] を創設したと云うくだりがあるが、そこでも:

父亲于1939年9月回到重庆沙坪坝。后来,在父亲、巴金、田一文、陈辉等人努力下,终于在重庆民国路开办了文化生活出版社重庆分社,父亲任总经理,巴金任总编辑兼副总经理。
沙坪坝是重庆一个文化区,但是由于交通不便,销售渠道不畅通,使一些投机商人囤积居奇,特别是生活必需品的价格不断上涨,居民生活很不方便。
父亲为了改变这一状况,在他的互助、互爱、互利思想指导下,以"人人为我,我为人人"为服务宗旨,创办了消费合作社。

学校のモットーにも使われていて、香港のキリスト教系私立校 (幼稚園から、日本における高校ぐらいまでの一貫校) [民生書院 (Munsang College)] の校訓は、[人人為我,我為人人] である。

[生命保険] は、中国語では [人壽保險]。

人壽保險是「我為人人,人人為我」的經濟制度,以提供個人或家庭因生、老、疾病、殘廢及死亡所導致的生活不安定,給予確定的經濟生活保障為宗旨。
--壽險保戶手册

高尧 (高堯) と云うサッカー選手(山東魯能泰山隊所属)は、「你的座右铭是什么?」(あなたの座右の銘は?) と聞かれて、「我为人人,人人为我 」と答えている(高尧:我为人人,人人为我)。


ちなまれているのは: "One for all, and all for one" (「一人は万人のために、万人は一人のために」) に就いて

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

[八代集秀逸]中のよみ人知らず歌リンク集

藤原定家撰版の [八代集秀逸] (岩波文庫 [王朝秀歌選] 所収) には、[よみ人知らず]の歌が6首収められている。それぞれに就いてのリンクをまとめた(各歌の前の数字は、[八代集秀逸] 内での番号付け)。

2. 鳴きわたる 雁の涙や 落ちつらむ 物思ふ宿の 萩の上の露 (古今221)

古今和歌集の部屋 巻四 221
時代統合情報システム [古今集 巻四:秋上] [00221]
古今和歌集 [221]
「近代秀歌」翻字データベース [古今巻四221 読人しらず]
秀歌体大略 (千人万首) [秋 32 読人不知 古今]
源氏物語 36 柏木 第五章 夕霧の物語 柏木哀惜 [注釈326: もの思ふ宿は]
中古 よみ人しらず (千人万首付録) [古今221]

本歌取り
  刑部卿頼輔、歌合し侍りけるに、よみて遣はしける
聞く人ぞ涙は落つる帰る雁鳴きて行くなる曙の空
--藤原俊成 [春 新古今] (千人万首) [新古今 59]

なき渡る雲ゐの雁の涙さへ露おく袖の夜半のかたしき
--俊成卿女 [水無瀬恋十五首歌合] 秋恋 [十三番 左 持]



8. 名取川 瀬々の埋れ木 あらはれば いかにせむとか 逢ひ見初めけむ (古今650)

古今和歌集の部屋 巻十三 650
時代統合情報システム [古今集 巻十三:恋三] [00650]
古今和歌集 [650]
近代秀歌 例歌 (千人万首) [恋 61]
秀歌体大略 (千人万首) [恋 94 読人不知 古今]
中古 よみ人しらず (千人万首付録) [古今650]

本歌取り
  攝政太政大臣家歌合によみ侍りける
ありとても逢はぬためしの名取川朽ちだにはてね瀬々の埋木
--寂蓮 [新古今 卷第十二:戀歌二 1118]

なとり川わたればつらし朽ち果つる袖のためしのせぜの埋れ木
--定家朝臣 [水無瀬恋十五首歌合] 河辺恋 [六十一番 右] (「勝」は左「左大臣良経 泊瀬川ゐでこす波の岩の上におのれくだけて人ぞつれなき」)



10. たがみそぎ ゆふつけ鳥か 唐衣 立田の山に をりはへて鳴く (古今995)

古今和歌集の部屋 巻十八 995
時代統合情報システム [古今集 巻十八:雑下] [00995]
古今和歌集 [995]
古今集秀歌選 [0995]
吉川栄治研究室(滋賀大学) [古今集:巻18/雑下/0995/読人不知]
「ユフツケドリ」詠
鳥を詠める和歌 [古今和歌集 十八雑 よみ人しらず]

大和物語 百五十四段
大和の國なりける人のむすめ、いときよらにてありけるを、京よりきたりける男のかいまみて見けるに、いとおかしげなりければ、ぬすみてかき抱きて馬にうちのせて逃げていにけり。いとあさましうおそろしう思ひけり。日暮れて立田山にやどりぬ。草のなかにあふりをときしきて、女を抱きて臥せり。女、恐しと思ふことかぎりなし。わびしと思ひて、男の物いへど、いらへもせで泣きければ、男、
   たがみそぎゆふつけどりか唐衣立田の山におりはえてなく
女、かへし、
   立田川いはねをさしてゆく水の行方もしらぬわがごとやなく
とよみて死にけり。いとあさましうてなむ、男抱きもちて泣きけり。
--歌物語という「語り」~「大和物語」百四十九段~百五十五段 [154段]
--大和物語 [154:ゆふつけ鳥]



11. つつめども 隠れぬものは 夏虫の 身より余れる 思ひなりけり (後撰209)

詞書: 桂の皇女(みこ)の「蛍をとらへて」と言ひ侍りければ、童(わらは)の汗衫(かざみ)の袖につつみて
時代統合情報システム 後撰集 巻四:夏 [00209]
後撰集秀歌選 [巻第四:夏歌 0209]
後撰和歌集卷第四 夏歌 [桂のみこの螢を捕へてといひ侍りければ童のかざみの袖につゝみて]
「近代秀歌」翻字データベース [後撰巻四209 読人しらず]
和漢朗詠集
虫を詠める和歌 [後撰和歌集 四夏]
詠歌一體 藤原爲家 [国文研/後撰和歌集/後撰和歌集巻第四/夏歌 0209]

今物語 四
 ある殿上人ふるき宮ばらへ夜ふくる程に参りて。北のたいのめむだう(馬道)にたゝずみけるに。局におるゝ人の気色あまたしければ。ひきかくれてのぞきけるに。御局のやり水に蛍のおほくすだきけるを見て。さきにたちたる女房の。蛍火みたれとびてとうちながめたるに。つぎなる人。夕殿に蛍とんでとくちずさむ。しりにたちたる人。かくれぬものは夏むしのとはなやかにひとりごちたり。とりどりにやさしくもおもしろくて。此男何となくふしなからんもほいなくて。ねずなきをしいでたりける。さきなる女房。ものおそろしや。蛍にも声のありけるよとて。つやつやさはぎたるけしきなく。うちしづまりたりける。あまりに色ふかくかなしくおぼえけるに。今ひとり。なく虫よりもとこそととりなしたりけり。是もおもひ入たるほどおくゆかしくて。すべてとりどりにやさしかりける。
   後拾おもひにもゆる〔首書〕
音もせてみさほにもゆる蛍こそ鳴虫よりも哀成けれ
蛍火乱飛秋已近。辰星早没夜初長。
夕殿蛍飛思悄然。
後撰 つゝめともかくれぬ物は夏むしの身よリあまれる思ひ成けり
--今物語 第四話
//ゑびすや贅言: なんと艶やかな情景だろう。

参考:
  ほたるをよみ侍りける
音もせで思ひにもゆる蛍こそなく虫よりもあはれなりけれ (後拾遺216)
--源重之 (千人万首) [夏]

蛍火乱れ飛びて 秋已に近し
辰星早く 没(かく)れて 夜初めて長し
蛍火乱飛秋已近。辰星早没夜初長。元
--和漢朗詠集

元稹 [夜坐]
雨滯更愁南瘴毒,月明兼喜北風涼。
古城樓影橫空館,濕地蟲聲繞暗廊。
螢火亂飛秋已近,星辰早沒夜初長。
孩提萬里何時見,狼藉家書滿臥床。
--簫堯『中國詩苑』《全唐詩》卷四百一十五 [卷415_28 《夜坐》元稹]


14. 秋風に さそはれ渡る 雁がねは 物思ふ人の 宿をよかなむ (後撰360)

時代統合情報システム 後撰集 巻七:秋下 [00360]
後撰和歌集・ 巻第七 秋下 [360 題しらず]
後撰和歌集卷第七 秋歌下 [題志らず]
「近代秀歌」翻字データベース [後撰巻七360 読人しらず]
近代秀歌 [後撰和歌集/後撰和歌集巻第七/秋歌下 0360]
近代秀歌 (縦書き表示) [後撰和歌集/後撰和歌集巻第七/秋歌下 0360]
秀歌体大略 (千人万首) [秋 38 読人不知 後撰]
中古 よみ人しらず (千人万首付録) [後撰360]
詠歌大概



24. いかにして しばし忘れむ 命だに あらば逢ふ夜の ありもこそすれ (拾遺646)

時代統合情報システム 拾遺集 巻十一:恋一 [00646]
拾遺和歌集 646
拾遺和歌集卷第十一 戀一
中古 よみ人しらず (千人万首付録) [拾遺646]

清原深養父
いかで猶 しばし忘れん 命だに あらば逢ふ世の ありもこそすれ
--深養父集増補 [60-]

本歌取り
  題しらず
あすしらぬ命をぞ思ふおのづからあらば逢ふよを待つにつけても
--新古今 巻第十二 恋歌二 殷富門院大輔 (新古1145)

  建保五年四月庚申、久恋といへる心をよみ侍ける
こひしなぬ身のをこたりぞとしへぬるあらばあふよのこゝろづよさに
--新勅撰和歌集 巻第十二 恋歌二 権中納言定家 [746]



| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

"One for all, and all for one" (「一人は万人のために、万人は一人のために」) に就いて

記事 [「一人ひとりに、それぞれの必要に応じて。一人ひとりが、その能力に応じて。」と「全員が一人ひとりのために。一人ひとりは全員のために。」] (2007年1月26日) で書いた [三銃士 (ダルタニャン物語 第一部)] ("Les Trois Mousquetaires" 1844年) に現われる "Tous pour un, un pour tous." (「全員が一人のために。一人は全員のために。」) の対応英語形は "One for all, all for one" になる。この変異例としては "One for all, and all for one" や "all for one, one for all" 或いは "All for one, and one for all" がある。日本語の「一人は万人のために、万人は一人のために」も、この系統とみなして良いだろう。

"Voyage en Icarie ([イカリア旅行記] 第3版 1845年)" 表紙における "Tous pour chacun. Chacun pour tous." (全員が一人ひとりのために。一人ひとりは全員のために。) が、どう関わるのかは、未確認。


で、取り敢えず話を日本に限ると 「一人は万人のために、万人は一人のために」(変異例:「みんなが一人のために、一人はみんなのために」)や "One for all, all for one" 等は、様ざまな組織及び個人の pet philosophy になっている:

生活協同組合 (生協)
コープこうべ
全国生協連
大学生協
農業協同組合 (農協)。 ただし「"Each for All, All for Each (一人は万人のために 万人は一人のために)"」を採用している。
JA (農協) 東京中央会
JA 全農
JA 全中
その他の協同組合
全労済
労働組合
動労千葉
自治労群馬県本部
自治労横浜
関西合同労組
全日本郵政労働組合 英文による組織紹介のタイトルが "One for all, all for one"
チーム競技
ラグビー (愛知県「岡崎ラグビースクール」)
サッカー (神戸大学体育会サッカー部)
野球 (松坂大輔)
ソフトボール (茨城県東海村「舟石川ソフトボールスポーツ少年団」)
バレーボール (Vリーグ「トヨタ自動車」チーム)
フットサル (フットサルラボ:脱初級者フットサルブログ)
ラクロス (東京女子体育大学・ラクロス部)
駅伝 (99年北大駅伝)
モダンダンス (大東文化大学モダンダンス部)
チアリーディング (福井県 WENDYS)...
バンドスタイル又はシンガーチームスタイルのタレントの features
H.P.オールスターズ: "Hello! Project" のユニット。「ALL FOR ONE & ONE FOR ALL!」は、その楽曲名。
氣志團ちゃんブログ:ONE FOR ALL.ALL FOR ONE. (2006年4月21日)
学校/課外活動のモットー
聖ドミニコ学園小学校(東京都世田谷区)
山口県立豊北高等学校
岡山県立矢掛高校吹奏楽部
学園祭・運動会のテーマ
西九州大学福祉医療専門学校・佐賀調理製菓専門学校の合同学園祭
沖縄キリスト教学院大学・沖縄キリスト教短期大学 学生会2006キリ学祭
横浜市國學院大學幼児教育専門学校“若葉祭”
文教大学付属中学・高等学校学園祭 (東京都品川区旗の台)
神戸山手女子中学校・神戸山手女子高等学校
啓新高校(福井県)
広島県立加計高等学校
大阪産業大学
横浜市立日限山中学校
舞鶴市立城南中学校
高知県立高知追手前高等学校吾北分校
山口県立南陽工業高等学校体育祭...
成人式の標語
秋田県横手市
政治家の看板文句
豊島区議会議員 池田なおひろ (自由民主党)
衆議院議員 後藤田 正純 (自由民主党)
前・衆議院議員 田中慶秋 (民主党)
山口県下関市議会議員 長ひでたつ (公明党)
千葉県浦安市議会議員 辻田あきら
福井県議会議員 のだ富久 (県民連合)
神奈川県知事 松沢成文
長野県下伊那郡下條村議会議員 宮島きよのぶ
衆議院議員 森喜朗 (自由民主党)
ブログのタイトル
多数。無慮数百あるようだ。
個人の「好きな言葉」/「座右銘」
多数。

なにか、こう目眩いがしてくるね。

保険会社も、しばしば「一人は万人のために、万人は一人のために」を標語にする:

その根拠にしているのは、ドイツ語形の "Einer für Alle, Alle für Einen" のようだ。これは、直接にはドイツ(その後米国に移住)の保険学者 Alfred Manes によるらしいが、それが更に由来するものがあるかどうかは、私には不明。

外国での対応表現の使われ方に就いて調べてみるつもりだったが、別の機会を俟つことにする。

    参考になるかもしれないサイト:
  • One for all, and all for one - Wikipedia: 記事中、"One for all, and all for one" をモットーとする団体として具体的に挙げられているのは "Hells Angels" だけである。
  • Panthéon de Paris - Wikipedia: 2002年11月30日に Alexandre Dumas がパリ・パンテオンに改葬された際に、棺にかけられた drap bleu には "Tous pour Un, Un pour Tous " と記されていたと云う (Alexandre Dumas, samedi 30 novembre 2002)。
  • Rugby School Internet Services: rugby football が始まったとされるイングランドの public school "Rugby School" のサイト。"one for all" や "all for one" に就いて特記している様子は見られない。「学校新聞」である "The Grapevine" 2006年2月号に "This term has been a pretty amazing one for all the badminton squads,..." とあるが、これは「今期は、バドミントンチームの全てが素晴らしい成績を残した」と云うこと。
  • Rugby Football Union: 英国ラグビーフットボール協会のサイト。"one for all" や "all for one" に就いて特記している様子は見られない。
  • RugbyRugby: Latest News: ラグビーフットボールの専門サイト中の記事。"one for all and all for one" と云うスローガンに就いての言及がある。
  • Unus pro omnibus, omnes pro uno - Wikipedia: ラテン語。非公式ながらもスイスの伝統的モットー。
  • Trivia for The Truman Show (1998) によれば、映画 "The Truman Show" (1998年) には、"UNUS PRO OMNIBUS, OMNES PRO UNO" が町のモットーとして登場する。この映画は、1967年のイギリステレビドラマシリーズ "The Prisoner" (「プリズナーNo.6」) を意識している。
  • Solidarität im Verfassungsstaat:「立憲国家における団結」"Einer für Alle, Alle für Einen" や Alfred Manes の話が出てくる。副題: "Grundzüge einer normativen Theorie der Verteilun" は「分配の標準理論の基本的特徴」と言ったところか。
  • 集団主義 - Wikipedia 曰わく: 「One for All , All for One」(1人はみんなのために、みんなは1人のために)というスローガンは、個人主義的な成員に、心理的に集団と一体化しよう、と呼びかける理念・イデオロギーで、1844年にイギリスで生活協同組合運動が発足したときに考案されたもの。これを西欧的集団主義と把握する考え方がある。北朝鮮はこのスローガンを愛用し、全体主義批判に対し、自国は集団主義であると反論する。
  • 朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法: 第5章 [公民の基本権利及び義務] 第63条 朝鮮民主主義人民共和国において公民の権利及び義務は、「1人はみんなのために、みんなは1人のために」という集団主義原則に基づく。
  • Rochdale - Wikipedia: イングランド西北部の都市。協同組合運動 (cooperative) 発祥の地。
  • Rochdale Principles - Wikipedia: 初期協同組合運動の原則。"one for all, all for one." に類する箇条は見当たらない。
  • Statement on the Co-operative Identity - Wikipedia: "International Co-operative Alliance" (ICA 国際協同組合同盟) による協同組合運動宣言。

ついでに書いておくと "one for all, all for one." 及び "one for all, and all for one." に対応するロシア語表現は,それぞれ "Один за всех, все за одного." 及び "Один за всех и все за одного." また、イタリア語形は "Uno per tutti, tutti per uno." 及び "Uno per tutti e tutti per uno."

"Один за всех" "все за одного" が、Сергей Михайлович Эйзенштейн (セルゲイ・エイゼンシュテイン)の 映画 "Броненосец Потёмкин" (「戦艦ポチョムキン」)に出てくるらしいが、未確認(ただし "Battleship Potemkin: Scenario and script by Sergei Eisenstein" 参照)。(このパラグラフへの補足記事 [メモ:映画 [戦艦ポチョムキン] 中の「全員は一人のために 一人は全員のために 」] も参照されたい。)

"One for all, all for one." は、「ユートピア/革命の昂揚」の指標であるのと同時に、「ディストピア/革命の幻滅」隠蔽の指標でもあると言うべきか。

いみじくも、アレクサンドル・デュマ・ペール (Alexandre Dumas) は、このあたりの機微を、アトスとアラミスに「手を差し出して誓え!」と迫られたポルトスが、「ブツブツ口ごもりながらも、周りの勢いに気圧されて」(Vaincu par l'exemple, maugréant tout bas)、ダルタニャンとの四人で「全員が一人のために、一人は全員のために」と唱和したと、書いていることを忘れるべきではないだろう( [ダルタニャン物語 第一部「三銃士」"Les Trois Mousquetaires"] 第9章)。


    最後に、各国語おける問題の標語を改めてまとめておこう(主な変異例がある場合には、それも付ける):
  • フランス語: "Tous pour un, un pour tous."

  • 英語: "One for all, all for one." ("One for all, and all for one." )

  • ドイツ語: "Einer für Alle, Alle für Einen"

  • 日本語: 「一人は万人のために、万人は一人のために。」(「みんなは一人のために、一人はみんなのために。」)

  • イタリア語: "Uno per tutti, tutti per uno." ("Uno per tutti e tutti per uno.")

  • ラテン語: "Unus pro omnibus, omnes pro uno"

  • ロシア語: "Один за всех, все за одного." ("Один за всех и все за одного.")


    補足
  • スペイン語: "uno para todo, todo para uno." ("uno para todo y todo para uno.")

  • オランダ語: "Een voor allen, allen voor een." ("een voor allen en allen voor een.")

  • ポルトガル語: "um para todos, todos para um." ("um para todos e todos para um.")

  • 中国語形: "我為人人,人人為我" らしい。(中国語ウィキペディアのスイスの項 "瑞士" による。) "one" には「我」、"all" には「人人」が当てられているのが興味深い。

  • ハングル: "전체는 하나를 위해, 하나는 전체를 위해" 「チョンチェヌン ハナルル ウィフィェ, ハナヌン チョンチェルル ウィフィェ」か? (ハングル版ウィキペディアのスイスの項 "스위스" による。"전체"「チョンチェ」は「全体」の意、"는"「ヌン」は主題を表わす格助詞、"하나"「ハナ」は数詞「一」、"를"「ルル」は目的格助詞、"위해"「ウィフィェ」は目的を表わす用言「為である」。)


| | コメント (5) | トラックバック (4)
|

ちなみに: アシモフとリメリック


アシモフ (Isaac Asimov) の [黒後家蜘蛛の会] (創元推理文庫版で全5巻) を読んでいると、彼がリメリック (limerick) 好きだったのだろうと推測されるが、実際にそうだったようで、晩年、自作の物を多数含む "Lecherous Limericks" や "Limericks: Too Gross" と云ったリメリック集を出している(いづれも、私は未見)。

アシモフが、ある人物を主題にしたリメリックを書いて、当人に渡したと云う逸話も、ネットで見られる。

たとえば、アシモフがアーサー・C・クラーク (Arthur C. Clarke) に "Old Arthur C. Clarke of Sri Lanka" で始まるリメリックを送ったと云う話が、"Arthur C Clarke Isaac Asimov Limerick" と云うウェブページに載っている。

ディック・ストッジヒル (Dick Stodghill) と云う退役軍人の作家が作っているウェブページ "Dick Stodghill | A veteran writer's books, magazines and recollections of infantry combat in Normandy" でも、アメリカ探偵作家クラブ (Mystery Writers of America) の会合の席上で1980年に初めて、アシモフに会った際、アシモフがストッジヒル夫人の Jackie に "There was a young woman named Jackie" で始まるリメリックを捧げたと云う出来事が懐かしそうに回想されている。

付け加えるならば、地球外知的生命体探査 (Search for Extra-Terrestrial Intelligence, SETI) 計画の熱心な支持者でありリメリックの愛好家であったアシモフを記念して、The SETI League, Inc は1995年3月から1998年3月まで、リメリックコンテストを開催した(優秀作が公表されている)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|