« メモ: 童謡 "I know an old lady who swallowed a fly" に就いて | トップページ | メモ: 用語 "attractive nuisance" に就いて »

xyzzy で template-insert が効かなくなった。

まぁ、タイトル通り。

最近、私が行った操作/誤操作が引き起こしたことなのか、Windows (10) のアップデートの(副)作用なのか (その組み合わせもありうる)、あるいは、別の原因があるのか、私には一切不明である。単純に、私が必要な手順を忘却している可能性もある。もう、そういう年齢なんでね。。。

しかし、「私のミスである」と云う原因推定は、気休めに過ぎないたろうことは、私自身が承知している。私の手が届かないところで、何が起きたと覚悟した方が良いようなのだ。

template-insert が発動するのは、私の場合、TeX ファイルを作成する時だけなので、 (使い分けていないので1つしかない) preamble挿入専用の関数を作れば、問題を回避することは容易な筈だ。それでも、胸に重苦しいものが蟠る。

このこと以前にも、lisp ファイルのコンパイルができなくなっていたのだが、これは、私が今 (多分 Windows 8 以降) 使っているxyzzy が unicode ベースであるのに、lisp ファイルは、亀井氏によるオリジナル xyzzy が Shift-JIS ベースであることを反映して、Shift-JIS でコードされているためだと、それなりに納得していた。つまり、そのうち改善される可能性に希望をもっていたのだ。

しかし、亀井氏が撤退した後、引き継がれた開発 (xyzzy 0.2.2.253 リリースノート) は停止してしまって、4年が経過している。結局、頓挫してしまったと理解すべきだろう。

(勿論、unicode で動く、今の xyzzy には、多大の恩恵を被っており、その点に、私は感謝している。)

そして、私はそれを深刻に気にしていなかった。自分の書き癖にあわせて以前書いた、無慮数十又は百ほどの lisp 函数で、取り敢えずの用を弁ずることができていたので、「現状維持」のままで異存はないと思っていた。

つまり、私は、「現状維持」は「放置」ではない事実を、「放置」していた。しかし、放置されたシステムは腐朽する。末端利用者にも、その事実はのしかかる。

私は、今、かって美しい花々が萬朶と咲き誇った壮木が、老いると云うほど老いることなく立ち枯れていく姿を見ているのだと思う。樹木医の登場は期待できない。

|
|

« メモ: 童謡 "I know an old lady who swallowed a fly" に就いて | トップページ | メモ: 用語 "attractive nuisance" に就いて »

マイコンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40172/66663803

この記事へのトラックバック一覧です: xyzzy で template-insert が効かなくなった。:

« メモ: 童謡 "I know an old lady who swallowed a fly" に就いて | トップページ | メモ: 用語 "attractive nuisance" に就いて »