« メモ: 所謂「モンティ・ホール問題 (Monty Hall problem)」に就いて | トップページ | 本ブログ記事[等角速度円運動の旅行者における「双子のパラドクス」(2008年3月24日 [月])] 補足。あるいは、アインシュタインの「奇妙な結論」 »

[メモ:2011年6月8日 (水曜) 朝日新聞朝刊 [天声人語] 中の「ゲーテの言葉」] (2011年6月10日[金]) への補足。オリバー・クロムウェル(Oliver Cromwell) の言葉へのリードリヒ・アウグスト・フォン・ハイエク (Friedrich August von Hayek) の言及

経済学者 (と云う一言で片づけて良いのか私には判断が付かない。ただし、世間的な通りが良い言い方をするなら所謂「ノーベル経済学賞」1974年受賞者) フリードリヒ・アウグスト・フォン・ハイエク (Friedrich August von Hayek) に、"The Constitution of liberty" (邦訳名「自由の条件」) と云う著作がある。その第1部第3章 THE COMMON SENSE OF PROGRESS のエピグラフとして、次の一文が銘されている。

Man never mounts higher than when he knows not where he is going.
—Oliver Cromwell
人と云うものは、何処まで登るのか分かっていない時にこそ、一番の高みに到達する。
-オリバー・クロムウェル

本ブログの『メモ:2011年6月8日 (水曜) 朝日新聞朝刊 [天声人語] 中の「ゲーテの言葉」』及び『[メモ:2011年6月8日 (水曜) 朝日新聞朝刊 [天声人語] 中の「ゲーテの言葉」] (2011年6月10日[金])の訂正』で取り上げたクロムウェルの言葉

A man never goes so far as when he doesn't know where he is going.
のもとの形は、これだったのだろう (ちなみに、クロムウェルには言及していないが、『ドイツ語と英語の初歩。または、私は如何にして心配するのを止めて [メモ:2011年6月8日 (水曜) 朝日新聞朝刊 [天声人語] 中の「ゲーテの言葉」] 補足を書くことになったか』もご参照頂きたい)。

注意すべきは、「原形」では、出発点からの移動の大きさが「遠近」ではなく「高低」で表されていることだ。

メモ:2011年6月8日 (水曜) 朝日新聞朝刊 [天声人語] 中の「ゲーテの言葉」』でも書いたことだが、「どこへゆくかわからないときほど人間は遠くにゆくことは決してない。」と云う (岩波新書1969年[エスプリとユーモア]でタレーランによると紹介されていた) 言葉を読んだ時、私は、それが「目的地が明確でないと、とんでもないところに彷徨っていくことになる」か、或いは「目的地に縛られない時こそが、もっとも遠くまで進むことができる」ぐらいの意味だと感じた訣だが、これが、「人間は、何処まで登るのか分かっていない時にこそ、一番の高みに到達する。」であったのだったら、解釈の仕方は、「目的地に縛られない時こそが、もっとも遠くまで進むことができる」に対応する一通りだっただろう。

このことに就いてもう少し書いておくことができる。なぜなら、このエピグラフに続く文章で、ハイエクは、この言葉の出典を明らかにしているからだ。曰く

The quotation at the head of the chapter is taken from Jean François Paul de Gondi de Retz, Mémoires du Cardinal de Retz, de Guy-Joli, et de la duchesse de Nemours, contenant ce qui s'est passé de remarquable en France pendant les premières années du règne de Louis XIV (6 vols. in 8; Nouvelle édition; Paris:Chez Étienne Ledoux, 1820), vol. 2, p. 497, where President Bellièvre is recorded as having said that Cromwell once told him "on ne montait jamais si haut que quand on ne sait où l'on va."
--The Constitution of Liberty: The Definitive Edition - F. A. Hayek - Google ブックス
本章冒頭の引用句は、ジャン・フランソワ・ド・ポール・ド・ゴンヂ・ド・レ他著「レ枢機卿、ギ=ジョリ、ヌムール公爵夫人回想録。ルイ十四世治世初年時代にフランスで起こった著しいことども」(全6巻。八つ折判。新版。パリ:エチエンヌ・ルドゥ書店。1820年) 第2巻第497頁からのものである。当該箇所では、ベリーブル法院長が、かって、クロムウェルより、"on ne montait jamais si haut que quand on ne sait où l'on va." (人と云うものは、何処まで登るのか分かっていない時にこそ、一番の高みに到達する) と言われたことがあると、記録されている。

この "Mémoires du Cardinal de Retz, de Guy-Joli, et de la duchesse de Nemours" もまた、ネット上で閲覧することができる。問題の文の少し前から引用すると

Je vous entends, répondit le président de Bellèvre, et je vous arrête en même temps pour vous dire ce que j'ai appris de Cromwel (M. de Bellièvre l'avait vu et connu en Angleterre): il me disait un jour qu'on ne montait jamais si haut que quand on ne sait où l'on va.
--Mémoires du cardinal de Retz, de Guy Joli, et de la ... c.1 v.2. - Full View | HathiTrust Digital Library | HathiTrust Digital Library
となっている。自信がないが、一応、訳を試みてみると、

ベリーブル法院長は答えた。君の言うことは分かるよ。けれど、止めておいた方がいいね。もっとも、私がクロムウェルの知遇を受けていた当時 (ベリーブル殿は、イギリスでクロムウェルと会って、交友を結んだことがあるのだ)、 ある日、彼は私に「人と云うものは、何処まで登るのか分かっていない時にこそ、一番の高みに到達する。」と語ったことがあるとも付け加えておくがね。

つまり、ベリーブルがイギリスにおいてクロムウェルの知遇を得ていたことが書き添えされており、クロムウェルの言葉は、そうした出会いの中でのものだったことがうかがえる。

この「ベリーブル法院長」に就いては "The Constitution of liberty" の編集者が

Pomponne de Bellièvre (1606–57), grandson of two chancellors of France and the first president of the Parlement of Paris, at one point served as French ambassador to England.
--The Constitution of Liberty: The Definitive Edition - F. A. Hayek - Google ブックス
ポンポンヌ・ド・ベリーブル (1606–57) は、フランスの二人の大法官の孫であり、パリ高等法院の法院長となった。一時期、イギリスにおけるフランス大使を務めたこともある。
と云う注釈を付けている。つまり、この Pomponne de Bellièvre は、二世 (Pomponne II de Bellièvre) の方のこと。彼は、無印の Pomponne de Bellièvre (1529-1607) Pomponne de Bellièvre の孫にあたる。彼がイギリスへの大使を務めたのは、1637年-1640年と1646年のことだったらしい (1637-1640 et de nouveau, en 1646, pour offrir la médiation de Louis xiv entre Charles Ier et son Parlement (Correspondance française de Guy Patin, éditée par Loïc CapronFamille de Bellièvre 及び Archives nationales - Thèse Pour le diplôme d’archiviste paléographe も参照されたい)。

しかし、所謂「短期議会」が招集され、ケンブリッジ選出の議員となった1640年以前のクロムウェルは、ほぼ無名だったらしいから、ベリーブルがクロムウェルと出会ったのは1646年だったろう。当時、クロムウェルは未だ単一権力を握っていないとは言え、清教徒軍が、チャールズ一世軍に決定的な勝利を収めつつある時期であり、チャールズ二世の亡命、チャールズ一世の処刑、共和国の建国と続く流れの中で、クロムウェルはまさに意気軒高としていたはずだ。そうした状況下で、彼が、フランスからの大使と面談して、「人間は、何処まで登るのか分かっていない時にこそ、一番の高みに到達する。」と語ったとしたら、それは、彼が自分の行き先が何処か分からないと云うことを告白したことを意味するのではあるまい。むしろ、「行き先」への展望は確信へと変わっていたが、それは他者、そしてもしかすると、仲間に対してさえ秘匿する必要を本人が感じるほどの「高み」だったと云うことだろう。

廃車寸前のポンコツ老人である私だが、「どこへゆくかわからないときほど人間は遠くにゆくことは決してない。」を読んで「目的地が明確でないと、とんでもないところに彷徨っていくことになる」か、或いは「目的地に縛られない時こそが、もっとも遠くまで進むことができる」と云う意味だろうと考えた18歳の私に、「目的地」を悟られたくない時にも、人は「目的地は分からない」と言うものだと云うことを教えてやりたい。

ハイエクの著作に戻ろう。

ハイエクは、引き続いて、このクロムウェルの言葉が、18世紀の思想家たちに深い感銘を与えたようだ (The phrase apparently made a deep impression on eighteenth century thinkers,...) と、書いている。

そして、そうした思想家として、デイヴィッド・ヒューム (David Hume)、アダム・ファーガソン (Adam Ferguson) 、アンヌ=ロベール=ジャック・テュルゴー (Anne Robert Jacques Turgot)、アルバート・ヴェン・ダイシー (Albert Venn Dicey) 、そして、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ (Johann Wolfgang von Goethe) を挙げている (ジャンバッティスタ・ヴィーコ (Giambattista Vico) にも言及している)。

また、ゲーテに就いては、彼の言葉

Man geht nie weiter, als wenn man nicht mehr weiss, wohin man geht.
が引用されている。

ハイエクは、タレイラン=ペリゴールには言及していないようだ。

だが、ベリーブルの回想録での記載がある以上、「どこへゆくかわからないときほど人間は遠くにゆくことは決してない。」の「言い出しっぺ」が、英 (クロムウェル)、仏 (タレイラン)、独 (ゲーテ) の誰かと云う疑問は、活躍した時代の前後関係そのままに、クロムウェルと断定してよいだろう。

|
|

« メモ: 所謂「モンティ・ホール問題 (Monty Hall problem)」に就いて | トップページ | 本ブログ記事[等角速度円運動の旅行者における「双子のパラドクス」(2008年3月24日 [月])] 補足。あるいは、アインシュタインの「奇妙な結論」 »

ドイツ語/Deutsch」カテゴリの記事

フランス語/français」カテゴリの記事

翻訳」カテゴリの記事

英語/English」カテゴリの記事

読み物・書き物・刷り物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40172/65217135

この記事へのトラックバック一覧です: [メモ:2011年6月8日 (水曜) 朝日新聞朝刊 [天声人語] 中の「ゲーテの言葉」] (2011年6月10日[金]) への補足。オリバー・クロムウェル(Oliver Cromwell) の言葉へのリードリヒ・アウグスト・フォン・ハイエク (Friedrich August von Hayek) の言及:

« メモ: 所謂「モンティ・ホール問題 (Monty Hall problem)」に就いて | トップページ | 本ブログ記事[等角速度円運動の旅行者における「双子のパラドクス」(2008年3月24日 [月])] 補足。あるいは、アインシュタインの「奇妙な結論」 »