« 2015年5月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年8月の1件の記事

Love Me or Leave Me

ここしばらく、時間ができると、(趣味としてではなく、必要に迫られた)自宅のリフォームまがいか、(こちらは、趣味と云うか、完全な「物好き」だが一般相対論の)テンソルの計算ばかりしていて、やや屈託している。しばしば消沈してしまって、そうした時は、都筑道夫の小説を読んだりしてやり過ごすのだが、この前、そうした合間に、"Love Me or Leave Me" の大雑把な意味を日本語にしてみた。[物部太郎] ばりにカードで城でも作れると良いのだが、生憎手先が極めて不器用なため、こうしたことしかできないのだ。

"Love Me or Leave Me" はジャズのスタンダードだから、所謂「和訳」はいくらでもあるだろうが、それらと張り合うつもりは全くないし、全く参考にしていない。成立の背景なども調べていない。たしか、書き上げるのに30分ぐらいしかかけていないはずだ (まぁ、この投稿を書くにあたって、それなりに手を入れたが)。勿論 "Love America, or leave America" や "Love America, and leave America" に話を展開する気も起きなかった。

最初に、初歩的な注意をしておくと、原文 (ネットで検索してください。私が使ったのは "Songtext von Nina Simone - Love Me or Leave Me Lyrics") の "believe me" は、「私と云う人格を信じて」ではなく「私の今言っていることを信じて」つまり、「これは嘘ではない」あるいはくだけて言うと「マジなんだから」と云う意味。

lonely と only, kissing と reminiscing, you と blue, borrow と tomorrow とが脚韻を踏んでいる。kissing と reminiscing など無理筋と云う気がするが、somebody/someone や nobody の使い方は効果的だ (特に There'll be no one unless that someone is you)。

I'd rather be lonley than happy with somebody else
Regretting instead of forgetting with somebody else
There'll be no one unless that someone is you
There's no love for nobody else

これらが、スタンザの末尾行又は冒頭行になっているのは、勿論意図的なものだろう。

それから "the night time" (定冠詞あり) を「今夜」と解するか、「夜一般」と解するかが問題だろうが、私としては「今夜」をとる。これに対し "night time" (定冠詞なし) は「夜一般」。

「愛してないなら出て行って」

愛してないなら出て行って。一人きりにしておいて。
嘘じゃないのよ。愛しているのはあなただけ。
「次の人で幸せに」なんてどうでもいい。一人ぼっちで構わない。

「今夜はキスをしなくっちゃ」とあなたは思っているのでしょう。
私は違う。私には、夜は思い出だけのためもの。
次の人で忘れるくらいなら後悔していた方がいい。

あなた以外はありえない。
私は一人でひたすら沈んでいたかった。

借りものじゃないあなたの愛が欲しいのよ。
今日は私のもの。明日は誰かに返す。そういうのは御免だわ。
あなたの愛が私の愛。
他の人のは愛じゃない。

そうよ。愛してないなら出て行って。一人きりにしておいて。
嘘じゃないのよ。愛しているのはあなただけ。
「次の人で幸せに」なんてどうでもいい。一人ぼっちで構わない。

「今夜はキスをしなくっちゃ」とあなたは思っているのでしょう。
私は違う。私には、夜は思い出だけのためもの。
次の人で忘れるくらいなら後悔していた方がいい。

あなた以外はありえない。
私は一人でひたすら沈んでいたかった。

そうよ、借りものじゃないあなたの愛が欲しいのよ。
今日は私のもの。明日は誰かに返す。そういうのは御免だわ。
あなたの愛が私の愛。
私の愛はあなたの愛。
他の人のは愛じゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年12月 »