« 2015年3月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年5月の1件の記事

"What A Wonderful World" の「大雑把な意味」になるのかならないのか分からんが。。。

G.N.Watson の "a treatise on the THEORY OF BESSEL FUNCTIONS" の第1章 "BESSEL FUNCTIONS BEFORE 1826" を読んで簡単なメモを作ると云う作業を、しばらく前から細々と続けている。その草稿が出来上がったのだが、チェックをしようとして、気が萎えた。

実は、だいぶ以前にプリンタが故障していて、若干の事情のもとで (勿論「経済的事情」もある) そのままにしておいたのだが、紙にプリントアウトしてチェックしたほうが良いに決まっているからだ。私の個人的能力のせいかもしれないが、ディスプレイ上のチェックと、 (「古い意味での」と修飾すべきか?) ハードコピー上のチェックでは、ミスや補正・補足の必要性の摘出度が画然と異なる。

本来なら、当面出来るディスプレイ上でチェックをすべきなのだろうが、そうした気にもならず、グダグダと古いアメリカンポップスなんぞ聞いている。

で、まぁ、Louis Armstrong の "What A Wonderful World" が出てきたと思いねぇ。そこで、一向に気分が浮かない現状への一種の「作業療法」として、"What A Wonderful World" の「大雑把な意味」を書き上げたと云う按排な訣さ。半時間ほどのヤッツケ仕事だから、後から直したいところが色々でそうだが、そうした気分を振り切っておく。とりあえず「完成」するのが目的さ。勿論、"too" と "you", "white" と "night", "sky" と "by", "grow" と "know" と云う押韻を反映させるなどと云うことは、天から考えていない。

原文は "LOUIS ARMSTRONG LYRICS - What A Wonderful World" (http://www.azlyrics.com/) によっている。

そうだ、この世は素晴らしい。

そうだ。木々は緑で、バラは赤いのだ。
バラが咲くのは、僕と君のため。
僕は心の中でつぶやく。そうだ、この世は素晴らしい。

そうだ。空は青くて、雲は白いのだ。
昼は幸多き明るさ。夜は神聖な闇。
僕は心の中でつぶやく。そうだ。この世は素晴らしい。

空にかかる虹の色は、とりどりに美しい。
通り過ぎる人々の顔の色も、とりどりに美しい。
握手している人たちがいる。
「初めまして」と言っている。
けもども、本当の意味はこうだ。
「あなたを愛します。」

赤ん坊が泣いている。見守っていると育っていくのが分かるのさ。
そのうち、多くのことを学んで、僕を越えていくだろう。
僕は心の中でつぶやく。そうだ。この世は素晴らしい。

そうだ。僕は心の中でつぶやく。この世はとても素晴らしい。

本当に。本当に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2015年3月 | トップページ | 2015年8月 »