« メモ:理科年表 [物理/化学部 旋光物質] における用語の誤りに就いて | トップページ | メモ: 朝永振一郎 [新版 スピンはめぐる] 中の誤植 »

メモ: html での上付き文字と下付き文字の垂直アラインメント

[メモ:理科年表 [物理/化学部 旋光物質] における用語の誤りに就いて] (2012年4月8日[日) を書いた時に、普通に原稿を書くと、比旋光度の上付き文字と下付き文字が [α]20D と云うようにズレてしまうので、初め TeX で画像化する積もりだったが、「ナンダカメンドー」と思って、泥縄式で html の範囲内で処理した (もう誰かが既にヨリ優れたものを発表していると思う。ただ、チョット探したが見つからないので、自分で作っちゃった方が早そうだったのだ)。

私が現に使っている以外のシステムでは旨くいかないかもしれないし、ブラウザによっても表示がズレてしまう可能性があるが、今のところは私自身のモニタ上では、「コンナモンダロー」と云う結果が得られるので、使うことにした。

ついでに、度数単位の上付きの丸 "°" の後に出来る空白を詰めておいた。

備忘のため、処理方法を顕在化しておく。

  1. 未処理:コード [α]<sup>D</sup><sub>20</sub>/(&deg;) 結果 [α]D20/(°)

    処理済:コード [α]<sup>D</sup><sub style="margin-left:-0.7em">20</sub>/(<span style="letter-spacing:-0.7em">&deg;)</span> 結果 [α]D20/(°)

  2. 未処理:コード [α]<sup>22</sup><sub>D</sub> 結果 [α]22D

    処理済:コード [α]<sup>22</sup><sub style="margin-left:-1em">D</sub> 結果 [α]22D

margin-left や letter-spacing の値は、フォントによって微妙に変える必要が出てくるだろう。

|
|

« メモ:理科年表 [物理/化学部 旋光物質] における用語の誤りに就いて | トップページ | メモ: 朝永振一郎 [新版 スピンはめぐる] 中の誤植 »

ネット/ソフト/サイト」カテゴリの記事

マイコンピュータ」カテゴリの記事

備忘」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40172/54429309

この記事へのトラックバック一覧です: メモ: html での上付き文字と下付き文字の垂直アラインメント:

« メモ:理科年表 [物理/化学部 旋光物質] における用語の誤りに就いて | トップページ | メモ: 朝永振一郎 [新版 スピンはめぐる] 中の誤植 »