« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の2件の記事

xyzzy で事故2件: バッファタブが消え、katex.l のバイトコンパイルが出来なくなった。

今作っている tex ファイルが大きくなりすぎて (現在 430KB 超)、編集箇所の移動が面倒になったので outline-tree2を xyzzy に入れた。

outline-tree そのものは便利で、有り難かったのだけれども、どう云う訣か、バッファタブが消えてしまった。

しかし、これは「仕様」ではないらしい。何故なら、作成者 OHKUBO Hiroshi さんの紹介している outline-tree2 のスクリーンショットではバッファタブが見えるからだ。

インストールの手順 (NetInstaller で、旨くインストールできなかったので、OHKUBO 氏のウェブページ「xyzzy 関連」に従って手動でインストールしたのだが、そこで手違いをした可能性はある) か、設定を間違えたのかしらん、と、思いつつも、そして、かなり不便であったのは事実なのだが (バッファの選択は、ツリー表示されているバッファをクリックしても可能なのだが、ノード数が多すぎると、フレームから外れてしまう)、それ以上に大きななファイルの編集を行ないやすくなる利便性の方が勝っていたので、使い続けていた。今行っている tex ファイル作成が済んだら、outline-tree2 をアンインストールすれば良いと思っていたのだ。

しかし、ここで、dviファイルも大きくなって、閲覧が目次だけではしづらくなったため、索引も付け加えることにした。ところが katex のディフォルトの索引作成プログラムは makeindex だったのだな。それを mendex に変えるよう katex.l を書き直して、byte-compile したら「IFフォームの形式が不正です」と云うエラーメッセージがでて、コンパイルが止まってしまった。。。

「これは仕方がない」と、katex.l の変更を元に戻して、念のため、それを byte-complie したら、やはり「IFフォームの形式が不正です」と云うエラーメッセージがでて、コンパイルが止まってしまった。「え!?」と思ったが、原状回復し切れていないか、或いは、気付かないうちにファイルを変更してしまったか、と云う可能性があるから、それを確かめるため、アーカイヴファイルから、katex.lを抜き出して、それをバイトコンパイルしてみたのだが、同じ症状が出る。

mendex のことは、取り敢えず脇に置いておくにしても、さすがに、この事態は放置できないので、どうにかしようと思ったが、残念ながら、私には現象の裏で何が起こったのか、サッパリ分からない。

因果関係がハッキリしているわけではないが、最近 xyzzy がらみで行った変更と言えば、outline-tree2 の導入だけだから、対処法としては、それをアンインストールするしか思いつかないが、ネット上を調べても、アンインストール手順に就いての情報が見当たらない (OHKUBO 氏さえ、書かれていないようだ)。

そこで、outline-tree2 の導入時に xyzzy フォルダや、そのサブフォルダに入れたプログラムを移動して、.xyzzy 中の outline-tree2 設定をコメントアントしたしてみた。勿論、xyzzy 上からは outline-tree2 は消えたのだが、バッファタブは復活せず、そして katex.l のバイトコンパイルもできないままでいる。

頭を抱えている。

[補足]2010-07-18 [日]
バッファタブが消えた件は解決した。

\xyzzy\usr フォルダ下にある .xyzzy.history ファイルを削除した所、今までディスエーブルであったメニューの[表示>ツールバー]がアクティブになり、そこの[バッファ]にチェックを入れると、バッファタブが表示されるようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

スペイン語で "convosco" ?

本日昼ごろ (2010/07/12 12:07:52)、キーフレーズ [スペイン語 convoscoの意味] で、このサイトを訪問された方がいらしたようだ。

うーむ。小生浅学にしてスペイン語で "convosco" と云う単語のあることを知らない。

ポルトガル語ならあって、「あなたたちと共に」と云う意味になる。従って、["May the Force be with you" (「フォースのともにあらんことを」) を色色な言語で言うと] (2008年3月27日[木]) でも書いたように「フォースのともにあらんことを」のポルトガル語版の一つは "Que a Força esteja convosco." になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »