« Ce train va-t-il à la station de Paris? 「この列車は『パリ駅』に行きますか?」 | トップページ | ニール・アシュビー「GPS における相対論」第1章及び第2章訳文 (草稿) »

今日は初午。練馬区高松の地口行灯

東京都練馬区高松に、所謂「激安スーパー」である [業務スーパー練馬店] (東京都練馬区高松3-21-18) があって、時時買い物をする。だから、その敷地の中に、恐らく以前はそこに大きな屋敷 (農家) があっただろう名残と思われる稲荷祠があることには気が付いていた。

いま google map のストリートビューで確認してみたら、看板や木が邪魔をして屋代そのものは見えづらいのだが、鳥居ぐらいは見ることができた (航空写真では、屋代の赤い屋根が見える)。

その [業務スーパー] に、たまたま昨日今日 (2009年2月5日・6日) と行く用事があったのだが、その「お稲荷さん」に地口行灯 (地口行燈) が五・六灯飾ってあったのだな。「ああ。そう言えば、もう初午なんだな」と思ってしまった。調べてみたら今日 (「こんにち」と読んでいただきたい) 2月6日が初午だった。

しかし、顧みてみると、初午に地口行灯が飾ってあるのを実見したのは初めてかもしれない。子どものころ見たことがあるかもしれないのだが、だとすると、忘れてしまっている (そう言えば、去年だったか一昨年だったか、板橋の下頭橋の豊敬稲荷だったかの前を初午の日に通りかかったら、太鼓が柵柱に吊り下げてあって、誰でも叩けるようにしてあったのを見た記憶があるが、その時にも地口行灯はなかったようだ)。

勿論、地口行灯そのものは、北千住の商店街や浅草寺門前の伝法院通りで見かけたことがあるのだが、あれは観光用であって常時掲げられており、初午とは関係ない。

今日見た地口行灯で私が読み取れたものはたった二つで、曰わく「小狐三本桜」と「狐道成寺」だけだった。まぁ「義経千本桜」と「娘道成寺」ぐらいなら私でも知っていると云うだけのことなのだが、そのほかも全て「狐」で通しているらしかった。かってそう云う風習があったのだろうか。浅学にして、その有無を承知しないのが残念である。

原稿を書いているうちに日付が変わってしまったが、このまま投稿することにする。

|
|

« Ce train va-t-il à la station de Paris? 「この列車は『パリ駅』に行きますか?」 | トップページ | ニール・アシュビー「GPS における相対論」第1章及び第2章訳文 (草稿) »

世間/世界/社会/会社」カテゴリの記事

備忘」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

江戸/東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40172/43977548

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は初午。練馬区高松の地口行灯:

» ケノーベルGoogle Earth & Map エージェントからリンクのご案内 [KenoveL Google Earth & Map Agent]
練馬区高松3丁目エージェント:あなたの記事のダイジェストをGoogle Earth & MAPに掲載しました。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月) 01:22

« Ce train va-t-il à la station de Paris? 「この列車は『パリ駅』に行きますか?」 | トップページ | ニール・アシュビー「GPS における相対論」第1章及び第2章訳文 (草稿) »