« ささなみの志賀の大わだよどむとも昔の人にまたも逢はめやも | トップページ | さつき待つ花たちばなの香をかげば昔の人の袖の香ぞする »

さす竹の皇子の宮人ゆくへ知らにす(不知尒為)

作者:柿本人麻呂 出典:[万葉集1]167
中公文庫版『日本語で一番大切なもの』p.358

否定の助動詞「にす」の用例。「にす (nisu)」から nisu→nsu→nzu→zu となって「ず」が出てきたと考えられる。
「一に言ふ」としての併記。おそらく古い言い回し。(『日本語で一番大切なもの』p.358 参照)。

参考 ([万葉集1]167):
天地の 初めの時 ひさかたの 天の河原に 八百万 千万神の 神集ひ 集ひいまして 神分り 分りし時に 天照らす 日女の命 [一云 さしのぼる 日女の命] 天をば 知らしめすと 葦原の 瑞穂の国を 天地の 寄り合ひの極み 知らしめす 神の命と 天雲の 八重かき別きて [一云 天雲の八重雲別きて] 神下し いませまつりし 高照らす 日の御子は 飛ぶ鳥の 清御原の宮に 神ながら 太敷きまして すめろきの 敷きます国と 天の原 岩戸を開き 神上り 上りいましぬ [一云 神登り いましにしかば] 我が大君 皇子の命の 天の下 知らしめしせば 春花の 貴くあらむと 望月の 満しけむと 天の下 食す国 四方の人の 大船の 思ひ頼みて 天つ水 仰ぎて待つに いかさまに 思ほしめせか つれもなき 真弓の岡に 宮柱 太敷きいまし みあらかを 高知りまして 朝言に 御言問はさぬ 日月の 数多くなりぬれ そこ故に 皇子の宮人 ゆくへ知らずも [一云 さす竹の 皇子の宮人 ゆくへ知らにす]

本記事は、極めて長文である [nouse: 大野晋・丸谷才一『日本語で一番大切なもの』引用文索引] (2008年3月1日[土]) から同一引用文に係る項目を分離独立させたもので、内容に実質的な変化はない。

|
|

« ささなみの志賀の大わだよどむとも昔の人にまたも逢はめやも | トップページ | さつき待つ花たちばなの香をかげば昔の人の袖の香ぞする »

『日本語で一番大事なもの』」カテゴリの記事

日本語/和文」カテゴリの記事

詩/文藝」カテゴリの記事

読み物・書き物・刷り物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40172/40451943

この記事へのトラックバック一覧です: さす竹の皇子の宮人ゆくへ知らにす(不知尒為):

« ささなみの志賀の大わだよどむとも昔の人にまたも逢はめやも | トップページ | さつき待つ花たちばなの香をかげば昔の人の袖の香ぞする »