« 祝子がいはふ社の紅葉ばもしめをば越えて散るといふものを | トップページ | 春風に朱のそほ舟歌ふらん »

祝部らが斎ふ社の黄葉も標縄越えて散るといふものを

作者:不詳 出典:[万葉集10]2309/2313
中公文庫版『日本語で一番大切なもの』p.296

助詞「が」の用例。

丸谷才一の説明:「祝部(はふり)ら」で神官(男)。「紅葉ば」には幣のイメージが入っている。「祝部たちが祭祀をしている神域の紅葉もしめ縄を越えて散るではないですか (どうしてあなたは掟を守ってばかりいて私になびいてくれないのか)」。
参照「祝子(はふりこ)がいはふ社の紅葉ばもしめをば越えて散るといふものを (読人しらず [拾遺和歌集17]1135)」。

本記事は、極めて長文である [nouse: 大野晋・丸谷才一『日本語で一番大切なもの』引用文索引] (2008年3月1日[土]) から同一引用文に係る項目を分離独立させたもので、内容に実質的な変化はない。

|
|

« 祝子がいはふ社の紅葉ばもしめをば越えて散るといふものを | トップページ | 春風に朱のそほ舟歌ふらん »

『日本語で一番大事なもの』」カテゴリの記事

日本語/和文」カテゴリの記事

詩/文藝」カテゴリの記事

読み物・書き物・刷り物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40172/40517396

この記事へのトラックバック一覧です: 祝部らが斎ふ社の黄葉も標縄越えて散るといふものを:

« 祝子がいはふ社の紅葉ばもしめをば越えて散るといふものを | トップページ | 春風に朱のそほ舟歌ふらん »