« 妹に逢はむと祈誓ひつるかも | トップページ | いよいよますます悲しかりけり »

伊夜彦おのれ神さび青雲の棚引く日すら小雨そぼふる

作者:不詳 出典:[万葉集16]3883/3905
中公文庫版『日本語で一番大切なもの』p.242

当初予想される事態に反する事態を述べる「すら」の用例。伊夜彦は、新潟県の弥彦山の古名。「青雲」の訓は「あをくも」。

丸谷才一は「弥彦山はそれ自体が神々しくて、白い雲が棚引いている晴れた日ですら小雨がそぼ降っていることよ」と解している。これは通解でもあるらしい。

しかし、私としては、『日本語で一番大切なもの』p.232 で大野晋での注意に従って「神さび」を「マイナス・イメージ」の言葉として捉えて、歌を解釈したい:「弥彦山よ。お前の神としての力は衰えてしまって、晴天高く雲が棚引く日でさえ小雨がしとしと降るのだな」。

この歌の「小雨そぼふる」のヴァリアントが「あなに神さび」であることにも注意。「あな」はマイナス・イメージの言葉なのである。

ほぼ余談だが、「小雨そぼふる」を「あなに神さび」で置き換えると、歌の流れが、やや滞る。しかし「あなに神さび」を第6句と捕らえると、「弥彦山よ。お前の力は衰えてしまって、晴天高く雲が棚引く日でさえ小雨がしとしと降るのだな。やれやれ、本当に神としての力が衰えてしまっているよ」となって、意味が通じる。この歌が実は仏足石歌ではないかと言われる由縁かもしれない。

参考記事 (仏足石歌):
[nouse: 御足跡作る 石の響きは 天に到り 地さへ揺すれ 父母がために 諸人のために]

本記事は、極めて長文である [nouse: 大野晋・丸谷才一『日本語で一番大切なもの』引用文索引] (2008年3月1日[土]) から同一引用文に係る項目を分離独立させたもので、内容に実質的な変化はない。

|
|

« 妹に逢はむと祈誓ひつるかも | トップページ | いよいよますます悲しかりけり »

『日本語で一番大事なもの』」カテゴリの記事

日本語/和文」カテゴリの記事

詩/文藝」カテゴリの記事

読み物・書き物・刷り物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40172/40413056

この記事へのトラックバック一覧です: 伊夜彦おのれ神さび青雲の棚引く日すら小雨そぼふる:

« 妹に逢はむと祈誓ひつるかも | トップページ | いよいよますます悲しかりけり »