« 鶴が鳴のけさ鳴くなへに雁が鳴はいづくさしてか雲隠れらむ | トップページ | 頼めおかんたださばかりを契りにて憂き世の中の夢になしてよ »

タトヒ一切ノ天人有リテ仏ノ宝棺ヲ焼カムニ能ハジ。サレバ汝ラアナガチニ焼キ奉ラム事思ハザレ。

作者:未確認又は該当情報なし 出典:[今昔物語集3]34
中公文庫版『日本語で一番大切なもの』p.370

命令形「ざれ」の使用例。漢文訓読系で用いられ、和文系では使われない。(岩波日本古典文學大系『今昔物語集一』p.260)

本記事は、極めて長文である [nouse: 大野晋・丸谷才一『日本語で一番大切なもの』引用文索引] (2008年3月1日[土]) から同一引用文に係る項目を分離独立させたもので、内容に実質的な変化はない。

補足
[今昔物語集3]「荼毘仏御身語第卅四」
亦、其ノ時ニ、城ノ内ニ八ノ大力士有リ、七寶ノ火ヲ以テ亦、棺ニ投グルニ、皆滅シヌ。亦、城ノ内ニ十六ノ大力士有リ。各七寶ノ火ヲ以テ香楼ニ投グルニ、皆滅ス。亦、城ノ内ニ卅六ノ大力士有リ、各七寶ノ火ヲ以テ棺ニ投グルニ、皆滅シヌ。其ノ時ニ迦葉、諸ノ力士及ビ大衆ニ告テ宣ハク、「汝等、當ニ可知シ、タトヒ一切ノ天人有テ仏ノ寶棺ヲ焼カムニ不能ジ。サレバ汝等強ニ焼キ奉ラム事不思ザレト」(岩波日本古典文學大系『今昔物語集一』p.260)

|
|

« 鶴が鳴のけさ鳴くなへに雁が鳴はいづくさしてか雲隠れらむ | トップページ | 頼めおかんたださばかりを契りにて憂き世の中の夢になしてよ »

『日本語で一番大事なもの』」カテゴリの記事

日本語/和文」カテゴリの記事

詩/文藝」カテゴリの記事

読み物・書き物・刷り物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40172/40464757

この記事へのトラックバック一覧です: タトヒ一切ノ天人有リテ仏ノ宝棺ヲ焼カムニ能ハジ。サレバ汝ラアナガチニ焼キ奉ラム事思ハザレ。:

« 鶴が鳴のけさ鳴くなへに雁が鳴はいづくさしてか雲隠れらむ | トップページ | 頼めおかんたださばかりを契りにて憂き世の中の夢になしてよ »