« なにはがた短きあしのふしのまも会はでこの世をすぐしてよとや | トップページ | 涙さへ時雨に添ひて故郷は紅葉の色にこさまさりけり »

難波津や田螺の蓋も冬ごもり

作者:芭蕉 出典:[市の庵]
中公文庫版『日本語で一番大切なもの』p.73

俳諧の切字「や」の例。地名+「や」の形。

本記事は、極めて長文である [nouse: 大野晋・丸谷才一『日本語で一番大切なもの』引用文索引] (2008年3月1日[土]) から同一引用文に係る項目を分離独立させたもので、内容に実質的な変化はない。

補足
この句は、大阪に進出した近江蕉門の洒堂に贈ったもの。その前書きに曰く:
贈洒堂
湖水の磯を這ひ出でたる田螺一疋、芦間の蟹の鋏を恐れよ。牛にも馬にも踏まるる事なかれ。

参考ウェブページ:芭蕉発句全集「難波津や田螺の蓋も冬ごもり」

|
|

« なにはがた短きあしのふしのまも会はでこの世をすぐしてよとや | トップページ | 涙さへ時雨に添ひて故郷は紅葉の色にこさまさりけり »

『日本語で一番大事なもの』」カテゴリの記事

日本語/和文」カテゴリの記事

詩/文藝」カテゴリの記事

読み物・書き物・刷り物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40172/40503966

この記事へのトラックバック一覧です: 難波津や田螺の蓋も冬ごもり:

« なにはがた短きあしのふしのまも会はでこの世をすぐしてよとや | トップページ | 涙さへ時雨に添ひて故郷は紅葉の色にこさまさりけり »