« タトヒ一切ノ天人有リテ仏ノ宝棺ヲ焼カムニ能ハジ。サレバ汝ラアナガチニ焼キ奉ラム事思ハザレ。 | トップページ | 旅の衣は篠懸の、露けき袖やしをるらん »

頼めおかんたださばかりを契りにて憂き世の中の夢になしてよ

作者:藤原定家母/美福門院加賀 出典:[新古今和歌集13]1233
中公文庫版『日本語で一番大切なもの』p.172

藤原定家の母になる女性 (美福門院加賀) が、後の夫である藤原俊成から「よしさらば後の世とだに頼めおけつらさにたへぬ身ともこそなれ (藤原俊成 [新古今和歌集13]1232)」と送られて返した歌。

丸谷才一の説明と解:この2首は『新古今』巻第13恋歌3の掉尾を飾る。巻軸歌は巻頭歌に次いで格が高いが、『新古今』の恋歌全5巻のうち、巻頭巻末に男女のやりとりがペアで並んでいるのは、これと、恋歌4の2首だけである。「後世を約束してあてにさせてあげます。それだけを縁にして、あきらめてください。これまでのことは現世のはかない夢と思って」

残念ながら私 ([ゑ]) の解は少し違うのだ。まず、贈歌の「よしさらば後の世とだに頼めおけつらさにたへぬ身ともこそなれ (藤原俊成 [新古今和歌集13]1232)」の方は、謂わば「相手に聞こえるように態と聞かせた独り言」になっているので、「よしそう云うことなら、来世だけでも当てにするのだ。この恋の苦しさに堪えられなくなるようだから」ということ。それに相応して、「頼めおかんたださばかりを契りにて憂き世の中の夢になしてよ (藤原定家母/美福門院加賀 [新古今和歌集13]1233)」の解は「『来世だけでも当てにするのだ』と思えてしまえるのですね。では、それぐらいのご縁だと思って、あなたの恋心を、儚いこの世の夢と云うことにしてください」。

これは、女が冷淡なので、男が面当てで拗ねてみせたら、女に軽くイナされたと云う図式。ただし、同時にたしなめているので、「ソッポ (後の世) を向いていないで、正面 (憂き世) から私を愛しなさい。『夢』を『夢』のままにするつもりですか」と励ましてもいる。

本記事は、極めて長文である [nouse: 大野晋・丸谷才一『日本語で一番大切なもの』引用文索引] (2008年3月1日[土]) から同一引用文に係る項目を分離独立させたもので、内容に実質的な変化はない。

|
|

« タトヒ一切ノ天人有リテ仏ノ宝棺ヲ焼カムニ能ハジ。サレバ汝ラアナガチニ焼キ奉ラム事思ハザレ。 | トップページ | 旅の衣は篠懸の、露けき袖やしをるらん »

『日本語で一番大事なもの』」カテゴリの記事

日本語/和文」カテゴリの記事

詩/文藝」カテゴリの記事

読み物・書き物・刷り物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40172/40481729

この記事へのトラックバック一覧です: 頼めおかんたださばかりを契りにて憂き世の中の夢になしてよ:

« タトヒ一切ノ天人有リテ仏ノ宝棺ヲ焼カムニ能ハジ。サレバ汝ラアナガチニ焼キ奉ラム事思ハザレ。 | トップページ | 旅の衣は篠懸の、露けき袖やしをるらん »