« Le vent se lève, il faut tenter de vivre. | トップページ | メモ:ユニコードファイル二題。テキストソートと xyzzy の設定 »

Oh, to be in England
Now that April's there,
And whoever wakes in England
See,.....

作者:ブラウニング 出典:"Home thought from Abroad"
中公文庫版『日本語で一番大切なもの』p.39

丸谷才一の説明:薄田泣菫の詩「大和にしあらましかば」は、この詩をまねた。しかし、「おお」oh では、あまりしみじみとしない。それで「ああ」としたのだが、これは、「あはれ」 の「あ」に引き摺られたのだろう。

Home thought from abroad
Oh to be in England
Now that April's there,
And whoever wakes in England
Sees some morning, unawares,
That the lowest boughs and the brushwood sheaf
Round the elm-tree bole and in tiny leaf"
While the chaffinch sings on the orchard bough
In England now!
--Robert Browning "Home thought from Abroad"

本記事は、極めて長文である [nouse: 大野晋・丸谷才一『日本語で一番大切なもの』引用文索引] (2008年3月1日[土]) から同一引用文に係る項目を分離独立させたもので、内容に実質的な変化はない。

|
|

« Le vent se lève, il faut tenter de vivre. | トップページ | メモ:ユニコードファイル二題。テキストソートと xyzzy の設定 »

『日本語で一番大事なもの』」カテゴリの記事

日本語/和文」カテゴリの記事

英語/English」カテゴリの記事

詩/文藝」カテゴリの記事

読み物・書き物・刷り物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40172/40583570

この記事へのトラックバック一覧です: Oh, to be in England
Now that April's there,
And whoever wakes in England
See,.....
:

« Le vent se lève, il faut tenter de vivre. | トップページ | メモ:ユニコードファイル二題。テキストソートと xyzzy の設定 »