« Quintus Fabius Maximus (クィントゥス・ファビウス・マクシムス) の言葉 | トップページ | 「大衆が恐れる者は、必ずや大衆を恐れる」: ユリウス・カエサルの面前に抛り込まれた一句。 »

「フォースのともにあらんことを 」("May the Force be with you.") をドイツ語で言うと

検索キーワードから推測すると、「フォースのともにあらんことを 」("May the Force be with you.") をドイツ語で言うとどうなるかを確認すべく、本サイトを訪問された方がいるようだ。ネットでの検索結果を参考にすると "you" をどう解釈するかで、代名詞部分が変化するが、だいたい次のようになるのではないか。

  • Möge die Macht mit euch sein.
  • Möge die Macht mit dir sein.
  • Möge die Macht mit uns sein.
  • Möge die Macht mit Ihnen sein.

日本語に訳すと、どれも「フォースのともにあらんことを 」になってしまう。

英語で考えると、"Möge" は 助動詞 "mögen" の接続法で may に、"die" は the に、"Macht" は Force に、"mit" は with に、"sein" は be に対応する。代名詞部分は "euch" が二人称複数親称 (you)、"dir" は二人称単数親称 (thee)、"uns" は一人称複数 (us)、"Ihnen" は二人称単数及び複数敬称 (you) である。

|
|

« Quintus Fabius Maximus (クィントゥス・ファビウス・マクシムス) の言葉 | トップページ | 「大衆が恐れる者は、必ずや大衆を恐れる」: ユリウス・カエサルの面前に抛り込まれた一句。 »

どうでもいいこと」カテゴリの記事

ドイツ語/Deutsch」カテゴリの記事

大きなお世話」カテゴリの記事

英語/English」カテゴリの記事

見世物・鳴物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40172/14014235

この記事へのトラックバック一覧です: 「フォースのともにあらんことを 」("May the Force be with you.") をドイツ語で言うと:

» 英会話のすすめ [英会話のすすめ]
英会話学習のお役立ち情報サイトやブログのリンク集です。 [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 02:03

» 英語運用術!無料購読です。 [団塊の世代へおくる★定年退職後の生活情報]
酒井一郎先生が、英語業界の常識を根底から覆す23年間の集大成を無料で公開しています。タダなので見なきゃ損ですよ(><)>>>1日たった20分!30日でラクラクマスター英語運用術 ~ Simple Englishのススメ ~ [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 06:47

« Quintus Fabius Maximus (クィントゥス・ファビウス・マクシムス) の言葉 | トップページ | 「大衆が恐れる者は、必ずや大衆を恐れる」: ユリウス・カエサルの面前に抛り込まれた一句。 »