« 「一人ひとりに、それぞれの必要に応じて。一人ひとりが、その能力に応じて。」と「全員が一人ひとりのために。一人ひとりは全員のために。」 | トップページ | "Liar, Liar, Pants on Fire" 試訳 »

"One for all, and all for one" (「一人は万人のために、万人は一人のために」) に就いて

記事 [「一人ひとりに、それぞれの必要に応じて。一人ひとりが、その能力に応じて。」と「全員が一人ひとりのために。一人ひとりは全員のために。」] (2007年1月26日) で書いた [三銃士 (ダルタニャン物語 第一部)] ("Les Trois Mousquetaires" 1844年) に現われる "Tous pour un, un pour tous." (「全員が一人のために。一人は全員のために。」) の対応英語形は "One for all, all for one" になる。この変異例としては "One for all, and all for one" や "all for one, one for all" 或いは "All for one, and one for all" がある。日本語の「一人は万人のために、万人は一人のために」も、この系統とみなして良いだろう。

"Voyage en Icarie ([イカリア旅行記] 第3版 1845年)" 表紙における "Tous pour chacun. Chacun pour tous." (全員が一人ひとりのために。一人ひとりは全員のために。) が、どう関わるのかは、未確認。


で、取り敢えず話を日本に限ると 「一人は万人のために、万人は一人のために」(変異例:「みんなが一人のために、一人はみんなのために」)や "One for all, all for one" 等は、様ざまな組織及び個人の pet philosophy になっている:

生活協同組合 (生協)
コープこうべ
全国生協連
大学生協
農業協同組合 (農協)。 ただし「"Each for All, All for Each (一人は万人のために 万人は一人のために)"」を採用している。
JA (農協) 東京中央会
JA 全農
JA 全中
その他の協同組合
全労済
労働組合
動労千葉
自治労群馬県本部
自治労横浜
関西合同労組
全日本郵政労働組合 英文による組織紹介のタイトルが "One for all, all for one"
チーム競技
ラグビー (愛知県「岡崎ラグビースクール」)
サッカー (神戸大学体育会サッカー部)
野球 (松坂大輔)
ソフトボール (茨城県東海村「舟石川ソフトボールスポーツ少年団」)
バレーボール (Vリーグ「トヨタ自動車」チーム)
フットサル (フットサルラボ:脱初級者フットサルブログ)
ラクロス (東京女子体育大学・ラクロス部)
駅伝 (99年北大駅伝)
モダンダンス (大東文化大学モダンダンス部)
チアリーディング (福井県 WENDYS)...
バンドスタイル又はシンガーチームスタイルのタレントの features
H.P.オールスターズ: "Hello! Project" のユニット。「ALL FOR ONE & ONE FOR ALL!」は、その楽曲名。
氣志團ちゃんブログ:ONE FOR ALL.ALL FOR ONE. (2006年4月21日)
学校/課外活動のモットー
聖ドミニコ学園小学校(東京都世田谷区)
山口県立豊北高等学校
岡山県立矢掛高校吹奏楽部
学園祭・運動会のテーマ
西九州大学福祉医療専門学校・佐賀調理製菓専門学校の合同学園祭
沖縄キリスト教学院大学・沖縄キリスト教短期大学 学生会2006キリ学祭
横浜市國學院大學幼児教育専門学校“若葉祭”
文教大学付属中学・高等学校学園祭 (東京都品川区旗の台)
神戸山手女子中学校・神戸山手女子高等学校
啓新高校(福井県)
広島県立加計高等学校
大阪産業大学
横浜市立日限山中学校
舞鶴市立城南中学校
高知県立高知追手前高等学校吾北分校
山口県立南陽工業高等学校体育祭...
成人式の標語
秋田県横手市
政治家の看板文句
豊島区議会議員 池田なおひろ (自由民主党)
衆議院議員 後藤田 正純 (自由民主党)
前・衆議院議員 田中慶秋 (民主党)
山口県下関市議会議員 長ひでたつ (公明党)
千葉県浦安市議会議員 辻田あきら
福井県議会議員 のだ富久 (県民連合)
神奈川県知事 松沢成文
長野県下伊那郡下條村議会議員 宮島きよのぶ
衆議院議員 森喜朗 (自由民主党)
ブログのタイトル
多数。無慮数百あるようだ。
個人の「好きな言葉」/「座右銘」
多数。

なにか、こう目眩いがしてくるね。

保険会社も、しばしば「一人は万人のために、万人は一人のために」を標語にする:

その根拠にしているのは、ドイツ語形の "Einer für Alle, Alle für Einen" のようだ。これは、直接にはドイツ(その後米国に移住)の保険学者 Alfred Manes によるらしいが、それが更に由来するものがあるかどうかは、私には不明。

外国での対応表現の使われ方に就いて調べてみるつもりだったが、別の機会を俟つことにする。

    参考になるかもしれないサイト:
  • One for all, and all for one - Wikipedia: 記事中、"One for all, and all for one" をモットーとする団体として具体的に挙げられているのは "Hells Angels" だけである。
  • Panthéon de Paris - Wikipedia: 2002年11月30日に Alexandre Dumas がパリ・パンテオンに改葬された際に、棺にかけられた drap bleu には "Tous pour Un, Un pour Tous " と記されていたと云う (Alexandre Dumas, samedi 30 novembre 2002)。
  • Rugby School Internet Services: rugby football が始まったとされるイングランドの public school "Rugby School" のサイト。"one for all" や "all for one" に就いて特記している様子は見られない。「学校新聞」である "The Grapevine" 2006年2月号に "This term has been a pretty amazing one for all the badminton squads,..." とあるが、これは「今期は、バドミントンチームの全てが素晴らしい成績を残した」と云うこと。
  • Rugby Football Union: 英国ラグビーフットボール協会のサイト。"one for all" や "all for one" に就いて特記している様子は見られない。
  • RugbyRugby: Latest News: ラグビーフットボールの専門サイト中の記事。"one for all and all for one" と云うスローガンに就いての言及がある。
  • Unus pro omnibus, omnes pro uno - Wikipedia: ラテン語。非公式ながらもスイスの伝統的モットー。
  • Trivia for The Truman Show (1998) によれば、映画 "The Truman Show" (1998年) には、"UNUS PRO OMNIBUS, OMNES PRO UNO" が町のモットーとして登場する。この映画は、1967年のイギリステレビドラマシリーズ "The Prisoner" (「プリズナーNo.6」) を意識している。
  • Solidarität im Verfassungsstaat:「立憲国家における団結」"Einer für Alle, Alle für Einen" や Alfred Manes の話が出てくる。副題: "Grundzüge einer normativen Theorie der Verteilun" は「分配の標準理論の基本的特徴」と言ったところか。
  • 集団主義 - Wikipedia 曰わく: 「One for All , All for One」(1人はみんなのために、みんなは1人のために)というスローガンは、個人主義的な成員に、心理的に集団と一体化しよう、と呼びかける理念・イデオロギーで、1844年にイギリスで生活協同組合運動が発足したときに考案されたもの。これを西欧的集団主義と把握する考え方がある。北朝鮮はこのスローガンを愛用し、全体主義批判に対し、自国は集団主義であると反論する。
  • 朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法: 第5章 [公民の基本権利及び義務] 第63条 朝鮮民主主義人民共和国において公民の権利及び義務は、「1人はみんなのために、みんなは1人のために」という集団主義原則に基づく。
  • Rochdale - Wikipedia: イングランド西北部の都市。協同組合運動 (cooperative) 発祥の地。
  • Rochdale Principles - Wikipedia: 初期協同組合運動の原則。"one for all, all for one." に類する箇条は見当たらない。
  • Statement on the Co-operative Identity - Wikipedia: "International Co-operative Alliance" (ICA 国際協同組合同盟) による協同組合運動宣言。

ついでに書いておくと "one for all, all for one." 及び "one for all, and all for one." に対応するロシア語表現は,それぞれ "Один за всех, все за одного." 及び "Один за всех и все за одного." また、イタリア語形は "Uno per tutti, tutti per uno." 及び "Uno per tutti e tutti per uno."

"Один за всех" "все за одного" が、Сергей Михайлович Эйзенштейн (セルゲイ・エイゼンシュテイン)の 映画 "Броненосец Потёмкин" (「戦艦ポチョムキン」)に出てくるらしいが、未確認(ただし "Battleship Potemkin: Scenario and script by Sergei Eisenstein" 参照)。(このパラグラフへの補足記事 [メモ:映画 [戦艦ポチョムキン] 中の「全員は一人のために 一人は全員のために 」] も参照されたい。)

"One for all, all for one." は、「ユートピア/革命の昂揚」の指標であるのと同時に、「ディストピア/革命の幻滅」隠蔽の指標でもあると言うべきか。

いみじくも、アレクサンドル・デュマ・ペール (Alexandre Dumas) は、このあたりの機微を、アトスとアラミスに「手を差し出して誓え!」と迫られたポルトスが、「ブツブツ口ごもりながらも、周りの勢いに気圧されて」(Vaincu par l'exemple, maugréant tout bas)、ダルタニャンとの四人で「全員が一人のために、一人は全員のために」と唱和したと、書いていることを忘れるべきではないだろう( [ダルタニャン物語 第一部「三銃士」"Les Trois Mousquetaires"] 第9章)。


    最後に、各国語おける問題の標語を改めてまとめておこう(主な変異例がある場合には、それも付ける):
  • フランス語: "Tous pour un, un pour tous."

  • 英語: "One for all, all for one." ("One for all, and all for one." )

  • ドイツ語: "Einer für Alle, Alle für Einen"

  • 日本語: 「一人は万人のために、万人は一人のために。」(「みんなは一人のために、一人はみんなのために。」)

  • イタリア語: "Uno per tutti, tutti per uno." ("Uno per tutti e tutti per uno.")

  • ラテン語: "Unus pro omnibus, omnes pro uno"

  • ロシア語: "Один за всех, все за одного." ("Один за всех и все за одного.")


    補足
  • スペイン語: "uno para todo, todo para uno." ("uno para todo y todo para uno.")

  • オランダ語: "Een voor allen, allen voor een." ("een voor allen en allen voor een.")

  • ポルトガル語: "um para todos, todos para um." ("um para todos e todos para um.")

  • 中国語形: "我為人人,人人為我" らしい。(中国語ウィキペディアのスイスの項 "瑞士" による。) "one" には「我」、"all" には「人人」が当てられているのが興味深い。

  • ハングル: "전체는 하나를 위해, 하나는 전체를 위해" 「チョンチェヌン ハナルル ウィフィェ, ハナヌン チョンチェルル ウィフィェ」か? (ハングル版ウィキペディアのスイスの項 "스위스" による。"전체"「チョンチェ」は「全体」の意、"는"「ヌン」は主題を表わす格助詞、"하나"「ハナ」は数詞「一」、"를"「ルル」は目的格助詞、"위해"「ウィフィェ」は目的を表わす用言「為である」。)


|
|

« 「一人ひとりに、それぞれの必要に応じて。一人ひとりが、その能力に応じて。」と「全員が一人ひとりのために。一人ひとりは全員のために。」 | トップページ | "Liar, Liar, Pants on Fire" 試訳 »

イタリア語/italiano」カテゴリの記事

ウェブ跋渉」カテゴリの記事

オランダ語/Nederlands」カテゴリの記事

スペイン語/Español」カテゴリの記事

ドイツ語/Deutsch」カテゴリの記事

フランス語/français」カテゴリの記事

ポルトガル語/Português」カテゴリの記事

ラテン語/lingua latina」カテゴリの記事

ロシア語/русский язык」カテゴリの記事

世間/世界/社会/会社」カテゴリの記事

中国語/漢文/中文」カテゴリの記事

英語/English」カテゴリの記事

韓国語/朝鮮語/한국어」カテゴリの記事

コメント

mag さん再び貴重な情報有り難うございます。

確かに出てますねぇ。

スイス旅行中のデュマ・ペールは、ある日、レマン湖からヤヤ離れた所にある
2つの山ダン・デュ・モルクル (Dent de Morcle)とダン・デュ・ミディ (Dent du Midi)
との谷あいにある "prison pénitentiaire" (これは何と訳したら良いのでしょうなぁ?
やはり「監獄」? それとも踏み込んで「懲治監」とできるのだろうか?) を訪問する。
そこで、受刑者達が (祖国のフランスと異なり)「教育刑」的な処遇をされており、
そして、その効果が上がっていることを紹介した後で、こう付け加えるわけです。

N'est-ce pas la sublime devise fédérale mise en pratique:
un pour tous, tous pour un?
これこそは、崇高なる連邦のモットー
「一人は全員のために。全員は一人のために」
を実践するものではなかろうか?
--Alexandre Dumas (père) "En Suisse: Impressions de voyage" (1834)

つまり、デュマ・ペールは [三銃士] (1844年) の10年前に既に、
問題の「モットー」に就いて言及しており
(もっとも [三銃士] では "Tous pour un, un pour tous." の形ですが)、
しかも、それは [スイス連邦] のモットーそのものであったことが
一挙に確認できた訣です。

これは素晴らしい指摘だと思います。

ゑびすや拝

投稿: | 2010年8月 9日 (月) 01:09

レスありがとうございます。
しばらくチェックしていなかったので、反応が遅くなりました。

その後結局ソースを探し当てることが出来ました(実はリスト全集の補遺第5巻の前書きにちゃんと書いてあったのですが、ずっと見逃してまして……)。
書かれた媒体での初出はDumasのImpressions de voyage: En Suisse(1834年)のようです。残念ながら初版本ではありませんが、参考としてリンク先をご覧ください。
Alexandre Dumas (père) "Suisse" - Google ブックス
この本について言及しているLisztの手紙が残っていますので、Dumasによるフランス語形のTous pour un, un pour tousを知っていたことは間違いないでしょう。

ちなみに、本筋から逸れる内容のため以前はあえて簡略にコメントしましたが、折角ですので少々補足させていただきます。
LisztのChapelle de Guillaume Tellを収録した曲集の出版事情はかなりややこしいもので、出版年は前後しますが、1842年のHaslinger版のAlbum d'un voyageurの方が、1841年のRichault版のAnnée de Pèlerinage(Annéeが単数形です。ちなみに内容はAlbum d'un voyageurの第一部と同一です)よりも当初のLisztの考えを反映しているとされています。

投稿: mag | 2010年8月 8日 (日) 12:02

-------------------------------------
mag さん。貴重な御教示有り難うございます。

たしかに、Franz Liszt の "Album d'un voyageur" 第1部 "Impressions et poésies" に収められたスコア "Chapelle de Guillaume Tell" ("YouTube"で見ることができます ) には、あたかも曲想指定の如くに "Einer für Alle, Alle für Einen" と云う言葉が付けられています。

しかも、状況証拠からして、同曲を改訂再録した "Années de Pèlerinage (Première Année - Suisse)" の1855年の段階ではなく、当初パリの Richault から 1841年に発行された段階から付いていた可能性が高いように思われます。

大変勉強になりました。

これは私の憶測ですが、リストがスイスに「巡礼」と云うか、スイスを「歴訪」した1830年代には、スイスの「伝統的モットー」と謂われる "Unus pro omnibus, omnes pro uno" が (実際にラテン語形式であったかどうかは別にして) 既にある程度人口に膾炙していたのかもしれません。その時か、あるいは、その後、それを聞いたリストがスイスと云う国土を象徴する言葉としてウィリアム・テルと対を成すようにして楽譜に書き込んのだろうなどと思ってます。

えびすや拝

投稿: | 2010年7月26日 (月) 01:31

フランツ・リストの、「ウィリアム・テルの礼拝堂」(1841年出版)のモットーに、ドイツ語形の”Einer für Alle, Alle für Einen”がすでに使われています。
ただ、初出が何であるかについては辿ることが出来ませんでした。

投稿: mag | 2010年7月25日 (日) 09:54

kando-simasita

投稿: | 2010年3月31日 (水) 12:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40172/13724008

この記事へのトラックバック一覧です: "One for all, and all for one" (「一人は万人のために、万人は一人のために」) に就いて:

» 生命保険の解説 [生命保険をわかりやすく解説]
わかりやすく生命保険を説明しています。ぜひ1度来てみてください。 [続きを読む]

受信: 2007年1月31日 (水) 03:46

» 幼児教育は「知恵のある、情緒豊かな子」を育てる [幼児教育に関する情報百科]
幼児教育で求めるものは何でしょうか。大切なことは「知恵のある、情緒豊かな子」を育てることです。この知恵とは、考えたり、工夫したりして何かを創りだす力のことです。 [続きを読む]

受信: 2007年1月31日 (水) 14:16

» バレーボールシューズ [バレーボールシューズ]
バレーボールシューズ [続きを読む]

受信: 2007年2月 2日 (金) 13:02

» 火災保険とは [ネット情報ブロッグ]
火災保険とは火災などの災害によって受けた損害を補償してくれる保険です。 [続きを読む]

受信: 2007年2月 5日 (月) 09:06

« 「一人ひとりに、それぞれの必要に応じて。一人ひとりが、その能力に応じて。」と「全員が一人ひとりのために。一人ひとりは全員のために。」 | トップページ | "Liar, Liar, Pants on Fire" 試訳 »