« タップ密度と嵩密度(かさ密度)に就いて | トップページ | メモ:「ゐのあか」又は「あかゐ」の句を含む例文 »

ちなみに: "Nous n'irons plus au bois" と云うタイトルの推理小説がある

と言っても、英語で書かれたものの仏訳 (ISBN 2-7382-1695-1 La Bibliographie nationale française Livres - Cumulatif 2003 - 803. fictions (page 39/200) 参照) なんだが。

原題は "All Around the Town" (1992). 著者は Mary Higgins Clark. 和訳もあって、タイトルは [オルゴールの鳴る部屋で](新潮文庫)。いづれも、私は未見。

ちなまれているのは: フランスの古童謡 "Nous n'irons plus au bois"

|
|

« タップ密度と嵩密度(かさ密度)に就いて | トップページ | メモ:「ゐのあか」又は「あかゐ」の句を含む例文 »

ちなみに」カテゴリの記事

フランス語/français」カテゴリの記事

読み物・書き物・刷り物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40172/13123406

この記事へのトラックバック一覧です: ちなみに: "Nous n'irons plus au bois" と云うタイトルの推理小説がある:

« タップ密度と嵩密度(かさ密度)に就いて | トップページ | メモ:「ゐのあか」又は「あかゐ」の句を含む例文 »