« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月の7件の記事

サイト内検索フォーム設置

注意:現状では、このサイト内の検索は、、サイト [暴想] の管理者である [なおゆき] さんが作成された cocolog_ajax_search.js と云う JavaScript ユーティリティに切り替えてある。詳しくは、[nouse: JavaScript による、ココログサイト内全文検索] を参照されたい。

どれくらい役立つか未だ判らないが、「サイト内検索」、つまり、本サイト http://yeblog.cocolog-nifty.com/ 内のみの検索を行うフォームを2つ設置した。google の検索エンジンを利用するものと、[ココログル]の検索エンジンを利用するものとである。

最近(20日以内)の記事に就いては、[ココログル]を使った方がヒットしやすいだろう。それ以前は、google の方がヒットしやすくなると言いたいところだが、どうも、そうは問屋が卸さないようだ。

一つには、ブログ開設から暫くの間(多分1年以上)、ping を打たなかったので、その間の記事は、google には見えなかった可能性が高い。ただし、これは、サイト内検索フォーム設置の直前に、本ブログサイトを google に登録したから、そのうち直るかもしれない。

二番目としては、google で「ヒット」しても、検索結果がリンクしているのは、大抵トップページであるため、その内容が既に変わっていることが多い。このため、検索された url をクリックしても、該当する記事に辿りつけないことになる。google がパーマネントリンクを拾ってくれるようになれば良いのだが、今のところはどうなるか不明。

google の検索エンジンのクロールが済んだと思われる時になっても、使い勝手が悪いままなら、撤去することになるだろう。


なお、サイト内検索フォームの設置に際しては、「Black Pepper's Blog: 「サイト内検索」をつけました」と、「きのうの出来事: ココログルの検索窓がついた!」とを参考しました。お礼申し上げます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

米国特許4237224(遺伝子組み換え技術)要約・発明の背景・独立クレーム


本件は、遺伝子組み換え技術の基本特許の一つである。

米国特許 No.4,237,224 (Stanley N. Cohen; Herbert W. Boyer; December 2, 1980) の要約・発明の背景・独立クレームの訳文。ただし「従来技術に就いての簡単な説明」が、文献への参照に留まるので、「発明の概要」のパラグラフを併せて訳した。


Title of the Invention: Process for producing biologically functional molecular chimeras
発明の名称: 生体機能性キメラ分子の製造方法

Abstract
Method and compositions are provided for replication and expression of exogenous genes in microorganisms. Plasmids or virus DNA are cleaved to provide linear DNA having ligatable termini to which is inserted a gene having complementary termini, to provide a biologically functional replicon with a desired phenotypical property. The replicon is inserted into a microorganism cell by transformation. Isolation of the transformants provides cells for replication and expression of the DNA molecules present in the modified plasmid. The method provides a convenient and efficient way to introduce genetic capability into microorganisms for the production of nucleic acids and proteins, such as medically or commercially useful enzymes, which may have direct usefulness, or may find expression in the production of drugs, such as hormones, antibiotics, or the like, fixation of nitrogen, fermentation, utilization of specific feedstocks, or the like.


要約
本発明が提供するのは、微生物体内における外来遺伝子の複製及び発現のための方法及び構成体である。所望の表現特性を伴う生体機能性レプリコンを作り出すために、相補的末端を有する遺伝子が挿入されるような連結可能性末端を有する線状 DNA が得られるよう、プラスミド又はウィルス DNA が切断される。このレプリコンは、形質転換法により微生物細胞内に挿入される。形質転換細胞を単離することで、修飾を受けたプラスミド内の DNA 分子の複製・発現のための細胞が得られることになる。本発明の方法は、核酸や(医療用・商用の酵素等の)蛋白質を産生するため、微生物に遺伝因子を導入する簡便で効果的な仕方を提供するものであり、ホルモン・抗生物質等の医薬の製造、窒素固定、発酵、特定供給原材料の利用その他において、直接有用であったり、発現を見つけ出すようにできるであろう。

::訳注
上記引用中の "or may find expression in the production of drugs" の意味が取りづらい。一応一番素直と思われる訳を付けておく。

BACKGROUND OF THE INVENTION
1. Field of the Invention
Although transfer of plasmids among strains of E. coli and other Enterobacteriaceae has long been accomplished by conjugation and/or transduction, it has not been previously possible to selectively introduce particular species of plasmid DNA into these bacterial hosts or other microorganisms. Since microorganisms that have been transformed with plasmid DNA contain autonomously replicating extrachromosomal DNA species having the genetic and molecular characteristics of the parent plasmid, transformation has enabled the selective cloning and amplification of particular plasmid genes.

The ability of genes derived from totally different biological classes to replicate and be expressed in a particular microorganism permits the attainment of interspecies genetic recombination. Thus, it becomes practical to introduce into a particular microorganism, genes specifying such metabolic or synthetic functions as nitrogen fixation, photosynthesis, antibiotic production, hormone synthesis, protein synthesis, e.g. enzymes or antibodies, or the like--functions which are indigenous to other classes of organisms--by linking the foreign genes to a particular plasmid or viral replicon.

BRIEF DESCRIPTION OF THE PRIOR ART
References which relate to the subject invention are Cohen, et al., Proc. Nat. Acad, Sci., USA, 69, 2110 (1972); ibid, 70, 1293 (1973); ibid, 70, 3240 (1973); ibid, 71, 1030 (1974); Morrow, et al., Proc. Nat. Acad. Sci., 71, 1743 (1974); Novick, Bacteriological Rev., 33, 210 (1969); and Hershfeld, et al., Proc. Nat. Acad. Sci., in press; Jackson, et al., ibid, 69, 2904 (1972);


発明の背景
1.発明の分野
久しい以前より、接合及び/又は形質導入によって、大腸菌 (E. coli) その他の「腸内細菌科 (Enterobacteriaceae)」の菌株間におけるプラスミドの伝達が実現されてきたが、従来は、特定の種類のプラスミド DNA を、こうした細菌宿主その他の微生物に導入することは不可能だった。プラスミド DNA で形質転換された微生物は、親プラスミドの遺伝的・分子的特性を有し染色体外で自律的に複製する DNA 種 を含むから、形質転換を用いることで、特定のプラスミド遺伝子の選択的クローニング及び増幅が可能となった。

分類上全く異なる生物種に由来する別々の遺伝子が、特定の微生物体内において、複製・発現することが可能となるため、遺伝子の種間組み換えが実現可能となる。従って、外来遺伝子を特定のプラスミド性又はウィルス性のレプリコンに結びつけることで、窒素固定、光合成、抗生物質産生、ホルモン合成、酵素・抗体等の蛋白質合成その他の --他の分類種の生物には固有の機能である-- 代謝又は合成機能を指定する遺伝子を、特定の微生物体内に導入することが現実的なものになる。

従来技術に就いての簡単な説明
本発明に関連する文献としては、Cohen, et al., Proc. Nat. Acad, Sci., USA, 69, 2110 (1972); ibid, 70, 1293 (1973); ibid, 70, 3240 (1973); ibid, 71, 1030 (1974); Morrow, et al., Proc. Nat. Acad. Sci., 71, 1743 (1974); Novick, Bacteriological Rev., 33, 210 (1969); 及び Hershfeld, et al., Proc. Nat. Acad. Sci. (印刷中); Jackson, et al., ibid, 69, 2904 (1972); がある。

SUMMARY OF THE INVENTION
Methods and compositions are provided for genetically transforming microorganisms, particularly bacteria, to provide diverse genotypical capability and producing recombinant plasmids. A plasmid or viral DNA is modified to form a linear segment having ligatable termini which is joined to DNA having at least one intact gene and complementary ligatable termini. The termini are then bound together to form a "hybrid" plasmid molecule which is used to transform susceptible and compatible microorganisms. After transformation, the cells are grown and the transformants harvested. The newly functionalized microorganisms may then be employed to carry out their new function; for example, by producing proteins which are the desired end product, or metabolities of enzymic conversion, or be lysed and the desired nucleic acids or proteins recovered.

::訳注
上記、最後のセンテンス中の "metabolities" は、--metabolites-- と読み替える。

発明の概要
本発明では、様々な遺伝子型が利用できるように、微生物(特に細菌)の遺伝子形質を変化させ、遺伝子組み換えプラスミドを産生する方法及び構成体が提供される。連結可能末端を有し、前記末端が少なくとも1つの未改変遺伝子及び連結可能な相補的末端を有する DNA に接合されるような線状セグメントを形成するよう、プラスミド又はウィルス性 DNA が、改変される。次いで、こられの末端は、受容性及び和合性を有する微生物を形質転換するのに用いられる「ハイブリッド」プラスミド分子を形成するように、連結される。そうして出来た形質転換細胞は培養されて増殖する。こうした新たに機能が付与された微生物は、例えば、所望の最終産物である蛋白質や酵素法での代謝産物を産生することで、その新しい機能を実現するのに利用されたり、あるいは、溶菌させで、所望の核酸又は蛋白質が回収される。

We claim:
1. A method for replicating a biologically functional DNA, which comprises:

transforming under transforming conditions compatible unicellular organisms with biologically functional DNA to form transformants; said biologically functional DNA prepared in vitro by the method of:

(a) cleaving a viral or circular plasmid DNA compatible with said unicellular organism to provide a first linear segment having an intact replicon and termini of a predetermined character;

(b) combining said first linear segment with a second linear DNA segment, having at least one intact gene and foreign to said unicellular organism and having termini ligatable to said termini of said first linear segment, wherein at least one of said first and second linear DNA segments has a gene for a phenotypical trait, under joining conditions where the termini of said first and second segments join to provide a functional DNA capable of replication and transcription in said unicellular organism;

growing said unicellular organisms under appropriate nutrient conditions; and

isolating said transformants from parent unicellular organisms by means of said phenotypical trait imparted by said biologically functional DNA.


クレーム
1. 生体機能性 DNA の複製方法であって、

形質転換条件下において、和合性を有する単細胞生物を、生体機能性 DNA で形質転換して形質転換細胞を形成するが、その生体機能性 DNA は、

(a) 前記単細胞生物と和合するウィルス性 DNA又は環状プラスミド DNA を切断して、未改変レプリコンと所定特性の末端とを有する第1の線状セグメントを得てから、

(b) 前記第1の線状セグメントと、少なくとも1つの未改変遺伝子を有し、前記単細胞生物に対して外来性であり、前記第1の線状セグメントの前記末端と連結可能な末端を有する第2の線状 DNA セグメントとを組み合わせるが、ここで、或る機能性 DNA が前記単細胞生物体内で複製及び転写が可能となるように前記第1と第2との線状 DNA セグメントの末端同士が接合すると云う接合条件のもとで、前記第1と第2との線状 DNA セグメントの少なくとも一方が或る表現型特性に対応する遺伝子を有するようにして、生体外で調製されたものである、

形質転換段階と、

適宜な栄養状態で前記単細胞生物を培養する段階と、

前記生体機能性 DNA により付与された前記表現型特性を用いて、親単細胞生物から前記形質変換細胞を単離する段階からなることを特徴とする、生体機能性 DNA の複製方法。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

米国特許3950333(H2ブロッカー)要約・発明の背景・独立クレーム

本件は、消化性潰瘍の治療薬として著名な H2ブロッカーの基本特許の一つである。(米国公報上の譲受人は Smith Kline & French Laboratories Limited)。

米国特許 No.3,950,333 (Graham John Durant, John Colin Emmett, 及び Charon Robin Ganellin; April 13, 1976) の要約・発明の背景・独立クレームの訳文。

米国公報には、明示的に「発明の背景」であると示されたセクションはないが、ほぼそれに相応すると思われる2つのパラグラフを採用した。

この特許の元になった米国出願番号 450,957 (March 14, 1974) には、分割出願である出願番号 637,499 (December 4, 1975) が存在し、特許化されて米国特許 No.4,024,271 (May 17, 1977) となっている。これも、H2ブロッカーの基本特許である。


Title of Invention: Pharmacologically active guanidine compounds
発明の名称: 薬理活性を有するグアニジン化合物

Abstract:
The compounds are substituted thioalkyl-, aminoalkyl- and oxyalkyl-guanidines which are inhibitors of histamine activity.


要約:
本発明による化合物は、ヒスタミン活性阻害剤である、置換チオアルキルグアニジン、置換アミノアルキルグアニジン、及び置換オキシアルキルグアニジンである。

Description:
This invention relates to pharmacologically active compounds, to pharmaceutical compositions comprising these compounds and to processes for their preparation. The compounds of the invention can exist as the addition salts but, for convenience, reference will be made throughout this specification to the parent compounds.

It has for long been postulated that many of the physiologically active substances within the animal body, in the course of their activity, combine with certain specific sites known as receptors. Histamine is a compound which is believed to act in such a way but, since the actions of histamine fall into more than one type, it is believed that there is more than one type of histamine receptor. The type of action of histamine which is blocked by drugs commonly called "antihistamines" (of which mepyamine is a typical example) is believed to involve a receptor which has been designated by Ash and Schild (Brit. J. Pharmac. 1966, 27,427) as H-1. The substances of the present invention are distinguished by the fact that they act at histamine H-2 receptors which, as described by Black et al. (Nature, 1972, 236, 385), are histamine receptors other than the H-1 receptor. Thus they are of utility in inhibiting certain actions of histamine which are not inhibited by the above-mentioned "antihistamines". The substances of this invention may also be of utility as inhibitors of certain actions of gastrin.


説明:
本発明は、薬理活性を有する化合物、そうした化合物からなる医薬組成物、及びそれらの調製方法に関する。本発明による化合物は、付加塩の形をとりうるが、便宜上、本明細書を通じて、その親化合物への言及が行なわれる。

久しい以前から、動物体内において薬理活性を有する物質の多くは、その薬理過程において、レセプタと呼ばれる或る特定部位と結合しているはずだと考えられてきている。ヒスタミンも、そのように働いていると信じられている化合物であるが、ヒスタミンの働きには、複数の類型があるため、ヒスタミン・レセプタには複数の種類があると信じられている。通常「アンチヒスタミン」と呼ばれている薬剤(典型例: mepyamine)より阻害される種類のヒスタミン活性は、Ash 及び Schild (Brit. J. Pharmac. 1966, 27,427) により H-1 と命名されたレセプタに関わると信じられている。本発明による物質は、Black 他 (Nature, 1972, 236, 385) によるなら H-1 レセプタと異なるヒスタミン H-2 レセプタに作用する点で区別される。したがって、本発明による物質は、上記の「アンチヒスタミン」によっては阻害されない種類のヒスタミン活性を阻害すると云う点で有用である。本発明による物質は、ガストリン (gastrin) の活性のうちの或る特定の幾つかを阻害すると云う点でも有用でありうる。

::訳注
上記の "mepyamine" は、"mepyramine" (メピラミン)である可能性がある。
(2007-05-29 追加: 記事 [nouse: メピラミン (mepyramine) の構造式] も参照されたい。)

What we claim:
1. A compound of the formula: ##SPC10##

wherein A is such that there is formed together with the carbon atom shown an unsaturated heterocyclic nucleus, said unsaturated heterocyclic nucleus being an imidazole, pyrazole, pyrimidine, pyrazine or pyridazine ring; X.sub.1 is hydrogen, lower alkyl, hydroxy, trifluoromethyl, benzyl, halogen, amino or ##EQU6## in which E' is NH or N-cyano; X.sub.2 is hydrogen or when X.sub.1 is lower alkyl, lower alkyl or halogen; k is 0 to 2 and m is 2 or 3, provided that the sum of k and m is 3 or 4; Y is oxygen, sulphur or NH; E is NR.sub.2 ; R.sub.1 is hydrogen, lower alkyl or di-lower alkylamino-lower alkyl; and R.sub.2 is hydrogen, nitro or cyano, or a pharmaceutically acceptable addition salt thereof with the proviso that X.sub.1 is ##EQU7## only when E is NH or N-cyano.

::訳注
1. 上記英文クレーム冒頭の "What we claim" の後には --is-- を挿入する必要がある(米国公報にも正式な訂正が添付されている)。
2. 上記英文クレーム ##SPC10## 部分は、実際の米国公報では本発明による化合物の構造式が示されている。また、##EQU6## と ##EQU7## とには、一定の条件下での「基」X1 の構造式が示されている。


クレーム:
1. 化学構造式

3950333

を有し、A は、前記構造式中の炭素原子と共に、イミダゾール (imidazole) 環、ピラゾール (pyrazole) 環、ピリミジン (pyrimidine) 環、ピラジン (pyrazine) 環、又は、ピリダジン (pyridazine) 環の何れかである不飽和複素環からなる中核構造を形成するような構造であり、X1 は、水素基、低級アルキル基、ヒドロキシ基、トリフロロメチル基、ベンジル (benzyl)基、ハロゲン基、アミノ基、又は、E' を NH基 又は N-シアノ基であるとして

3950333b

の何れかであり、X2 は、水素基か、或いは X1 が低級アルキル基の場合は、低級アルキル基又はハロゲン基かの何れかであり、k は 0 から 2 迄の何れか、m は 2 又は 3 の何れかで、かつ、k と m との和は 3 又は 4 であり、Y は酸素、イオウ、又は NH の何れかであり、E は NR2 であり、R1 は、水素基、低級アルキル基、又は、ジ低級アルキルアミノ-低級アルキル基 (di-lower alkylamino-lower alkyl) の何れかであり、R2 は、水素基、ニトロ基、又はシアノ基の何れかであることを特徴とする化合物であるか、あるいは、E が NH 又は N-シアノ基である場合のみ、X1

3950333c

である云う条件下で、その薬理上許容される付加塩であることを特徴とする化合物。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

メモ: 「ワンクリック特許」クレーム1翻訳の従来例


Amazon.com, Inc. の所謂「ワンクリック特許」、つまり、米国特許 No.5,960,411 ('411 特許)も、「シグナチャ特許」同様ビジネスモデル特許の代表例として注目を浴びたので、これを論ずる日本語ウェブサイトは数多い。

そうしたサイトのうち、米国特許のクレーム1の和訳文、又は、その代わりとして対応日本出願(特開平11-161717)の特許請求の範囲1引用しているものを纏めておく。

このメモは、将来あるかもしれない展開(このウェブログの「米国特許5,960,411要約・発明の背景・独立クレーム」及び「米国特許5960411(ワンクリック特許)の要約・発明の背景・独立クレームの翻訳(再編集版)」参照)に備えて、現時点で収集できる情報を簡単に纏めたものにすぎない。以下に記した評言・判断は、あくまでも仮のものである。


米国 '411 特許のクレーム1が示されている例:

  1. ビジネスモデル特許(その4) (訳者は、コンピュータ・ネットワークに就いての知識とは無縁であるようだ。"client/server system" の概念さえ知らないらしく、冒頭で「クライアント・システム」とすべき "client system" を「顧客のシステム」と訳している。)
  2. 以下は、pdf ファイル

  3. ビジネスモデル特許の現状と課題 日本弁理士会ソフトウエア委員会 (全ての独立クレームである 1, 6, 9, 11の訳文が与えられている。)


米国特許ではなく、対応日本出願(特開平11-161717)の「特許請求の範囲第1項」が示されている例:

  1. ★パテントサロン★ トピック アマゾン「1-Click特許」訴訟

  2. ビジネスモデル特許の事例

  3. 米国ビジネスモデル特許(4) amazon.com の1-Click特許(USP 5,960,411) 対応日本特許(特開平11-161717号)の請求項1
  4. 以下は、pdf ファイル

  5. ビジネスモデル特許とは何か?


以前にも書いたことだが、このウェブログ nouse で現在行っている一連の米国特許公報要約・発明の背景・独立クレームの翻訳では、意図的に「発明の記述」や「図面」をなるべく読まないようにしている。しかし、本件に就いて言うなら、米国公報の独立クレームでも、日本公報の特許請求の範囲1でも、読んでいると一番肝腎なところがぼやかされている感じで、隔靴掻痒の思いがある(興味深いことだが、比較すると、日本出願の方がまだマシである)。

原則に反し、そして当てずっぽうだが、本件の要だろうと思われるところを米国公報の「発明の記述」部分から引用しておく。

FIG. 2 is a block diagram illustrating an embodiment of the present invention. This embodiment supports the single-action ordering over the Internet using the World Wide Web. The server system 210 includes a server engine 211, a client identifier/customer table 212, various Web pages 213, a customer database 214, an order database 215, and an inventory database 216. The server engine receives HTTP requests to access Web pages identified by URLs and provides the Web pages to the various client systems. Such an HTTP request may indicate that the purchaser has performed the single action to effect single-action ordering. The customer database contains customer information for various purchasers or potential purchasers. The customer information includes purchaser-specific order information such as the name of the customer, billing information, and shipping information. The order database 215 contains an entry for each order that has not yet been shipped to a purchaser. The inventory database 216 contains a description of the various items that may be ordered. The client identifier/customer table 212 contains a mapping from each client identifier, which is a globally unique identifier that uniquely identifies a client system, to the customer last associated with that client system. The client system 220 contains a browser and its assigned client identifier. The client identifier is stored in a file, referred to as a "cookie." In one embodiment, the server system assigns and sends the client identifier to the client system once when the client system first interacts with the server system. From then on, the client system includes its client identifier with all messages sent to the server system so that the server system can identify the source of the message. The server and client systems interact by exchanging information via communications link 230, which may include transmission over the Internet.

第2図は、本発明の一実施例を説明するブロック図である。本実施例は、ワールドワイドウェブ (WWW) を用いるインターネットを介した単一アクション注文方式をサポートするものである。サーバー・システム 210 は、サーバー・エンジン 211 と、クライアント識別子/顧客対応表 212 と、様々なウェブ・ページ 213 と、顧客データベース 214 と、注文データベース 215 と、在庫品目データベース 216 とからなる。サーバー・エンジンは、URL で指定されたウェブ・ページへのアクセスを要求する HTTP リクエストを受信すると、そうしたウェブ・ページを様々なクライアント・システムに提供する。こうした HTTP リクエストは、「単一アクション注文」を実現するための単一アクションを購入者が行った旨を示すものである場合がある。顧客データベースには、様々な購入者又は潜在的購入者に就いての顧客情報が蓄えられている。前記顧客情報としては、顧客の名前、代金請求情報、及び、出荷情報等の購入者固有の注文情報が挙げられる。注文データベース 215 は、購入者への出荷が完了していない注文の各々を示す項目からなっている。在庫品目データベース 216 は、注文されるかもしれない様々な品目に就いての説明を蓄えている。クライアント識別子/顧客対応表 212 は、クライアント・システムを一意に識別するグローバル一意識別子であるクライアント識別子夫々から、前記クライアント・システムに直近に付随した顧客へのマッピングを保持している。クライアント・システム 220 は、ブラウザと、ブラウザに割り当てられたクライアント識別子とからなる。クライアント識別子は、「クッキー (cookie)」と呼ばれるファイルに記憶される。ある実施例では、サーバー・システムは、クライアント・システムとサーバー・システムとの最初の交信時に、クライアント・システムにクライアント識別子を割り当てて、そのクライアント・システムに送信する。その後は、クライアント・システムは、サーバー・システムに送る全てのメッセージに、そのクライアント識別子を含ませて、サーバー・システムがメッセージの発信元を識別できるようにする。サーバー・システムとクライアント・システムとは、インターネット通信を含んだものでありうる通信リンク 230 を介して情報の交換を行う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

If you see something, say something.


もう昨日(2005年8月11日)のことになってしまいましたが、日本テレビ系列(読売テレビ製作)の「ダウンタウンDX」と云うテレビ番組を観ていたら、ゲスト出演者のウエンツ瑛士さんが持っていたニューヨークのサブウェイカードの裏面(だと思う)が大写しになりました。そこに

If you see something, say something.

と大書してあったのです。瑛士君は、好きな言葉だけど意味は判らないと言っていましたが、多分大抵の人には何を言いたいかは、すぐピンと来るでしょう。私にも判って、そして「面白い言い方をするもんだ」と思った。現在の日本の言い方なら

不審物や不審な行動を見かけたら係員までお知らせください。

と云った書き方をするところですね(番組を最後まで観なかったので、そのなかで説明がされていたかどうか、私は知らない。もし、だとしたら、失敬)。

冒頭の "If you" が無くても、文章として成立しますが、この "If you" があるとないとでは、文章のニュアンスが隨分違ってくる。現在の「ニューヨーク市と云う文脈」と云うか「アメリカ合衆国と云う文脈」だと、付いている場合 "something" に「不審」と言うラベルを貼ることができるんしょうね。

「サブウェイカード上の注意書」と云う文脈だけなら、"If you" 無しでも、字体やレイアウトでなど、何らかの形で強調するなら「不審」のラベルを貼ることができるでしょうが、おそらく、サブウェイカード以外でも、同じキャッチコピーを使ったキャンペーンが行なわれているだろうから、様々な局面に対応できるものとしては "If you" が付いていたほうが良いと判断されたのでしょう(基本的に、"If you" が付いていないパターンの方はお仕着せがましい)。

"See something, Say something" でも、"something" に「不審」のラベルを貼るよう社会全体の雰囲気を持って行くことはできます。でも、その場合、このスローガンは実質が "See anything, Say something" に変質してしまう。つまり、あらゆるものが「不審物の候補」、あらゆるひとが「不審者の候補」になってしまう。そして「不審」かどうかの判断の契機は社会の網目の中に紛れ込んで、特定できなくなる。あまりゾッとしない話ではありますが。

    関連リンク:
  1. MTA Newsroom (ニューヨーク市交通局)
  2. If you see something, say something (テキサス州ハリス郡都市交通局)
  3. Press Action ::: ‘If You See Something, Say Something’: Paranoia Rides the IRT (「キャンペーン」に対する反応の例)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

メモ: 「シグナチャ特許/"Hub and Spoke"特許」クレーム1翻訳の従来例


「シグナチャ特許」(「ハブ・アンド・スポーク特許」)、つまり、米国特許 No.5,193,056 ('056 特許)は、強い関心を呼んだので、特許関連の日本語ウェブサイトでも、数多く紹介・論評されている。当然、クレームの和訳文も付随して示されている例も少なくない。

一方、このウェブログの「米国特許5,193,056要約・発明の背景・独立クレーム」では、翻訳にあたって、意図的に「発明の記述」や「図面」をなるべく読まないようにしたので、こうした従来訳とは立っている土俵が違っている。従って、内容を比較しても得るものは、少ないだろう。

このメモは、将来あるかもしれない展開に備えて、現時点で収集できる情報を簡単に纏めたものにすぎない。以下に記した評言・判断は、あくまでも仮のものである。

米国特許ではなく、対応日本出願(特表平6-505581)の「特許請求の範囲第1項」が示されている例:

  1. ビジネス特許

  2. ハブ・アンド・スポーク特許

  3. 米国ビジネスモデル特許(1) シグナチャ特許(USP 5193056)

  4. 米国ビジネスモデル特許(1) シグナチャ特許(USP 5,193,056)

  5. State Street事件判決 (この解説には、日本出願の「特許請求の範囲第1項」のほかに、米国出願のクレーム1が日本文として紹介されているが、解説の都合上か、大幅に編集されており「訳文」にはなっていない。)
  6. 以下は、pdf ファイル

  7. E-Commerce とビジネスモデル特許をめぐる法的問題 ...

  8. インターネット上のビジネスモデル特許
  9. 日本出願と米国出願では、クレームの内容が一対一に対応するとは限らないのは当然である。しかし、その点を割り引いても、日本出願には首を傾げたくなるところがある。

    米国出願のクレーム1(c)における "first means for initializing the storage medium;" を「媒体の初期化」ではなく「保存媒体を起動するための第1の手段:」としたのは、まだ「ご愛敬」として見過ごせないこともないが、(e)項で、"net realized gain or loss" を「正味の非換金ゲインあるいは損失」としてしまったのは失態だろう。このため、(f)項での「正味の非換金ゲインあるいは損失」(原文: "net unrealized gain or loss") との区別が付かなくなっている。

    "gain or loss" 「ゲインあるいは損失」としているのも気になる。「損益」または「ゲイン・ロス」と統一した方が良かったろう。


米国 '056 特許のクレーム1が示されている例(そう推定されるものも含む):

    以下は、pdf ファイル

  1. 経済産業省産業金融小委員会 報告書 参考試料2 (e 項と f 項とで、"net" が「総」と訳されている。"net" を訳文上に顕在化させる場合には、素直に「純」または「正味」を使うべきではなかったか。)

  2. ビジネスモデル特許の現状と課題 (数行の間で「資産」を「試算」としたり、「経費」を「軽費」としたりと、タイプミス・校正ミスが目立つ。"realized," "unrealized" を「認識される」、「認識されない」としてしまっているのも問題。)


米国連邦巡回控訴裁判所での判決の訳文中に含まれる形で '056 特許 クレーム1の和訳が示されている例:

  1. 連邦巡回控訴裁判所 96-1327 号事件判決

  2. STATE STREET v. SIGNATURE ハブ・アンド・スポーク事件
  3. 以下は、pdf ファイル

  4. 三協国際特許事務所 US 特許実務入門コース 添付資料2: (e 項で、"realized" の含意が訳文に反映されていない。)


なお、"realized" そして "unrealized" については、「実現された」、「未実現の」といった訳語も使われているようだが、このウェブログの米国特許5,193,056要約・発明の背景・独立クレーム では「確定(損益)」及び「含み(損益)」を使っている。

"unrealized" に「含み」を当てたのは、野村證券証券用語解説集中 「含み損益[ふくみそんえき]」の項や、新日本石油財務株式関連データ2000高島屋 ファクトブック2000を参照。

野村證券の証券用語解説集では、「実現損益」を "realized profit and loss" に対応させている。これを無視して、"realized"に「確定」と云う訳語を当てたのは、"net" の処理を統一するため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

米国特許5193056(シグナチャ特許/"Hub and Spoke"特許)要約・発明の背景・独立クレーム


本件は、ビジネスモデル特許が注目を集めるきっかけとなった Signature Financial Group Inc. の所謂「シグナチャ特許」(あるいは "Hub and Spoke" 特許)である。

米国特許 No.5,193,056 (R. Todd Boes. March 9, 1993) の要約・発明の背景・独立クレームの訳文。



Titel of Invention: Data processing system for hub and spoke financial services configuration

発明の名称: ハブ及びスポーク型構成金融サービス用データ処理システム

Abstract
A data processing system is provided for monitoring and recording the information flow and data, and making all calculations, necessary for maintaining a partnership portfolio and partner fund (Hub and Spoke) financial services configuration. In particular, the data processing system makes a daily allocation of assets of two or more funds (Spokes) that are invested in a portfolio (Hub). The data processing system determines the percentage share (allocation ratio) that each fund has in the portfolio, while taking into consideration daily changes both in the value of the portfolio's investment securities and in the amount of each fund's assets. The system also calculates each fund's total investments based on the concept of a book capital account, which enables determination of a true asset value of each fund and accurate calculation of allocation ratios between the funds. The data processing system also tracks all the relevant data, determined on a daily basis for the portfolio and each fund, so that aggregate year-end data can be determined for accounting and for tax purposes for the portfolio and for each fund.


要約
パートナーシップ・ポートフォリオとパートナー基金(ハブとスポーク)からなるよう構成した金融サービスを維持するのに必要な、情報フロー及びデータの監視・記録、並びに、全ての計算を行うデータ処理システムが提示されている。前記データ処理システムは、特に、ポートフォリオ(ハブ)に投資された複数の基金(スポーク)の資産配分を日々行う。前記データ処理システムは、ポートフォリオの投資証券価値及び各基金資産額双方の日々の変化を勘案しつつ、ポートフォリオにおける各基金の保有率(配分率)を決定する。また、前記システムは、簿価資本勘定 (book capital account) と云う概念に基づいて各基金の投資総額を計算するので、各基金の真の資産価値を決定し、基金間の配分比を正確に計算することが可能になる。また、前記データ処理システムは、ポートフォリオと各基金に対し日次ベースで決定される全ての関連データを追跡していくので、ポートフォリオ及び各基金に関する会計処理及び税務対策のための総合的な年度末データを決定することができる。


訳注:上記要約で "partner fund" は「パートナーファンド」ではなく「パートナー基金」と訳してある。これは、他の箇所で無限定の "fund" を「基金」と訳してあるのにそろえるためである。



BACKGROUND OF THE INVENTION
Investment vehicles such as mutual funds have certain operating costs. To name just a few expenses, every fund, including institutional funds (whose investors are financial institutions), pays an investment advisory fee to an investment adviser who invests the fund's assets, custodian fees to a custodian for the safekeeping of the fund's assets, portfolio accounting fees for the determination of the fund's asset value and income, shareholder servicing fees to various entities which provide investors with information and services regarding the fund, an audit fee to the fund's independent accountants who review the fund's financial statements, and a legal fee for counsel to represent the fund and each of its independent trustees. A retail fund (one whose investors are largely individuals) incurs the same kinds of expenses as an institutional fund, although certain expenses, such as shareholder servicing fees and distribution (12b-1) fees, will be larger for a retail fund, since individual investors need more services than do sophisticated institutional investors.

::上記の "(12b-1)" は、米国で投資信託に基金資産から毎年引き落とすことが認められている販売経費。「1940 年投資会社法」に基づく証券取引委員会 (Securities and Exchange Commission) の規則 "12b-1" に由来する。

Having a large amount of assets results in various economies of scale in fund operating costs. Since many of a fund's expenses are independent of the fund's asset base, a larger fund asset base produces a lower operating expense ratio (expenses to assets), which increases the net investment performance of the fund. Also, since larger funds purchase securities in larger denominations, they are able to bargain for higher yields (on bonds and other debt securities) or pay lower brokerage commissions (on equity securities) than a smaller fund can.

One way to achieve a large asset base is to combine assets of two or more mutual funds or other collective investment vehicles (hereafter referred to as funds). Current laws, however, place several restrictions on commingling the assets. A newly developed financial services configuration, called "Hub and Spoke" (a service mark of Signature Financial Group, Inc.), does allow for commingling the assets of two or more mutual funds. This financial services configuration involves an entity that is treated as a partnership for federal income tax purposes and that holds the investment portfolio (hereafter referred to as the partnership portfolio) and funds that invest as partners in the partnership portfolio.

Under the partnership portfolio and partner fund configuration, each of several funds, called "Spokes" (a service mark of Signature Financial Group, Inc.), can be a mutual fund registered under the Investment Company Act of 1940 (the "1940 Act") and the Securities Act of 1933 (the "1933 Act"). In addition to mutual funds, a "Spoke" (a service mark of Signature Financial Group, Inc.) may also be a pension fund (subject to ERISA), a common trust fund (regulated by various banking regulators), an insurance company separate account, or a non-U.S. domiciled investment fund In addition, a partnership portfolio, called the "Hub" (a service mark of Signature Financial Group, Inc.), is established, and each fund is an investor in the partnership portfolio. The partnership portfolio is registered under the 1940 Act (since it is an investment company), but its shares are not registered under the 1933 Act. Individuals cannot invest directly in the partnership portfolio. Its only investors are the funds, each of which invests 100% of its assets in the portfolio.

::上記の "investment fund In addition" は、当然 --investment fund. In addition-- と読むべき。

Although the portfolio may legally be a trust or other entity, it is considered to be a partnership for tax purposes. As a partnership, it receives "flow-through" tax treatment and, so, the portfolio does not pay taxes, but rather all economic gain or loss flows through to the portfolio investors. Mutual funds must rely on qualifying for "regulated investment company" ("RIC") status under the Internal Revenue Code (the "Code") to avoid taxation. The RIC provisions of the Code generally prevent mutual funds from investing in other types of funds and impede the division of a single mutual fund into multiple mutual funds. These RIC provisions also lead to economic distortions and inequities among shareholders which will be discussed below.

With the assets of two or more funds combined in the portfolio, the economies of scale described above can be more fully realized. The assets of different types of investment vehicles may now be commingled, resulting in more efficient and effective investment management. While all funds can benefit from Hub and Spoke services, a fund with a small amount of assets, which ordinarily would not be a viable fund because it would have a prohibitively high operating expense ratio, can now be established on a cost-effective basis by investing its assets in a portfolio. Investing in a portfolio also provides the new fund with an investment history, which makes the fund more attractive to investors. Therefore, a mutual fund sponsor can more efficiently organize a new mutual fund to be offered to customer markets which previously could not be economically accessed by that sponsor.

Because the portfolio is not a mutual fund, it is not subject to certain economic distortions and inequities that are inherent to normal mutual fund investing. Consider a first fund which invests in a second mutual fund just before the second fund distributes its capital gains. The first fund realizes capital gains from this distribution, as does every shareholder of the second fund. The first fund, however, has not actually realized any gain in the value of the second fund, and so the second fund is merely returning a portion of the first fund's original investment. The first fund is required to pay tax on part of its original investment or, if it is a mutual fund, pass such tax on to its shareholders. Thus a return of investment becomes subject to tax.

Unlike a mutual fund, the portfolio makes daily allocations of income, capital gains, and expenses or investment losses, rather than actual distributions. These daily allocations, which are determined and managed by the data processing system and method disclosed herein, are based on an "allocation ratio" which is further described below. Such daily allocations avoid economic distortions and inequities by directly allocating the appropriate economic benefit and loss to each shareholder on that day. Mutual funds merely distribute income, and gain or loss, to whatever shareholders happen to exist on an arbitrary date when a distribution is made. While such gain or loss is taken into account in between such distributions through the determination of the net asset value of the mutual fund's shares, it is the distribution of the gain or loss which creates a taxable gain or loss for a shareholder. The Hub and Spoke financial services configuration thus avoids this disadvantage by more accurately matching economic and taxable income.

The partnership portfolio and partner fund configuration presents great administrative challenges. Because each of the partners in the portfolio is some type of fund, the assets of which change daily as customers make further investments or withdrawals, the partnership interest of each fund varies daily. For example, consider a portfolio made up of Funds A and B. Assume that at the start of the day Fund A has $750,000 invested in the portfolio and Fund B has $250,000 invested. The portfolio has $1,000,000 in assets with Fund A having a 75% share and Fund B having a 25% share. Next, assume that by the end of the day the portfolio has not changed in value due to market fluctuations, but that additional purchases by fund shareholders have given Fund A $800,000 in assets and Fund B $275,000 in assets. The portfolio has grown to $1,075,000 in assets, with Fund A having a 74.4% share and Fund B having a 25.6% share.

Further complexities arise as the value of the portfolio assets rise and fall or as additional funds invest in the portfolio (or as existing funds withdraw their investments entirely). Additionally, as in any mutual fund complex, many Hub and Spoke structures may be administered simultaneously. A new and unique data processing system and method is necessary to enable accurate daily allocations to be made among each of the funds in a portfolio. Also, each such daily allocation is comprised of various economic components--income, gain, loss, expenses. These various components must be isolated and aggregated, on a continual basis, for both non-tax accounting purposes and, again (in separate accounts), for tax purposes.

Economic inaccuracies would appear over time if daily allocations were not made. Such inaccuracies will arise since typically a mutual fund will not actually allocate or pay out on a daily basis the economic components of the fund's economic experience for that day. Depending on a particular fund's prospectus, actual cash distributions can be made monthly, quarterly, or as otherwise so determined.

Were the partnership portfolio structured as a mutual fund, which makes distributions on a periodic basis, income earned on a given day, if not allocated on that day would result in an increase in capital value of the fund as a whole, rather than in income received by a particular investor; similarly, expenses incurred, if not allocated on that day, would result in a decrease in capital value of the fund as a whole, rather than as a decrease in income for a particular investor. The data processing system and method of the present invention will allow each fund to recognize on its balance sheet its fair share of economic benefit or loss experienced by the portfolio on that day.

A unique method has been developed to calculate accurately the fund allocation ratios. Each fund has a book capital account, which represents each fund's total investment in the portfolio including all earned, but undistributed, economic benefit. This book capital account for each fund includes the previous day's fund shareholder purchases and redemptions, the fund's proportional share of daily portfolio income and expenses, and the fund's share of daily portfolio realized and unrealized gain or loss.

On each fund's first day as a portfolio investor, or on the beginning of each fiscal year that a fund continues to participate in a Hub and Spoke configuration, its respective share ownership in the portfolio is determined by its relative percentage of the total dollar amount of investments in the portfolio. Thereafter, the fund's allocation percentage is adjusted through proper adjustments to the book capital account balances of the participating funds (which a data processing system according to the present invention determines daily). The respective fund book capital accounts, which change every day, continually indicate the accurate relative ownership of the portfolio by each fund. Each fund's book capital account will be either increased or decreased daily depending upon the following:

(a) increased by any capital contributions (purchases by fund shareholders) made by the fund to the portfolio;

(b) decreased by any distributions (including portfolio expenses and redemptions by fund shareholders) made to the fund by the portfolio;

(c) increased by any increase in net unrealized gains or decrease in net unrealized losses allocated to the fund;

(d) decreased by any decrease in net unrealized gains or increase in net unrealized losses allocated to the fund; and

(e) increased or decreased by the amount of profit (portfolio income) or loss (portfolio expenses), respectively, allocated to the fund.

A data processing system and method according to the present invention successfully determines each of these ever changing, and interrelated, accounts. By calculating the daily adjusted total investments for each fund according to the concept of a book capital account, the allocation ratios may be calculated accurately. The data processing system also determines, each day and over time, data necessary for calculating aggregate year-end income, expenses, and capital gain or loss for tax and accounting purposes.


発明の背景
投資信託などの投資ビークルには、一定の運用コストがかかる。そうした費用の幾つかだけでも挙げてみると、機関基金(投資家が金融機関であるもの)を含めて、どの基金であっても、基金資産を投資する投資顧問への投資顧問料、基金資産の保護預かりを行うカストディアンへの料金、基金資産価値及び収益を決定するためのポートフォリオ会計処理料、基金に関する情報及びサービスを投資家に提供する様々な事業主体への株主サービス料、基金の財務諸表を検討するため基金が選定した独立会計士への会計監査料、基金及び基金から独立した個々の受託者を代理する弁護士への弁護料を支払っている。リテール資金(大多数が個人投資家からなるもの)でも、機関資金と同種の費用が発生するが、個人投資家には、熟練した機関投資家よりも必要となるサービスが多いから、リテール資金では、株主サービス料や配当料 (12b-1 フィー) など、ある種の支出は機関資金より増えることになろう。

巨額の資産を保有すると、基金運用コストに様々な「規模の経済性」が効いてくる。基金の支出の多くは、基金の資産基盤とは独立しているため、資産基盤が大きくなると、その分、運用費用率(費用対資産)が減少し、基金の純投資効果が増大する。また、基金が大きいと、証券を大きな額面金額で購入することになるので、(債券その他の負債証券において)高めの利回りで取り引きを行うことや、(持分証券において)基金が小さい場合より低い仲介手数料支払いで済むことが可能になる。

大きい資産基盤を実現する一つの方法としては、複数の投資信託その他の集団投資ビークル(以下「基金」と呼ぶ)の資産を結合することがある。しかし、現行法は、資産の混和に幾つかの制限を課している。「ハブ・アンド・スポーク "Hub and Spoke"」 ( シグナチャ・ファイナンシャル・グループ・インコーポレーティド "Signature Financial Group, Inc." のサービス・マーク) と呼ばれる、新開発の金融サービス構成では、複数の投資信託の混和が可能になる。この金融サービス構成は、連邦所得税上パートナーシップとしてみなされ、投資ポートフォリオ(以下「パートナーシップ・ポートフォリオ」と呼ぶ)と、そうしたパートナーシップ・ポートフォリオのパートナーとして投資を行う基金とを保有する事業主体を利用する。

パートナーシップ・ポートフォリオ=パートナー基金構成にあっては、複数ある基金のうちの個々の基金 --「スポーク "Spoke"」( シグナチャ・ファイナンシャル・グループ・インコーポレーティドのサービス・マーク)と呼ばれる -- は、「1940 年投資会社法 Investment Company Act of 1940」(「投資会社法」)及び「1933 年証券法 Securities Act of 1933」(「証券法」)のもとで登記された投資信託と云うこともありうるが、「スポーク "Spoke"」(シグナチャ・ファイナンシャル・グループ・インコーポレーティドのサービス・マーク)には、投資信託の他にも、年金基金(従業員退職給付保障法 -- ERISA: Employment Retirement Income Securities Act -- の管轄下にある)、共同信託基金(様々な銀行業務規制担当者の管掌下にある)、保険会社の分離勘定、米国外居住者による投資基金がなってもよい。更に「ハブ "Hub"」(シグナチャ・ファイナンシャル・グループ・インコーポレーティドのサービス・マーク)と呼ばれるパートナーシップ・ポートフォリオが設立され、各基金は、そのパートナーシップ・ポートフォリオにおける投資家となる。そのパートナーシップ・ポートフォリオは(投資会社であるから)「投資会社法」に従って登記されるが、その株式は「証券法」に従った登記はされない。個人は、このパートナーシップ・ポートフォリオへの直接投資をすることはできない。その投資家は、基金のみであり、そうした各基金は、ポートフォリオの資産群の 100% を投資する。

このポートフォリオは、法律的には信託又は他の事業主体でありうるが、税法上はパートナーシップとみなされる。パートナーシップとして、このポートフォリオは、税制上「通り抜け的」取り扱いを受けるため、税の支払いを行うことはなく、全ての経済的損益は、ポートフォリオの投資家側に通り抜ける。投資信託が課税回避するには、内国歳入法(「歳入法」)上、「適格投資会社」(RIC: regulated investment company) の要件を満たす必要がある。歳入法の適格投資会社条項は、投資信託が他の種類の基金に投資することを禁止しており、また、単一の投資信託が複数の投資信託に分割することを妨げている。また、こうした適格投資会社条項は、以下に論ずるような、株主間における経済的歪みや不均衡をもたらしている。


訳注::
上記訳文において "flow-through" に対する「通り抜け的」と云う訳語に就いては、「大蔵省財政金融研究所」(現在、財務省財務総合政策研究所)「フィナンシャル・レビュー」November-1995 所収の「投資信託の税制」(田邊 曻:日本投資信託制度研究所理事長 大蔵省財政金融研究所特別研究官)の p.31 を参照のこと。


ポートフォリオにおいて組み合わされた複数の資産に対しては、上記の規模の経済性が一層充分に働くことが可能になる。異なる種類の投資ビークルの資産が融合できるようになっているので、投資管理が一層効率的・効果的に行なえるようになっている。全ての資金が、ハブ・アンド・スポーク型サービスによる利益を受けることができるわけだが、小額資産の基金に就いて言えば、通常は運用費用率が高くなり過ぎてしまうために、基金として実際的であり得ないのが普通だったが、資産をポートフォリオに投資することで、費用効果性がある仕方での設立が可能になっている。また、ポートフォリオへの投資は、新規基金に投資履歴を付与するため、そうした資金を、投資家にとって一層魅力のあるものにする。これによって、以前は経済的に参入不可能であったような顧客市場にも提示できるような新規投資信託を一層効率的に設立することが、投資信託の主催者にとり可能になった。

ポートフォリオは、投資信託ではないため、正規の投資信託での投資に付き纏う或る種の経済的歪みや不均衡には陥らない。基金「甲」が、投資信託である基金「乙」に、「乙」によるキャピタルゲインの配当直前に投資した場合を考えると、「乙」の全ての株主同様、この配当により「甲」もキャピタルゲインを実現する。しかし、実際には「甲」は「乙」の価値における利益の実現をしていないのだから、「乙」は、「甲」の当初の投資の一部を返還するに過ぎない。「甲」は、当初投資の一部に対し税金を支払うことが求められるか、あるいは、投資信託の場合は、そうした税金は、その株主に転嫁される。つまり、投資利益が課税対象となるのである。

投資信託の場合と異なり、ポートフォリオは、実際の配当を行うのではなく、収益、キャピタルゲイン、そして費用又は投資損失の配分を日々行う。この日々の配分は、以下に記載する「配分比」に基づいて、本明細書に開示されたデータ処理システム及び方法により決定・管理される。こうした日次配分は、その日に、適切な経済的利得及び損失を各株主に直接配分することで、経済的歪み及び不均衡を回避する。投資信託は、配当が行なわれた任意の日付にたまたま株主であったたらば誰であっても、それに対し収益及び損益の配当を行うだけである。そうした配当どうしの間に、投資信託株式の純資産価値の決定を通じて、そうした損益が考慮に入れられるとは言え、株主にとって課税対象となる損益を発生させるのは、その損益配当である。そこで、ハブ・アンド・スポーク型金融サービス構成は、経済的な課税対象収益を整合化することでこうした欠点を解消する。

パートナーシップ・ポートフォリオ=パートナー基金構成は、管理上大きな問題がある。ポートフォリオの各パートナーは、何らかの種類の基金であるから、その資産は、顧客が投資を追加したり引き上げたりするのに応じて、日々変化するため、各基金のパートナーシップ持分は、日々変動する。例えば、基金 A と基金 B とからなるポートフォリオを考える。一日の寄りつきに、ポートフォリオに対し、基金 A が $750,000 投資し、基金 B が $250,000 投資していたとする。ポートフォリオの資産は $1,000,000 であり、基金 A の分担所有権は 75% となり、基金 B の分担所有権は 25% となる。次いで、その日の大引けでは、市場変動によるポートフォリオ価値の変化は無かったが、基金株主の追加購入により、基金 A の資産は $800,000 になり、基金 B の資産は $275,000 になったとする。ポートフォリオの資産は $1,075,000 に増大しており、基金 A の分担所有権は 74.4% となり、基金 B の分担所有権は 25.6% となる。

ポートフォリオの資産価値は増減したり、また、ポートフォリオへの追加資金投資があるため(又は、既存の基金がその投資全額を引き出したりするため)、さらに複雑性が増す。その上、投資信託における複雑性と同様、多くのハブ・アンド・スポーク型構造が同時に管理されることもありうる。ポートフォリオの各基金に対して日々の配分を正確に行なえるようにするためには、新規で独創的なデータ処理システム及び方法が必要である。また、そうした日次配分は、それぞれ、様々な経済要素 -- 収益、損失、支出 -- からなる。こうした様々な要素は、非課税会計処理上、そして、やはり(分離勘定においては)税法上、継続的に分離されたり総合されたりする必要がある。

日次配分が行なわれないとすると、時間経過に伴って、経済上の不正確性が現われることになろう。こうした不正確性は、典型的には投資信託が、基金にその日発生した経済的出来事の経済的要素を日次ベースで実際に配分、つまり、清算しないために発生する。実際の現金配当は、個別の基金の事業目論見に応じて、月毎、四半期毎、その他の所定期間毎に行なってよいことになっているのである。

資信託として構成されたパートナーシップ・ポートフォリオの場合、配当が期間ベースで行なわれるものであるならば、所定の日に得られた収益は、その日に配分されない限り、特定の投資家が受け取る収益の増加ではなく、基金全体の資本価値の増加に繋がることになる。同様に、費用が発生して、その日に配分されない場合、特定の投資家の収益が減るのではなく、基金全体の資本価値の減少に繋がることになる。本発明のデータ処理システム及び方法によるなら、各基金は、そのバランスシート上において、その日のポートフォリオに生じた経済的利益又は損失の公正な割当分を把握することができる。

基金の配分比を正確に計算する独自な方法が開発されたのである。各基金には、獲得されてはいるが配当されていない全ての経済的利益からなるポートフォリオへの各基金の投資額全体を表わす簿価資本勘定 (book capital account) が設けられている。各基金に対する、この簿価資本勘定には、前日の基金株主の買入及び償還と、日次ポートフォリオ収益・損失での基金の比例割当分と、日次ポートフォリオ損益(「確定」か「含み」かにかかわらず)での基金の割当分とが含まれる。

各基金のポートフォリオ投資家としての初日、つまり、基金が継続してハブ・アンド・スポーク型構成に参加する各会計年度の当初では、各資金のポートフォリオにける夫々の所有権割当分は、そのポートフォリオへの投資総額に対する相対割合により決定される。その後は、基金の配分率は、(本発明のデータ処理システムが日次決定する)参加基金の簿価資本勘定残高に対する適切な調整を通じて、調整される。各基金の簿価資本勘定は、日々変化し、ポートフォリオにおける各基金の正確な相対的所有権を、連続的に示すことになる。各基金の簿価資本勘定は、以下のように日々増大又は減少する:

(a) 基金がポートフォリオに対し行う何らかの資本供与(基金株主による買入)に応じて増加する。

(b) ポートフォリオが基金に対し行う何らかの配当(ポートフォリオ支出及び基金株主による償還等)に応じて減少する。

(c) 基金に配分される含み利益の何らかの増大、又は、基金に配分される含み損失の何からの減少に応じて増大する。

(d) 基金に配分される含み利益の何らかの減少、又は、基金に配分される含み損失の何からの増大に応じて減少する。

(e) 基金に配分される利益(ポートフォリオ収益)又は損失(ポートフォリオ支出)のそれぞれに応じて増大又は減少する。

本発明のデータ処理システム及び方法は、こうした恒久的に変化し続け相互に関連している勘定の夫々を決定するのに成功した。簿価資本勘定の概念に従って、各基金の投資総額の調整を日々計算することで、配分比が正確に計算できる。また、前記データ処理システムは、税務及び会計処理のための統合年度末収益・損失及びキャピタルゲイン・ロスの計算に必要なデータを、毎日長期間にわたり決定して行く。

What is claimed is:
1. A data processing system for managing a financial services configuration of a portfolio established as a partnership, each partner being one of a plurality of funds, comprising:

(a) computer processor means for processing data;

(b) storage means for storing data on a storage medium;

(c) first means for initializing the storage medium;

(d) second means for processing data regarding assets in the portfolio and each of the funds from a previous day and data regarding increases or decreases in each of the funds, assets and for allocating the percentage share that each fund holds in the portfolio;

(e) third means for processing data regarding daily incremental income, expenses, and net realized gain or loss for the portfolio and for allocating such data among each fund;

(f) fourth means for processing data regarding daily net unrealized gain or loss for the portfolio and for allocating such data among each fund; and

(g) fifth means for processing data regarding aggregate year-end income, expenses, and capital gain or loss for the portfolio and each of the funds.


クレーム:
1. 各パートナーが複数の基金のうちの一つであるパートナーシップとして設立されたポートフォリオ構成の金融サービスを管理するデータ処理システムであって、

(a) データを処理するコンピュータ・プロセッサ手段と、

(b) 記憶媒体にデータを記憶させる記憶手段と、

(c) 前記記憶媒体を初期化する第1の手段と、

(d) ポートフォリオ及び各基金の資産に関する前日からのデータと、前記各基金・資産の増減に関するデータとを処理し、前記ポートフォリオにおける各基金の保有割当率を配分する第2の手段と、

(e) 前記ポートフォリオの日次更新する収益・支出及び確定損益に関するデータを処理し、そうしたデータを各基金に割り当てる第3の手段と、

(f) 前記ポートフォリオの日次含み損益に関するデータを処理し、そうしたデータを各基金に割り当てる第4の手段と、

(g) 前記ポートフォリオ及び各基金の総合年度末収益・支出及びキャピタルゲイン・ロスに関するデータを処理する第5の手段とからなることを特徴とする金融サービス用データ処理システム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »