« アクセスカウンタ設置 | トップページ | メモ: 「シグナチャ特許/"Hub and Spoke"特許」クレーム1翻訳の従来例 »

米国特許5193056(シグナチャ特許/"Hub and Spoke"特許)要約・発明の背景・独立クレーム


本件は、ビジネスモデル特許が注目を集めるきっかけとなった Signature Financial Group Inc. の所謂「シグナチャ特許」(あるいは "Hub and Spoke" 特許)である。

米国特許 No.5,193,056 (R. Todd Boes. March 9, 1993) の要約・発明の背景・独立クレームの訳文。



Titel of Invention: Data processing system for hub and spoke financial services configuration

発明の名称: ハブ及びスポーク型構成金融サービス用データ処理システム

Abstract
A data processing system is provided for monitoring and recording the information flow and data, and making all calculations, necessary for maintaining a partnership portfolio and partner fund (Hub and Spoke) financial services configuration. In particular, the data processing system makes a daily allocation of assets of two or more funds (Spokes) that are invested in a portfolio (Hub). The data processing system determines the percentage share (allocation ratio) that each fund has in the portfolio, while taking into consideration daily changes both in the value of the portfolio's investment securities and in the amount of each fund's assets. The system also calculates each fund's total investments based on the concept of a book capital account, which enables determination of a true asset value of each fund and accurate calculation of allocation ratios between the funds. The data processing system also tracks all the relevant data, determined on a daily basis for the portfolio and each fund, so that aggregate year-end data can be determined for accounting and for tax purposes for the portfolio and for each fund.


要約
パートナーシップ・ポートフォリオとパートナー基金(ハブとスポーク)からなるよう構成した金融サービスを維持するのに必要な、情報フロー及びデータの監視・記録、並びに、全ての計算を行うデータ処理システムが提示されている。前記データ処理システムは、特に、ポートフォリオ(ハブ)に投資された複数の基金(スポーク)の資産配分を日々行う。前記データ処理システムは、ポートフォリオの投資証券価値及び各基金資産額双方の日々の変化を勘案しつつ、ポートフォリオにおける各基金の保有率(配分率)を決定する。また、前記システムは、簿価資本勘定 (book capital account) と云う概念に基づいて各基金の投資総額を計算するので、各基金の真の資産価値を決定し、基金間の配分比を正確に計算することが可能になる。また、前記データ処理システムは、ポートフォリオと各基金に対し日次ベースで決定される全ての関連データを追跡していくので、ポートフォリオ及び各基金に関する会計処理及び税務対策のための総合的な年度末データを決定することができる。


訳注:上記要約で "partner fund" は「パートナーファンド」ではなく「パートナー基金」と訳してある。これは、他の箇所で無限定の "fund" を「基金」と訳してあるのにそろえるためである。



BACKGROUND OF THE INVENTION
Investment vehicles such as mutual funds have certain operating costs. To name just a few expenses, every fund, including institutional funds (whose investors are financial institutions), pays an investment advisory fee to an investment adviser who invests the fund's assets, custodian fees to a custodian for the safekeeping of the fund's assets, portfolio accounting fees for the determination of the fund's asset value and income, shareholder servicing fees to various entities which provide investors with information and services regarding the fund, an audit fee to the fund's independent accountants who review the fund's financial statements, and a legal fee for counsel to represent the fund and each of its independent trustees. A retail fund (one whose investors are largely individuals) incurs the same kinds of expenses as an institutional fund, although certain expenses, such as shareholder servicing fees and distribution (12b-1) fees, will be larger for a retail fund, since individual investors need more services than do sophisticated institutional investors.

::上記の "(12b-1)" は、米国で投資信託に基金資産から毎年引き落とすことが認められている販売経費。「1940 年投資会社法」に基づく証券取引委員会 (Securities and Exchange Commission) の規則 "12b-1" に由来する。

Having a large amount of assets results in various economies of scale in fund operating costs. Since many of a fund's expenses are independent of the fund's asset base, a larger fund asset base produces a lower operating expense ratio (expenses to assets), which increases the net investment performance of the fund. Also, since larger funds purchase securities in larger denominations, they are able to bargain for higher yields (on bonds and other debt securities) or pay lower brokerage commissions (on equity securities) than a smaller fund can.

One way to achieve a large asset base is to combine assets of two or more mutual funds or other collective investment vehicles (hereafter referred to as funds). Current laws, however, place several restrictions on commingling the assets. A newly developed financial services configuration, called "Hub and Spoke" (a service mark of Signature Financial Group, Inc.), does allow for commingling the assets of two or more mutual funds. This financial services configuration involves an entity that is treated as a partnership for federal income tax purposes and that holds the investment portfolio (hereafter referred to as the partnership portfolio) and funds that invest as partners in the partnership portfolio.

Under the partnership portfolio and partner fund configuration, each of several funds, called "Spokes" (a service mark of Signature Financial Group, Inc.), can be a mutual fund registered under the Investment Company Act of 1940 (the "1940 Act") and the Securities Act of 1933 (the "1933 Act"). In addition to mutual funds, a "Spoke" (a service mark of Signature Financial Group, Inc.) may also be a pension fund (subject to ERISA), a common trust fund (regulated by various banking regulators), an insurance company separate account, or a non-U.S. domiciled investment fund In addition, a partnership portfolio, called the "Hub" (a service mark of Signature Financial Group, Inc.), is established, and each fund is an investor in the partnership portfolio. The partnership portfolio is registered under the 1940 Act (since it is an investment company), but its shares are not registered under the 1933 Act. Individuals cannot invest directly in the partnership portfolio. Its only investors are the funds, each of which invests 100% of its assets in the portfolio.

::上記の "investment fund In addition" は、当然 --investment fund. In addition-- と読むべき。

Although the portfolio may legally be a trust or other entity, it is considered to be a partnership for tax purposes. As a partnership, it receives "flow-through" tax treatment and, so, the portfolio does not pay taxes, but rather all economic gain or loss flows through to the portfolio investors. Mutual funds must rely on qualifying for "regulated investment company" ("RIC") status under the Internal Revenue Code (the "Code") to avoid taxation. The RIC provisions of the Code generally prevent mutual funds from investing in other types of funds and impede the division of a single mutual fund into multiple mutual funds. These RIC provisions also lead to economic distortions and inequities among shareholders which will be discussed below.

With the assets of two or more funds combined in the portfolio, the economies of scale described above can be more fully realized. The assets of different types of investment vehicles may now be commingled, resulting in more efficient and effective investment management. While all funds can benefit from Hub and Spoke services, a fund with a small amount of assets, which ordinarily would not be a viable fund because it would have a prohibitively high operating expense ratio, can now be established on a cost-effective basis by investing its assets in a portfolio. Investing in a portfolio also provides the new fund with an investment history, which makes the fund more attractive to investors. Therefore, a mutual fund sponsor can more efficiently organize a new mutual fund to be offered to customer markets which previously could not be economically accessed by that sponsor.

Because the portfolio is not a mutual fund, it is not subject to certain economic distortions and inequities that are inherent to normal mutual fund investing. Consider a first fund which invests in a second mutual fund just before the second fund distributes its capital gains. The first fund realizes capital gains from this distribution, as does every shareholder of the second fund. The first fund, however, has not actually realized any gain in the value of the second fund, and so the second fund is merely returning a portion of the first fund's original investment. The first fund is required to pay tax on part of its original investment or, if it is a mutual fund, pass such tax on to its shareholders. Thus a return of investment becomes subject to tax.

Unlike a mutual fund, the portfolio makes daily allocations of income, capital gains, and expenses or investment losses, rather than actual distributions. These daily allocations, which are determined and managed by the data processing system and method disclosed herein, are based on an "allocation ratio" which is further described below. Such daily allocations avoid economic distortions and inequities by directly allocating the appropriate economic benefit and loss to each shareholder on that day. Mutual funds merely distribute income, and gain or loss, to whatever shareholders happen to exist on an arbitrary date when a distribution is made. While such gain or loss is taken into account in between such distributions through the determination of the net asset value of the mutual fund's shares, it is the distribution of the gain or loss which creates a taxable gain or loss for a shareholder. The Hub and Spoke financial services configuration thus avoids this disadvantage by more accurately matching economic and taxable income.

The partnership portfolio and partner fund configuration presents great administrative challenges. Because each of the partners in the portfolio is some type of fund, the assets of which change daily as customers make further investments or withdrawals, the partnership interest of each fund varies daily. For example, consider a portfolio made up of Funds A and B. Assume that at the start of the day Fund A has $750,000 invested in the portfolio and Fund B has $250,000 invested. The portfolio has $1,000,000 in assets with Fund A having a 75% share and Fund B having a 25% share. Next, assume that by the end of the day the portfolio has not changed in value due to market fluctuations, but that additional purchases by fund shareholders have given Fund A $800,000 in assets and Fund B $275,000 in assets. The portfolio has grown to $1,075,000 in assets, with Fund A having a 74.4% share and Fund B having a 25.6% share.

Further complexities arise as the value of the portfolio assets rise and fall or as additional funds invest in the portfolio (or as existing funds withdraw their investments entirely). Additionally, as in any mutual fund complex, many Hub and Spoke structures may be administered simultaneously. A new and unique data processing system and method is necessary to enable accurate daily allocations to be made among each of the funds in a portfolio. Also, each such daily allocation is comprised of various economic components--income, gain, loss, expenses. These various components must be isolated and aggregated, on a continual basis, for both non-tax accounting purposes and, again (in separate accounts), for tax purposes.

Economic inaccuracies would appear over time if daily allocations were not made. Such inaccuracies will arise since typically a mutual fund will not actually allocate or pay out on a daily basis the economic components of the fund's economic experience for that day. Depending on a particular fund's prospectus, actual cash distributions can be made monthly, quarterly, or as otherwise so determined.

Were the partnership portfolio structured as a mutual fund, which makes distributions on a periodic basis, income earned on a given day, if not allocated on that day would result in an increase in capital value of the fund as a whole, rather than in income received by a particular investor; similarly, expenses incurred, if not allocated on that day, would result in a decrease in capital value of the fund as a whole, rather than as a decrease in income for a particular investor. The data processing system and method of the present invention will allow each fund to recognize on its balance sheet its fair share of economic benefit or loss experienced by the portfolio on that day.

A unique method has been developed to calculate accurately the fund allocation ratios. Each fund has a book capital account, which represents each fund's total investment in the portfolio including all earned, but undistributed, economic benefit. This book capital account for each fund includes the previous day's fund shareholder purchases and redemptions, the fund's proportional share of daily portfolio income and expenses, and the fund's share of daily portfolio realized and unrealized gain or loss.

On each fund's first day as a portfolio investor, or on the beginning of each fiscal year that a fund continues to participate in a Hub and Spoke configuration, its respective share ownership in the portfolio is determined by its relative percentage of the total dollar amount of investments in the portfolio. Thereafter, the fund's allocation percentage is adjusted through proper adjustments to the book capital account balances of the participating funds (which a data processing system according to the present invention determines daily). The respective fund book capital accounts, which change every day, continually indicate the accurate relative ownership of the portfolio by each fund. Each fund's book capital account will be either increased or decreased daily depending upon the following:

(a) increased by any capital contributions (purchases by fund shareholders) made by the fund to the portfolio;

(b) decreased by any distributions (including portfolio expenses and redemptions by fund shareholders) made to the fund by the portfolio;

(c) increased by any increase in net unrealized gains or decrease in net unrealized losses allocated to the fund;

(d) decreased by any decrease in net unrealized gains or increase in net unrealized losses allocated to the fund; and

(e) increased or decreased by the amount of profit (portfolio income) or loss (portfolio expenses), respectively, allocated to the fund.

A data processing system and method according to the present invention successfully determines each of these ever changing, and interrelated, accounts. By calculating the daily adjusted total investments for each fund according to the concept of a book capital account, the allocation ratios may be calculated accurately. The data processing system also determines, each day and over time, data necessary for calculating aggregate year-end income, expenses, and capital gain or loss for tax and accounting purposes.


発明の背景
投資信託などの投資ビークルには、一定の運用コストがかかる。そうした費用の幾つかだけでも挙げてみると、機関基金(投資家が金融機関であるもの)を含めて、どの基金であっても、基金資産を投資する投資顧問への投資顧問料、基金資産の保護預かりを行うカストディアンへの料金、基金資産価値及び収益を決定するためのポートフォリオ会計処理料、基金に関する情報及びサービスを投資家に提供する様々な事業主体への株主サービス料、基金の財務諸表を検討するため基金が選定した独立会計士への会計監査料、基金及び基金から独立した個々の受託者を代理する弁護士への弁護料を支払っている。リテール資金(大多数が個人投資家からなるもの)でも、機関資金と同種の費用が発生するが、個人投資家には、熟練した機関投資家よりも必要となるサービスが多いから、リテール資金では、株主サービス料や配当料 (12b-1 フィー) など、ある種の支出は機関資金より増えることになろう。

巨額の資産を保有すると、基金運用コストに様々な「規模の経済性」が効いてくる。基金の支出の多くは、基金の資産基盤とは独立しているため、資産基盤が大きくなると、その分、運用費用率(費用対資産)が減少し、基金の純投資効果が増大する。また、基金が大きいと、証券を大きな額面金額で購入することになるので、(債券その他の負債証券において)高めの利回りで取り引きを行うことや、(持分証券において)基金が小さい場合より低い仲介手数料支払いで済むことが可能になる。

大きい資産基盤を実現する一つの方法としては、複数の投資信託その他の集団投資ビークル(以下「基金」と呼ぶ)の資産を結合することがある。しかし、現行法は、資産の混和に幾つかの制限を課している。「ハブ・アンド・スポーク "Hub and Spoke"」 ( シグナチャ・ファイナンシャル・グループ・インコーポレーティド "Signature Financial Group, Inc." のサービス・マーク) と呼ばれる、新開発の金融サービス構成では、複数の投資信託の混和が可能になる。この金融サービス構成は、連邦所得税上パートナーシップとしてみなされ、投資ポートフォリオ(以下「パートナーシップ・ポートフォリオ」と呼ぶ)と、そうしたパートナーシップ・ポートフォリオのパートナーとして投資を行う基金とを保有する事業主体を利用する。

パートナーシップ・ポートフォリオ=パートナー基金構成にあっては、複数ある基金のうちの個々の基金 --「スポーク "Spoke"」( シグナチャ・ファイナンシャル・グループ・インコーポレーティドのサービス・マーク)と呼ばれる -- は、「1940 年投資会社法 Investment Company Act of 1940」(「投資会社法」)及び「1933 年証券法 Securities Act of 1933」(「証券法」)のもとで登記された投資信託と云うこともありうるが、「スポーク "Spoke"」(シグナチャ・ファイナンシャル・グループ・インコーポレーティドのサービス・マーク)には、投資信託の他にも、年金基金(従業員退職給付保障法 -- ERISA: Employment Retirement Income Securities Act -- の管轄下にある)、共同信託基金(様々な銀行業務規制担当者の管掌下にある)、保険会社の分離勘定、米国外居住者による投資基金がなってもよい。更に「ハブ "Hub"」(シグナチャ・ファイナンシャル・グループ・インコーポレーティドのサービス・マーク)と呼ばれるパートナーシップ・ポートフォリオが設立され、各基金は、そのパートナーシップ・ポートフォリオにおける投資家となる。そのパートナーシップ・ポートフォリオは(投資会社であるから)「投資会社法」に従って登記されるが、その株式は「証券法」に従った登記はされない。個人は、このパートナーシップ・ポートフォリオへの直接投資をすることはできない。その投資家は、基金のみであり、そうした各基金は、ポートフォリオの資産群の 100% を投資する。

このポートフォリオは、法律的には信託又は他の事業主体でありうるが、税法上はパートナーシップとみなされる。パートナーシップとして、このポートフォリオは、税制上「通り抜け的」取り扱いを受けるため、税の支払いを行うことはなく、全ての経済的損益は、ポートフォリオの投資家側に通り抜ける。投資信託が課税回避するには、内国歳入法(「歳入法」)上、「適格投資会社」(RIC: regulated investment company) の要件を満たす必要がある。歳入法の適格投資会社条項は、投資信託が他の種類の基金に投資することを禁止しており、また、単一の投資信託が複数の投資信託に分割することを妨げている。また、こうした適格投資会社条項は、以下に論ずるような、株主間における経済的歪みや不均衡をもたらしている。


訳注::
上記訳文において "flow-through" に対する「通り抜け的」と云う訳語に就いては、「大蔵省財政金融研究所」(現在、財務省財務総合政策研究所)「フィナンシャル・レビュー」November-1995 所収の「投資信託の税制」(田邊 曻:日本投資信託制度研究所理事長 大蔵省財政金融研究所特別研究官)の p.31 を参照のこと。


ポートフォリオにおいて組み合わされた複数の資産に対しては、上記の規模の経済性が一層充分に働くことが可能になる。異なる種類の投資ビークルの資産が融合できるようになっているので、投資管理が一層効率的・効果的に行なえるようになっている。全ての資金が、ハブ・アンド・スポーク型サービスによる利益を受けることができるわけだが、小額資産の基金に就いて言えば、通常は運用費用率が高くなり過ぎてしまうために、基金として実際的であり得ないのが普通だったが、資産をポートフォリオに投資することで、費用効果性がある仕方での設立が可能になっている。また、ポートフォリオへの投資は、新規基金に投資履歴を付与するため、そうした資金を、投資家にとって一層魅力のあるものにする。これによって、以前は経済的に参入不可能であったような顧客市場にも提示できるような新規投資信託を一層効率的に設立することが、投資信託の主催者にとり可能になった。

ポートフォリオは、投資信託ではないため、正規の投資信託での投資に付き纏う或る種の経済的歪みや不均衡には陥らない。基金「甲」が、投資信託である基金「乙」に、「乙」によるキャピタルゲインの配当直前に投資した場合を考えると、「乙」の全ての株主同様、この配当により「甲」もキャピタルゲインを実現する。しかし、実際には「甲」は「乙」の価値における利益の実現をしていないのだから、「乙」は、「甲」の当初の投資の一部を返還するに過ぎない。「甲」は、当初投資の一部に対し税金を支払うことが求められるか、あるいは、投資信託の場合は、そうした税金は、その株主に転嫁される。つまり、投資利益が課税対象となるのである。

投資信託の場合と異なり、ポートフォリオは、実際の配当を行うのではなく、収益、キャピタルゲイン、そして費用又は投資損失の配分を日々行う。この日々の配分は、以下に記載する「配分比」に基づいて、本明細書に開示されたデータ処理システム及び方法により決定・管理される。こうした日次配分は、その日に、適切な経済的利得及び損失を各株主に直接配分することで、経済的歪み及び不均衡を回避する。投資信託は、配当が行なわれた任意の日付にたまたま株主であったたらば誰であっても、それに対し収益及び損益の配当を行うだけである。そうした配当どうしの間に、投資信託株式の純資産価値の決定を通じて、そうした損益が考慮に入れられるとは言え、株主にとって課税対象となる損益を発生させるのは、その損益配当である。そこで、ハブ・アンド・スポーク型金融サービス構成は、経済的な課税対象収益を整合化することでこうした欠点を解消する。

パートナーシップ・ポートフォリオ=パートナー基金構成は、管理上大きな問題がある。ポートフォリオの各パートナーは、何らかの種類の基金であるから、その資産は、顧客が投資を追加したり引き上げたりするのに応じて、日々変化するため、各基金のパートナーシップ持分は、日々変動する。例えば、基金 A と基金 B とからなるポートフォリオを考える。一日の寄りつきに、ポートフォリオに対し、基金 A が $750,000 投資し、基金 B が $250,000 投資していたとする。ポートフォリオの資産は $1,000,000 であり、基金 A の分担所有権は 75% となり、基金 B の分担所有権は 25% となる。次いで、その日の大引けでは、市場変動によるポートフォリオ価値の変化は無かったが、基金株主の追加購入により、基金 A の資産は $800,000 になり、基金 B の資産は $275,000 になったとする。ポートフォリオの資産は $1,075,000 に増大しており、基金 A の分担所有権は 74.4% となり、基金 B の分担所有権は 25.6% となる。

ポートフォリオの資産価値は増減したり、また、ポートフォリオへの追加資金投資があるため(又は、既存の基金がその投資全額を引き出したりするため)、さらに複雑性が増す。その上、投資信託における複雑性と同様、多くのハブ・アンド・スポーク型構造が同時に管理されることもありうる。ポートフォリオの各基金に対して日々の配分を正確に行なえるようにするためには、新規で独創的なデータ処理システム及び方法が必要である。また、そうした日次配分は、それぞれ、様々な経済要素 -- 収益、損失、支出 -- からなる。こうした様々な要素は、非課税会計処理上、そして、やはり(分離勘定においては)税法上、継続的に分離されたり総合されたりする必要がある。

日次配分が行なわれないとすると、時間経過に伴って、経済上の不正確性が現われることになろう。こうした不正確性は、典型的には投資信託が、基金にその日発生した経済的出来事の経済的要素を日次ベースで実際に配分、つまり、清算しないために発生する。実際の現金配当は、個別の基金の事業目論見に応じて、月毎、四半期毎、その他の所定期間毎に行なってよいことになっているのである。

資信託として構成されたパートナーシップ・ポートフォリオの場合、配当が期間ベースで行なわれるものであるならば、所定の日に得られた収益は、その日に配分されない限り、特定の投資家が受け取る収益の増加ではなく、基金全体の資本価値の増加に繋がることになる。同様に、費用が発生して、その日に配分されない場合、特定の投資家の収益が減るのではなく、基金全体の資本価値の減少に繋がることになる。本発明のデータ処理システム及び方法によるなら、各基金は、そのバランスシート上において、その日のポートフォリオに生じた経済的利益又は損失の公正な割当分を把握することができる。

基金の配分比を正確に計算する独自な方法が開発されたのである。各基金には、獲得されてはいるが配当されていない全ての経済的利益からなるポートフォリオへの各基金の投資額全体を表わす簿価資本勘定 (book capital account) が設けられている。各基金に対する、この簿価資本勘定には、前日の基金株主の買入及び償還と、日次ポートフォリオ収益・損失での基金の比例割当分と、日次ポートフォリオ損益(「確定」か「含み」かにかかわらず)での基金の割当分とが含まれる。

各基金のポートフォリオ投資家としての初日、つまり、基金が継続してハブ・アンド・スポーク型構成に参加する各会計年度の当初では、各資金のポートフォリオにける夫々の所有権割当分は、そのポートフォリオへの投資総額に対する相対割合により決定される。その後は、基金の配分率は、(本発明のデータ処理システムが日次決定する)参加基金の簿価資本勘定残高に対する適切な調整を通じて、調整される。各基金の簿価資本勘定は、日々変化し、ポートフォリオにおける各基金の正確な相対的所有権を、連続的に示すことになる。各基金の簿価資本勘定は、以下のように日々増大又は減少する:

(a) 基金がポートフォリオに対し行う何らかの資本供与(基金株主による買入)に応じて増加する。

(b) ポートフォリオが基金に対し行う何らかの配当(ポートフォリオ支出及び基金株主による償還等)に応じて減少する。

(c) 基金に配分される含み利益の何らかの増大、又は、基金に配分される含み損失の何からの減少に応じて増大する。

(d) 基金に配分される含み利益の何らかの減少、又は、基金に配分される含み損失の何からの増大に応じて減少する。

(e) 基金に配分される利益(ポートフォリオ収益)又は損失(ポートフォリオ支出)のそれぞれに応じて増大又は減少する。

本発明のデータ処理システム及び方法は、こうした恒久的に変化し続け相互に関連している勘定の夫々を決定するのに成功した。簿価資本勘定の概念に従って、各基金の投資総額の調整を日々計算することで、配分比が正確に計算できる。また、前記データ処理システムは、税務及び会計処理のための統合年度末収益・損失及びキャピタルゲイン・ロスの計算に必要なデータを、毎日長期間にわたり決定して行く。

What is claimed is:
1. A data processing system for managing a financial services configuration of a portfolio established as a partnership, each partner being one of a plurality of funds, comprising:

(a) computer processor means for processing data;

(b) storage means for storing data on a storage medium;

(c) first means for initializing the storage medium;

(d) second means for processing data regarding assets in the portfolio and each of the funds from a previous day and data regarding increases or decreases in each of the funds, assets and for allocating the percentage share that each fund holds in the portfolio;

(e) third means for processing data regarding daily incremental income, expenses, and net realized gain or loss for the portfolio and for allocating such data among each fund;

(f) fourth means for processing data regarding daily net unrealized gain or loss for the portfolio and for allocating such data among each fund; and

(g) fifth means for processing data regarding aggregate year-end income, expenses, and capital gain or loss for the portfolio and each of the funds.


クレーム:
1. 各パートナーが複数の基金のうちの一つであるパートナーシップとして設立されたポートフォリオ構成の金融サービスを管理するデータ処理システムであって、

(a) データを処理するコンピュータ・プロセッサ手段と、

(b) 記憶媒体にデータを記憶させる記憶手段と、

(c) 前記記憶媒体を初期化する第1の手段と、

(d) ポートフォリオ及び各基金の資産に関する前日からのデータと、前記各基金・資産の増減に関するデータとを処理し、前記ポートフォリオにおける各基金の保有割当率を配分する第2の手段と、

(e) 前記ポートフォリオの日次更新する収益・支出及び確定損益に関するデータを処理し、そうしたデータを各基金に割り当てる第3の手段と、

(f) 前記ポートフォリオの日次含み損益に関するデータを処理し、そうしたデータを各基金に割り当てる第4の手段と、

(g) 前記ポートフォリオ及び各基金の総合年度末収益・支出及びキャピタルゲイン・ロスに関するデータを処理する第5の手段とからなることを特徴とする金融サービス用データ処理システム。

|
|

« アクセスカウンタ設置 | トップページ | メモ: 「シグナチャ特許/"Hub and Spoke"特許」クレーム1翻訳の従来例 »

世間/世界/社会/会社」カテゴリの記事

知的財産」カテゴリの記事

翻訳」カテゴリの記事

英語/English」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40172/5302757

この記事へのトラックバック一覧です: 米国特許5193056(シグナチャ特許/"Hub and Spoke"特許)要約・発明の背景・独立クレーム:

« アクセスカウンタ設置 | トップページ | メモ: 「シグナチャ特許/"Hub and Spoke"特許」クレーム1翻訳の従来例 »