« 原子番号 5 硼素 は Pentium | トップページ | 2004年11月2日一の酉雑詠 »

ユンボ、ジャンボ、ダンボ、チョンボ

0. 整地作業
「ユンボ」と云う重機(「建設機械」・「建機」と同義なんだそうだが、微妙に違っているような気もする)があるのは知っていた。何というほどのことはないが、記憶に残りやすい語呂ではある。どう云うものかと云うイメージも、素人ながら持っていた。間違っているかも知れないことを承知で言うと、ブルドーザーのように、本体前面下方に近接して設置された幅広の装具(「ブレード」と言うらしい)で土砂等を押しのけるのではなく、本体前方ながらヤヤ高いところから伸びるアームの先端に設置された幅の狭い装具(「バケット」と言うらしい)で、土砂等を掻き出すのが「ユンボ」だろうと。

先回りして此処で書いておくと、「ユンボ」は、もともとは [三菱] の商品名(brand 又は brand name 又は trade name)であるが、現在やや一般名称(generic name)に近く使われている。

ついでに書いておくと「ユンボ」には、大型機と云うイメージはないなぁ。小回りが効くのが「ユンボ」の身上のような気もするが、実際の現場ではどうなのか知らない。

それで、普通の日本人が「ユンボ」から連想する重機のヨリ公式な一般名は「バックホー(backhoe)型油圧ショベル」とでも言うべきものだと云うことを確認しておく。

まず、1960年 [ユンボ] をフランスから日本に技術導入した、[新三菱重工業] (1950年に一旦分割された他二社との合併により 1964年 [三菱重工業]になる)から生産事業を引き継いだ[新キャタピラー三菱株式会社] (1987年 [三菱重工業明石製作所] と [キャタピラー三菱] とが合併して設立)のオフィシャルサイトによると:

油圧ショベルはヨーロッパ生まれ。昭和30年代前半までは、日本もその大部分を輸入していました。中で評価が高かったのはフランス・シカム社の製品「ユンボ」。昭和35(1960)年、同社と技術提携した新三菱重工(現三菱重工)が、翌年に代表機種のY35を初めて国産化するや、その名は油圧ショベルの代名詞として瞬く間に浸透しました。ショベルカーやバックホー、パワーショベルなど呼称はさまざまですが、(社)日本建設機械工業会では、「油圧ショベル」に統一しています。

※ 「パワーショベル」・・呼称が統一される前にある国内メーカが使用していた呼び名。
※ 「ショベルカー」 ・・油圧ショベルに限らず、警察用語では建設機械を「ショベルカー」と呼んでいます。 新聞報道でもこの表現が使われています。

バケットを手元に引き寄せるように掘削する方法を「バックホー」と言うのであって、 本来は油圧ショベルそのものを意味するものではありません。 ちなみに、手元から前方にすくい上げるように掘削する方式を「フロントショベル」と言います
--新キャタピラー三菱株式会社: なぜ油圧ショベルを「ユンボ」と言うのか?

付け加えておくと、油圧ショベルには、走向方式が無限軌道(履帯、或いは、所謂「キャタピラ」)による「クローラ式」と、タイヤによる「ホイール式」とがある。[車両系建設機械(総合)] を参照。


1. きっかけは・・・
ある時、全く唐突に、「ユンボ」は "Jumbo" のドイツ語風の読み方に違いないことに気がついた。直に気がつかないところが、私が[イカにもエビにもトロい]と呼ばれる由縁だが、兎に角気がついたので、少し調べてみようと思っていた。

"Jumbo" が、もともと USA で見世物に使われた(アフリカン・ネイチヴの言葉に由来する)巨象の名前であること位は、私でも知っていたから、この推測には、初めから確信があった。「ユンボ」の掘削作業は、あからさまに象の摂食行動を連想させるからだ。

しかし、そうなると、もう少し詳しいことを知りたくなる。その辺の事を、少し書いてみる。


2. ジャンボ
まず、最初に [巨象ジャンボ] に就いての情報をヤヤ精密にしておこう。

Wikipedia 英語版から:

Jumbo (1861 - September 15, 1885) was the most famous elephant ever, and is the root of the adjective 'jumbo'.

Jumbo was an African elephant, born in 1861 in the French Sudan from where he was imported to France and kept in the old Zoo Jardin des Plantes close to the South railway station Gare de Sud in Paris . In 1865 he was transferred to the London Zoo, where he became famous through the riding operations. It was the London zoo-keepers that gave Jumbo its name. It is a slightly garbled version of the word jambo, which is Swahili for "hello".

He was sold in 1882 to P. T. Barnum, owner of "The Greatest Show on Earth", the Barnum & Bailey Circus. Barnum's publicity made the name Jumbo synonymous with "huge". Estimated to be 3.25 metres high in the London Zoo, it was claimed that Jumbo was approximately 4 metres tall by the time of his death. Jumbo died at a train station in St. Thomas, Ontario, Canada, where he was crushed by a locomotive. A statue now at the site commemorates the tragedy.

Jumbo's skeleton was donated to the American Museum of Natural History in New York City. Jumbo's hide was stuffed and traveled with Barnum's circus for a number of years. In 1889, Barnum donated the stuffed Jumbo to Tufts University, where it was displayed until destroyed by a fire in 1975. In honor of Barnum's donation, Jumbo became the Tufts mascot.
--Jumbo - Wikipedia, the free encyclopedia

ジャンボ (Jumbo, 1861年 - 1885年9月15日) は、史上最も有名な象であり、形容詞 'jumbo' の元となった。

ジャンボは、オスのアフリカ象である。1861年に仏領スーダン(現在のマリ共和国 Republic of Mali)で生まれたが、そこからフランスに持ち込まれて、パリ南駅(Gare de Sud)近くの自然史博物館付属植物園(Jardin des Plantes de Paris)付設の古くからある動物園(La menagerie du Jardin des Plantes)で飼育された。1865年には、ロンドン動物園に移され、そこで人を乗せる実演を行うことで有名になった。ジャンボと云う名前は、ロンドンでの象の飼育係により付けられた。この名前は、スワヒリ語の挨拶である "jambo" を僅かに変更したものである。

1882年、ジャンボは、「世界最大のショー(The Greatest Show on Earth)」を名乗ったバーナム・アンド・ベイリー・サーカス(the Barnum & Bailey Circus)の所有者 P. T, パーナム (Phineas Taylor Barnum, 1810年7月5日 - 1891年4月7日)に売り渡された。バーナムの宣伝により、ジャンボと云う名前は、「巨大」を意味するようになった。ロンドン動物園で、ジャンボの体高は 3.25 メートルとされていたが、ジャンボ死亡の際には、約4メートルであったと喧伝された。ジャンボが死んだのは、カナダのオンタリオ州セント・トーマスにあった鉄道の駅でのことで、機関車に追突されたのだった。現在、事故現場には像が建てられている。

ジャンボの骨格は、ニューヨーク市にあるアメリカ自然史博物館(the American Museum of Natural History)に寄贈された。ジャンボの皮の方は、剥製にされて、数年の間、バーナムのサーカスの巡業に伴われた。1889年、バーナムは、ジャンボの剥製を、タフツ大学(Tufts University)に寄贈した。剥製は、1975年の火事で焼失するまで、大学で展示されていた。バーナムの寄贈に敬意を払って、ジャンボは、タフツ大学のマスコットにされた。


[[ゑびすや注:この Wikipedia からの引用部分及び訳文は、"GNU Free Documentation License" に従って再利用可能である。]]


3. ユンボ
で、「ユンボ」のことなんだが・・・

再び [新キャタピラー三菱株式会社] のオフィシャルサイトから適宜引用すると:

新三菱重工業は建設機械のレパートリーを広げるべく、今後主流となる製品を求めて、海外の建設機械の調査を重ねた。その結果、有力候補に上がったのが、フランスのユンボ社 (当時シカム社) の油圧ショベルであった。



新三菱重工業は、昭和35年2月調査団をユンボ社へ派遣。性能や将来性を検討した結果、技術提携を決定し、8月には通産省の認可を得た。10月にサンプル機Y35を輸入、さまざまな調査研究を行った。


昭和35年(1960)、建設機械の専門工場として、神戸造船所明石工場は建設された。11万8,420m²の敷地に、建設機械・鉄構・研究所の共同設備を有する工場は6月に着工し、12月には生産のすべてを引き継いだ工場が完成した。
昭和36年6月、記念すべき国産初の全油圧式パワーショベルY35の1号機が、(株)戸田組 (現・戸田建設(株)) に納入されたのを皮切りに、Y35シリーズは好調に販売を続け、38年度には累計で451台に達した。全国で、その機能を評価されたY35は、次第に日本中に浸透し三菱ユンボパワーショベルの商品名「ユンボ」は、油圧ショベルの代名詞になったほどである。


そして需要の伸びとともに、明石工場は生産能力を高め事業を拡大、昭和46年8月1日には三菱重工業明石製作所として独立した。
--新キャタピラー三菱株式会社: 新キャタピラー三菱の歴史:1959-73

なお、1977(昭和52)年9月、三菱重工はユンボ社(旧シカム社)との技術提携を解消している(新キャタピラー三菱株式会社: 新キャタピラー三菱の歴史:1986-92)。


4. パズル
ここで分らなくなってくる。フランス語では単語 "jumbo" の発音は、やはり [ジャンボ] とでもするしかないだろう(フランス語にとっての英語由来の外来語と意識されている)。

ちなみに、Hachette のオンライン辞書 Encyclopédie Voila avec Hachette では、"jumbo" こう説明されている:

jumbo [ʤæmbo] n. masc. (arg. amér. «petit éléphant».).
1. AVIAT. Équivalent français : gros-porteur. [On dit aussi jumbo jet.]
2. Chariot à portique portant un jeu de perforatrices qui permet de forer simultanément plusieurs trous de mine dans un tunnel.
--Voila Encyclopédie, c 02/2004 Hachette Multimédia / Hachette Livre

jumbo [ʤæmbo]. 名詞. 男性. (「小さい象」を意味する米国スラング)
1. [航空] フランス語の gros-porteur (大型輸送機) と同義. jumbo jet (ジャンボジェット)とも言う.
2. トンネル内で同時に複数の発破孔が掘削できるよう、複数の削岩機をまとめて保持している横木が設けられた車両.

[[ゑびすや注: 残念ながら、発音記号が旨く表示されていないかもしれない。少なくとも、私の Internet Exolorer ではそうだ。]]

我我の「ユンボ」とは違いますなぁ。つまり、普通名詞としてのフランス語 "le jumbo" には、「ユンボ」に相当する意味はなさそうだ。

じゃ、ドイツ語の "der Jumbo" は、どうかと云うと、辞書には、少なくとも機械関係では [ジャンボジェット] 以外の語義は見当たらない(wissen.de)。やはり普通名詞としては「ユンボ」を意味しえない可能性が高い。


5. デッドエンド
ネット上をいろいろ検索してみたが、"jumbo" と 「ユンボ」とを繋ぐ資料は見つからなかった。ここは、一旦「ユンボは Jumbo のドイツ語風の読み方に違いない」と云う大前提を捨てる必要がある。

かと云って、出来ることはあまりない。"yunbo" 又は "yumbo" でネットを検索するくらいだ。しかも、それは「ユンボ」に就いてネットで調べる際にルーチンワークとして遣ってある(「ユンボ」のローマ字表記だからね)。しかし、フランス語圏(もしくは、フランス国内)のサイトを標的にして、集中的に調べることはしていなかった(だって、「ローマ字表記」だからね)。たまたま、フランス語のサイトがあっても、そこでは yumbo は、バイクだかスクーターだかの商品名らしかった。


6. ドンデン
だが、いろいろジタバタしているうちに、普通名詞ではないにしろ、「ユンボ」に相当して "yunbo" 又は "yumbo" 又は、これらに何からの類同性がある言葉がフランス語として使われているはずだと思えてきた。こうして、キチンと[フランス] 限定で、"yunbo" と "yumbo" を調べるべきだと云う方針が立った。

実際に google 検索してみると、"yunbo" の方は、中国系らしい人名がヒットしたくらいだが、"yumbo" では、この商標を持つ「油圧ショベル」の存在が確認できた。


7. フランス語で言うと
「バックホー型油圧ショベル」は、フランス語では何と言うか調べてみると、「建設用語小辞典・建設機械」によれば、"pelle hydraulique sur chenilles". ただ、これは訳すと「履帯(又は無限軌道、つまり、「所謂」キャタピラ)式油圧ショベル」、更に言い換えると「クローラ式油圧ショベル」になって、必ずしも [バックホウ] に限らないので、その点は留保しておく。

実は、"pelle hydraulique sur chenilles" は、日本語サイトよりフランス語サイト Europe-Machinery.com : matériel TP et camion occasion (中古大型車両 camion occasion の売買サイトらしい)の方で先に見つけて、それが日本語の「クローラ式油圧ショベル」であることを確認する過程で、上記の「建設用語小辞典・建設機械」を見つけた次第。(この文章全体としてそうなのだが、実際に起こったことは、錯綜と冗長の極みなので、若干整理して書いてある。)

ちなみに、[履帯] ではなくてタイヤを装着した架台に搭載された「ホイール式油圧ショベル」は、Europe-Machinery.com では、"pelle hydraulique sur pneus" と表されている。ま、当然だろう。


8. ユンボ出現
で、「ユンボ」が出てくるのが、"pelle hydraulique sur chenilles" のページYumbo Y70 occasion.


売買が成立してしまうと削除されてしまうだろうから、摘要を書いておくと:

Pelle hydraulique sur chenilles Yumbo Y70 occasion

Vendeur : BOUYSSI Daniel
Adresse : 67 AV CH DE GAULLE, 81600 gaillac, France
Date d'enregistrement : 19/09/2004
Marque : Yumbo
Modèle : Y70
Année : 1980
Heures : 7500 (heures)
Poids : 14 (en tonnes)
Etat : Etat moyen
Prix HT : 4500 (Euros)

Europe-Machinery.com: pelle hydraulique sur chenilles - Yumbo Y70 occasion

クローラ式油圧ショベル Yumbo Y70 中古品
出品者: BOUYSSI Daniel
住所: フランス ガヤック 81600 シャルル・ド・ゴール通り 67
登録日: 2004年9月19日
ブランド: Yumbo
型式: Y70
製造年: 1980年
運転時間: 7500 (時間)
重量: 14 (トン単位)
状態: 中程度
税別価格: 4500 (ユーロ)

[[ゑびすや謂う。BOUYSSI と云う姓の読み方が分からない。ビュシか? ちなみに、タイプミスである可能性は低い。フランス国内には、 BOUYSSI 姓が300人ほどいる由。]]

掲示板でも、「中古 Yumbo 売りたし」といった感じのものが見つかった。

  1. vend pelle à chenilles
  2. vend pelle à chenilles
  3. vends pelle à chenilles
  4. pelle mecanique international (ancienement YUMBO 6O) chenilles

これも、早晩削除されるだろうから、転記しておこう。

1. Vends pelle à chenille bon état. Poids 14 tonnes. Fonctionnement sans problemes. Marque YUMBO
売りたし。良好な状態のクローラ式ショベル。重量14トン。問題なく動作。YUMBO ブランド。

2. Vends pelle à chenille bon état. Poids 14 tonnes. Fonctionnement sans problemes. Marque YUMBO
売りたし。良好な状態のクローラ式ショベル。重量14トン。問題なく動作。YUMBO ブランド。

3. pelle Yumbo, International, 15 tonnes, 3 godets, bon état de marche, téléphone: ** ** ** ** **
Yumbo ショベル。国際規格。15トン。3 バケット。走向良好。電話: ** ** ** ** **

4. vends petit prix pour pieces pelle mecanique international (ancienement YUMBO 6O) chenilles marecage galets neuf pompe hydraulique et verin bon état, moteur HS.
廉価にて国際規格パワーショベル(元は、YUMBO 6O)の部品売りたし。沼沢地用履帯。転輪9個。油圧ポンプ。ジャッキ良品。HSモーター。

[[ゑびすや謂う。3. と 4., 特に4., は訳していて自信がない。しかし、Yumbo ブランドの油圧ショベルに関するものであることは確かだ。]]

しかし、最初の二つは、発言者が Europe-Machinery.com の BOUYSSI Daniel その人だから、扱われている油圧ショベルも同一と思われる。従って、その新規証拠能力はない。結局、Yumbo ブランドの油圧ショベルの実在を示すのは3例と云うことになるが、これは、最小限であるとはいえ、議論の足場たりうる数であろう。勿論、これらの "Yumbo" が、三菱が提携したユンボ社(又はシカム社)の製品であると云う論理的が必然性はないのだが、十分大きい可能性はある。つまり、「ユンボ」は、フランス語としての "Yumbo" に由来すると考えてよい。

むしろ注目すべきは、Yumbo ブランドの油圧ショベルの出現頻度の低さだ。例えば、上記の Europe-Machinery.com 中の「クローラ式油圧ショベル」のページでは、
250 ほどある出品のなかで、YUMBO ブランドは Daniel BOUYSSI が出したもの1件だけだった。それに対して、日本製や韓国製のは隨分ある。存続していたとしても、Yumbo 社又は、Yumbo の製造メーカーは商売繁盛しているとは思われない。


9. よくあること
従って、「『ユンボ』は "Jumbo" のドイツ語風の読み方」と云う、私の当初の「確信」は、少なくともその時漠然と考えていたありようとしては、間違っていたと言える。

何故、「少なくともその時漠然と考えていたありようとしては」などと、持って回った留保を付けたのかというなら、「ユンボ」又は "Yumbo" と "Jumbo" とは関係が無くもないからだ。


10. ユンボとジャンボ
Disney のアニメーション映画に "Dumbo" と云うものがある。「耳の大きな仔象の物語」だということ位は私でも知っている。断片的にはテレヴィで見かけたことはあるが、全編を通して観た記憶はない(単に、観て忘れているだけかも知れないが、どちらでも話は同じだ)。シノプシスは、英語版なら、[Plot Summary for Dumbo (1941)] で知ることができる。

日本語サイトでは、組織立って映画・アニメを扱っているところでは、まともなストーリーの紹介をしているところがない(対象化が出来ていない)のだが、わずかに、ある個人が、このアニメに触れると云う形で、使える粗筋をまとめている。 [もう一つ・・・「ダンボ」]

で、この "Dumbo" なんだが、主人公の赤ちゃん象は、サーカスのメス象のところにコウノトリが運んでくる。このメス象の名前が "Mrs. Jumbo." 日本語版でも「ジャンボ」だ。しかし、フランス語版では、どうやら "Madame Yumbo" つまり、「ユンボ」と言うことがあるらしい。次を参照。

≪ Je viens livrer votre bébé, dit la cigogne-facteur à Madame Yumbo. Voulez-vous signer ici, s'il vous plaît ? ≫ Madame Yumbo poussa un cri de joie et s'empressa d'ouvrir le paquet. Enfin, elle recevait son bébé éléphant ! Il etait vraiment mignon, cet éléphanteau.



Le petit éléphant fut baptise Dumbo.
--regis.camus.free.fr, L'histoire: Dumbo. page 1

「あなたの赤ちゃんを届けに来ましたよ。ここにサインしてくださいね。」と、コウノトリの郵便屋さんはユンボさんの奥さんに言いました。奥さんは、嬉しさに叫び声をあげると、急いで包みを開けました。こうして、ユンボさんの奥さんのところに、赤ちゃん象がやって来たのです。本当に可愛らしい仔象でした。



仔象は、「ダンボ」と名づけられました。

[[ゑびすや謂う。"Madame" も、それを受ける "elle" も訳しづらい。一応「ユンボさんの奥さん」としておく。]]

Dumbo の母親を Madame Jumbo としているフランス語サイト(La page des personnages de "Dumbo" de Walt Disney)もあるから、軽軽には判断できないが、「ユンボは(フランス版)ダンボの母親」と云うのは一つの自立した説たりうるだろう。

ただ、それでも何故、英語 "Mrs. Jumbo" に、フランス語として "Madame Yumbo" を当てたかと云う疑問は残っている。

ここで、フランス語の "Yumbo" が、ドイツ語の "Jumbo" の音を移して作られたと云うことはあるだろう。ただし、これは単純な可能性に留まる。今のところは、その必然性は全く見えない。


11. 蛇足を描く。
1.チョンボ

    小型のユンボを「チョンボ」と言うことがあるらしい(関西?)。
  1. 岡山県の農業従事者の発言: 「私は重量3.5トンのユンボ(こちらでは小さいのでチョンボといっています。)を持っていますが、トラクターによる土移動はユンボのそれより多いです。」

  2. 岡山県の「プチホテル」のサイト中: ユンボの、小型です。 「チョンボ」君です。 ...

2. 「現在ユンボは (株)レンタルのニッケン によって商標登録されている。」と云う説があるが(一般名詞化した商標たち)未確認。レンタルのニッケンのサイトからは、そうした主張は探し出せなかった。ただし、[レンタルのニッケン] は、三菱グループであることに注意。

また、[レンタルのニッケン]は、製造者(ヤンマー、コマツ、コベルコ、クボタ、日立、CAT 三菱、石川島建機)に関わらず、油圧ショベルを「ユンボ」の名でまとめている。例えば、掘削機・アタッチメント を参照。

この会社の「概要」を読んでいたら、社員の名前が面白いので、タマタマそう云う人たちが集まったのかしらと、思ったら、全員「ビジネス・ネーム」と云うものを付けているのだそうな(2004年10月21日 CX 系の「トリビアの泉」でもやっていた)。創業者が「亀 太郎」で、その跡を継いだのが「鶴 ひみこ」、現社長が「鹿の子 喜太郎」(まぁ、この方は本名が「鹿子木 卓」とおっしゃるらしい)、そして監査役が「大目付 太郎」。

3. フランス語サイト中に [建築機械を製造するユンボ社] のものと思われるものは見つけ出せなかった。しかし、企業情報を提供するフランス語サイト [SOCIETE.COM L'information gratuite sur les entreprises du registre du Commerce] に依れば、"Fabrication de machines pour l'extraction ou la construction" (採掘及び建設用機械の製造)を業務とする YUMBO と云うフランス企業は存在する。ただし、その登記は2002年2月13日。


12. リンク集

    本文中に取り入れられなかったリンク:
  1. Jumbo - The Elephant

  2. Jumbo the Elephant. Roadside Pet Cemetery

  3. Tufts Journal: Tufts at 150: Elephant tales

  4. Tufts Magazine Online

  5. Histoire du tunnel du Mont Blanc

  6. 「明細書用語」-パテントサーチ研究所-

  7. ユンボ大好き

  8. 0312雑記草

  9. 土工機械史

  10. Dumbo


|
|

« 原子番号 5 硼素 は Pentium | トップページ | 2004年11月2日一の酉雑詠 »

ウェブ跋渉」カテゴリの記事

フランス語/français」カテゴリの記事

世間/世界/社会/会社」カテゴリの記事

見世物・鳴物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40172/1750455

この記事へのトラックバック一覧です: ユンボ、ジャンボ、ダンボ、チョンボ:

« 原子番号 5 硼素 は Pentium | トップページ | 2004年11月2日一の酉雑詠 »