« Pentium と錬金術 | トップページ | ユンボ、ジャンボ、ダンボ、チョンボ »

原子番号 5 硼素 は Pentium

国際純正・応用化学連合(International Union of Pure and Applied Chemistry), IUPACが提案している、組織的元素命名法と云うものがあります

それは、ギリシャ語やラテン語の数詞に由来する語要素

0: nil, 1: un, 2: bi,
3: tri, 4: quad, 5: pent,
6: hex, 7: sept, 8: oct,
9: enn.

を、元素の原子番号を構成する数字通りに張り合わせた上、語尾として -ium を付けると云う、簡明と言えば簡明、乱暴と言えば乱暴な方法です(例外: 1. bi 又は tri の後に ium が続く場合、重なってしまう ii を i 一つにする。 2. enn の後に nil が続く場合、三つ重なってしまう nnn を、二つ nn にする)。

だから、原子番号 111 の元素は、Unununium, 原子番号 224 の元素は、Bibiquadium, 原子番号 900 の元素は、Ennilnilium となる訣です。

この命名法は、命名権論争が起こりうる(原子番号 110 以上の)新元素を念頭に置いたものですが、「組織的」である故に、既に名称が確定している元素にも適用可能です。

でもって、原子番号 5 (まさに、「第五元素」)の [硼素] (B) は、この命名法では何と呼ぶことになるかと云うと、Pentium.

|
|

« Pentium と錬金術 | トップページ | ユンボ、ジャンボ、ダンボ、チョンボ »

ちなみに」カテゴリの記事

ギリシャ語/Ελληνικά」カテゴリの記事

ラテン語/lingua latina」カテゴリの記事

物理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40172/1574634

この記事へのトラックバック一覧です: 原子番号 5 硼素 は Pentium:

« Pentium と錬金術 | トップページ | ユンボ、ジャンボ、ダンボ、チョンボ »